Jun Yamamoto 音楽を語る(2)

123

3-voice (Octave) Canon in A dur

半音進行を主体にした、オクターブずつ下がってくるカノンだが、かなり奇態なものになってしまった。orz

Mozart Requiem To be written Amen Fugue, completed by 5 Successors

モーツァルトがおそらくは計画していた、レクイエムのラクリモサにつづくアーメンコーラス。残されたスケッチ14小節から、5人の補作を集めている動画があったので聞いてみた。

いずれ劣らぬ力作だとは思うが、個人的にはDruce版の終わり方がかっこいいと思う。

1. Duncan Druce 1981

2. Robert Levin 1987

3. Richard Maunder 1993

4.

もっとみる

Chausson "Poem"

ショーソンの「詩曲」冒頭。

全体がショーソンの発明といってもいいと思うが、基本的にはEb minorの上に、Ebm → Cb7 とか D7 → B7 とかの属七和音で三度平行移動するというアイデアが頻出している。属七の5度下方変位(7b5) や 短七和音の5度下方変位(m7b5)も使われているが、各声部がなめらかに動くことで魅力的な和声的背景を作り出している。

Faure Requiem "Offertoire"

フォーレの愛すべきレクイエムから奉献唱の一部を。

フォーレの和声マジック。要は偶成和音なのですが、D A7と来て次がF7になるという不思議な進行であります。本来の調性のD Major であれば C# E F# であるはずの音が、ひっくり返ってC Eb F になってしまい、しかもAはそのままなので連続性が保たれる。一瞬長三度下のBb Majorに行っていると解釈できるでしょうか。F7 はさらにひろ

もっとみる

Barry Mann/Cynthia Weil "Just Once " in The Dude by Quincy Jones

Quincy Jonesの The Dude に入っている "Just Once" であります。ポップスの作法のお手本みたいな曲で、ここでもお約束のIV度へのII-Vが出てくるのでご紹介します。

14小節目がサビ頭の印象的なリズムですが、直後(15小節目)にIV度へのII-Vが出てきます。ここではベースが変わった動きをしてさらに効果を強めます。(クラシック的には増4度ないし減5度の跳躍であまり歓

もっとみる

Mirror Canon

「題名のない音楽会」で言及されていた「鏡のカノン」。むしろ対面カノンと言った方が正確かと思うが、要は五線譜を普通に見た形とさかさまに見た形を同時に演奏して曲が成り立つというカノンである。

KM先生の例をヒントにでっち上げてみた。ここでは、普通向きはト音記号として、反対向きはヘ音記号として読むという約束に拠っている。

これは普通の逆行カノン(遡行カノン)より難しい。ト音記号のドの音はひっくり返す

もっとみる

Yumi Matsutoya "so long long ago"

"so long long ago"(松任谷由美)の「或る朝空をふと見上げた時」の部分のコード進行。Gm7 Dm7/Bb7 Ebmaj7 Abmaj7 (Bb major: vi iii/I7 IV VIb)なのだが、これもIV度へのii-V(Im7-I7-IV)の応用であることがわかる。普通なら、Gm7 Fm7/Bb7 といくところをFm7(Vm7)の代わりにIIIm7を持ってきたところが工夫で

もっとみる

日本語ボサノバのライブ 東輝美、OTT、Heliさんそれぞれの個性

カフェ・ムリウィにて掲題お三方のライブに行ってきました。

東輝美さん、OTTさん、ヘリさんとそれぞれ強烈な個性を発揮されているみなさんで、静かな炎といったものを感じさせるライブでした。

東さんのはおそらくボッサの翻訳と言いながらかなり身を削るような(笑)歌で、ODEONはじめ相当に刺さるものがあります。OTTさんのブラジル音楽に対する愛と理解はただ事ではなさそうで、一度じっくりお話を聞いてみた

もっとみる

演奏会リハーサルの時間割問題(エクセルによる支援スプレッドシート)

亡父が高校教師をしていたので、年度初めの時間割作成の困難についてはよく聞かされていた。ここでのパラメーターは、毎日何時限まであるのか、先生は誰か、科目の種類、音楽室・図画工作室などの数、運動場をいくつに分割可能か、などであり、完璧にすべての教科を埋めるのはなかなか大変だったらしい。その後、これを計算するソフトができたとも聞いていないが、どうなっているのだろう。

室内楽コンサートでも似たような状況

もっとみる