小林 弘幸

スポーツ理学療法士 投球障害や野球に関することを発信 野球(肩、肘)に対するスポーツリハを担当 理学療法士/スポーツリハビリテーション/保健医療科学修士/埼玉県内某高校野球部トレーナー/運動器エコー使用

小林 弘幸

スポーツ理学療法士 投球障害や野球に関することを発信 野球(肩、肘)に対するスポーツリハを担当 理学療法士/スポーツリハビリテーション/保健医療科学修士/埼玉県内某高校野球部トレーナー/運動器エコー使用

    マガジン

    • 野球トレーナーマニュアル

      【C-I Baseballトレーナーのトレーナーマニュアル】 投球障害肩・肘、腰痛、捻挫、肉離れ、下肢障害など野球におけるケガの関りを専門的にまとめていきます。それぞれの病態・動作分析、評価(アプローチ)、トレーニング、段階的な復帰プログラム・復帰後のカラダづくりについて、野球現場で活躍する5人のトレーナーがお伝えしていきます!

    • 野球選手の外傷をみる-捻挫・肉離れ・下肢体幹-

      • 24本

      野球現場で対応するケガとして多い捻挫・肉離れなどに加え、成長期特有のケガの対応まで、ボリュームのある内容となっています。現場で対応するスタッフが病態の解釈からトレーニング指導まで解説しています。

    • 野球選手の肩をみる

      • 9本

      野球選手を対応する理学療法士・トレーナー向けマガジン ▶野球肩の対応 ▶肩関節可動域の改善方法 ▶腱板損傷の対応とトレーニング方法 ▶インピンジメントの対応とトレーニング方法 ▶野球note(C-I Baseballオリジナル) 臨床や野球現場で活動する理学療法士・トレーナーが解説

    • 野球選手の肘をみる

      • 8本

      野球選手を対応する理学療法士・トレーナー向けマガジン ▶野球肘の病態 ▶野球肘の評価アプローチ▶肘関節・前腕可動域の改善方法 ▶野球肘の前腕・手からのアプローチ方法 ▶野球note(C-I Baseballオリジナル) 臨床や野球現場で活動する理学療法士・トレーナーが解説

      • 野球トレーナーマニュアル

      • 野球選手の外傷をみる-捻挫・肉離れ・下肢体幹-

        • 24本
      • 野球選手の肩をみる

        • 9本
      • 野球選手の肘をみる

        • 8本

    最近の記事

    固定された記事

    投球障害肩の病態と動作

    C-I baseballの病態・動作の発信を担当する小林弘幸です。 スポーツDrと一緒にエコーを用いて、選手の病態を理解し 障害の原因追及を大切にしています。 病態を理解することによって、医療機関と現場との橋渡し的な役割を果たすことができると思います。 基本的な部分ですが、なるべくわかりやすく発信していきたいと思います。 【マガジン紹介】 C-I Baseballトレーナーマニュアルでは、臨床・現場での野球におけるケガの対応力を高めるためのマニュアルを配信しています

    スキ
    64
    有料
    290
      • 投球障害肩に必要な”小円筋”のエコー

        C-I Baseballの小林弘幸です。 今月で私たちの活動も3シーズン目を迎えました。 これまで多くの方々にいつもマガジンの記事をお読みいただきありがとうございます! C-I Baseball3シーズン目は 「実践力」をテーマにライター一同noteを配信していきます! 詳しい内容はこちらをご覧ください! 現在C-I Baseballでは 「野球トレーナーの輪」を広げるために「仲間」を募集しております! ・野球にトレーナーになりたい ・トレーナー活動しているけど自信がない

        スキ
        3
        • 投球障害肩に必要な棘下筋のエコー観察

          C-I Baseballの小林弘幸です。 今月で私たちの活動も3シーズン目を迎えました。 これまで多くの方々にいつもマガジンの記事をお読みいただきありがとうございます! C-I Baseball3シーズン目は 「実践力」をテーマにライター一同noteを配信していきます! 詳しい内容はこちらをご覧ください! 現在C-I Baseballでは 「野球トレーナーの輪」を広げるために「仲間」を募集しております! ・野球にトレーナーになりたい ・トレーナー活動しているけど自信がない

          スキ
          7
          • 投球障害肩に必要な棘上筋のエコー観察

            C-I Baseballの小林弘幸です。 今月で私たちの活動も3シーズン目を迎えました。 これまで多くの方々にいつもマガジンの記事をお読みいただきありがとうございます! C-I Baseball3シーズン目は 「実践力」をテーマにライター一同noteを配信していきます! 詳しい内容はこちらをご覧ください! 現在C-I Baseballでは 「野球トレーナーの輪」を広げるために「仲間」を募集しております! ・野球にトレーナーになりたい ・トレーナー活動しているけど自信がない

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 野球トレーナーマニュアル
            C-I baseball 他
            ¥500 / 月
          • 野球選手の外傷をみる-捻挫・肉離れ・下肢体幹-
            C-I baseball 他
            ¥1,980
          • 野球選手の肩をみる
            C-I baseball 他
            ¥2,980
          • 野球選手の肘をみる
            C-I baseball 他
            ¥1,980

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            野球選手に関わる上で必要な "肩関節エコー"

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期後半では、 【野球選手に関わる上で必要なエコー】 ということで記事を書かせていただきます。 というのも、 私が

            スキ
            7

            野球選手に関わる上で必要な "肘関節エコー"

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期後半では、 【野球選手に関わる上で必要なエコー】 ということで記事を書かせていただきます。 というのも、 私

            スキ
            8

            野球選手に関わる上で必要な "頚部エコー"

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期後半では、 【野球選手に関わる上で必要なエコー】 ということで記事を書かせていただきます。 というのも、 私

            スキ
            10

            野球選手に関わる上で必要な "股関節エコー"

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期後半では、 【野球選手に関わる上で必要なエコー】 ということで記事を書かせていただきます。 というのも、 私

            スキ
            11

            投球障害肩の治療-運動療法編-

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害肩の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期で小林が担当する、臨床編の記事(予定)です↓↓↓ ①投球障害肩の問診と動作観察 ②投球障害肩の評価 -肩甲

            スキ
            13

            投球障害肩の治療 -徒手療法-

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害肩の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期で小林が担当する、臨床編の記事(予定)です↓↓↓ ①投球障害肩の問診と動作観察 ②投球障害肩の評価 -肩甲

            スキ
            12

            投球障害肩の評価-その他の部位編-

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害肩の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期で小林が担当する、臨床編の記事(予定)です↓↓↓ ①投球障害肩の問診と動作観察 ②投球障害肩の評価 -肩甲

            スキ
            20

            投球障害肩の評価-肩甲上腕関節編-

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害肩の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期で小林が担当する、臨床編の記事(予定)です↓↓↓ ①投球障害肩の問診と動作観察 ②投球障害肩の評価 -肩

            スキ
            26

            投球障害肩の評価 -肩甲胸郭関節-

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害肩の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期で小林が担当する、臨床編の記事(予定)です↓↓↓ ①投球障害肩の問診と動作観察 ②投球障害肩の評価  -肩

            スキ
            24

            投球障害肩の問診と動作観察

            C-I Baseballの小林弘幸です。 元NPBチームドクターのスポーツDrと一緒にエコーを用いて、 選手の病態を理解し障害の原因追及、症状改善を大切にしています。 投球障害肩の原因は多岐にわたり、非常に難しいです。 しかし、皆様に少しでも自分の考えを共有していただき、 ご意見をいただきながら、現場の選手に少しでも還元できたら うれしく思います! CIB第2期で小林が担当する、臨床編の記事(予定)です↓↓↓ ①投球障害肩の問診と動作観察(今回) ②投球障害肩の評価

            スキ
            34

            野球選手におけるエコーの実際

            C-I baseballの【Advance course 野球選手のみかたを深める】の発信を担当する小林弘幸です。 スポーツDrと一緒にエコーを用いて、選手の病態を理解し 障害の原因追及を大切にしています。 病態を理解し、しっかりと評価することによって 現在の傷害の原因をはっきりることができれば、 医療機関と現場との橋渡し的な役割を果たすことができると思います。 【マガジン紹介】 C-I Baseballトレーナーマニュアルでは、臨床・現場での野球におけるケガの対応力

            スキ
            15

            肉離れの実際

            C-I baseballの【Advance course 野球選手のみかたを深める】の発信を担当する小林弘幸です。 スポーツDrと一緒にエコーを用いて、選手の病態を理解し 障害の原因追及を大切にしています。 病態を理解し、しっかりと評価することによって 現在の傷害の原因をはっきりることができれば、 医療機関と現場との橋渡し的な役割を果たすことができると思います。 https://twitter.com/heroheroyuki 【マガジン紹介】 C-I Baseba

            スキ
            19
            有料
            290