最近の邦楽についていけない人の為に文脈を解説する ―ずとまよ・YOASOBI・ヨルシカ―

「最近の音楽はわからない」。よく聞く言葉ですが、そんなことを思いつつもまだまだ流行りに食らいついていきたいという気持ちの方も多いと思います。そんな方にとって今、最も理解し難いのがタイトルにも挙げた、ずっと真夜中でいいのに。やYOASOBIなのではないでしょうか。実は(薄々勘付いているかもしれませんが)彼ら/彼女らの音楽性はボカロ文脈からのものです。ボカロ文脈(特にニコニコ動画がメインの場であった2

もっとみる

ボカロPがVTuberへ提供した曲のはなし。

こんにちは、ASTELOIDsです!

突然ですが、皆さんはVTuberをご存知ですか?

VTuberとはVirtual YouTuberの略称で、主に仮想空間で活動するYouTuberのことを指します。キズナアイを筆頭に数多くVTuberが誕生し、今もなおその盛り上がりは続いています。

最近では音楽活動をするVTuberも非常に増えてきました。そしてその中には、ボカロPが楽曲提供しているもの

もっとみる

音楽オタクに聴いてほしいボカロアルバム10選[サブスク/Bandcamp有]

PitchforkやStereogumにResident Advisor、Rate Your MusicやAlbum Of The Yearを追い、SpotifyやApple Musicを普段使いしてBandcampで気に入った音源を買い、PヴァインやDU BOOKSやアルテスパブリッシングから刊行された本を読み、Twitterなどで熱い音楽談義を交わす……この内のどれか1つにでも当てはまる人は"

もっとみる

私は傘村トータさんの歌詞が苦手だ

(画像は今のツイッターアイコンです。いつものように版権キャラではこのnoteを載せられないと思ったため画像を添付しました)

私が最も好きな曲調の一つがバラード。ピアノの音が入っている曲も大好きだからピアノバラードも大好き。
そして数少ない私が苦手だと自覚している歌詞、それは心情表現を一から十まで全て説明する歌詞。

そして私的にその二つが合わさった曲を作る方が居た。私のTLでとても人気もあり、な

もっとみる

近年のボカロにおけるYouTube事情を個人的な視点から

突然だが、次の3つのボカロ曲を見て(聴いて)もらいたい。

大沼パセリ - Corruption(2018/02/20)

Ayase - ラストリゾート(2019/04/30)

23.exe - YY(2019/10/09)

この3つのボカロ曲には共通点がある。かつて、ボカロとニコニコ動画は不可分な関係であった。コメントによって視聴者の熱が可視化され、タグによってコミュニティやシーンが形成さ

もっとみる

"ポストボカロ"とその周辺についての自己解釈

※サムネイルはこないだ一人旅で行った千葉の江川海岸のエモい風景です。ボカロともポストボカロとも全く関係ありません。強いて言うならポストアポカリプス?

【3/6(投稿翌日)追記】

Twitter等での皆さんのご意見・ご感想を見つけられる限り読ませて頂いて、はじめにアップロードしたものからところどころ文章に手直しをしています!

(タイトル自体も不適切であるというご指摘を頂いて、その通りだと思いま

もっとみる

ボカロ曲「ロキ」食べてみた

こんにちは、綿麻(めんま)と申します。

 突然ですが、みなさんはYouTubeやニコニコ動画などで見つけた曲をTwitterで共有するとき、どんな言葉を載せていますか?「この曲はここがこうで...」とか、「この時のここの表現が...!」とか、140字いっぱいになるまで語り尽くしたくなりますよね。はたまた曲が良すぎて全ての語彙力を失い「最高...エモ......」になってしまうこともあるかと思いま

もっとみる

君の想い出を、噛み締めてるだけ

あの頃ずっと頭に描いた夢も 大人になるほど時効になっていく

先日、とある離島に一泊二日でひとり旅に出かけた。フェリーで片道2時間、人口800人ほどの島だ。信号は島に1つだけあった。

それは徒歩での島の散策をひと通り終えて、海岸沿いの集落を歩いている夕暮れ時。5時を知らせる牧歌的なメロディが島に鳴り響いた、その数分後のことだった。

後ろから2台の自転車に乗る女子学生が近づいて来た。島に高校は無

もっとみる

ぼくがいちばん好きなボカロ曲について語れるすべてのこと

或いはぼくが最初に好きになったボカロ曲について語れるほんの少しのこと

3年前、10月末。当時高校3年生だったぼくは、およそ18年生きてきて、最悪の精神状態で過ごしていた。

その年の春に大きな決断をして、親と担任の先生を説得し、あとはいよいよ自分が頑張るだけ、という段階に差し掛かった夏、ぼくは自分がしようとしていることと、自分にできることの間にある耐えがたい差に戸惑い、焦り、そして緩やかに全てを

もっとみる

初音ミクと15歳のわたし

こんにちは海石と申します。
今回、noteを書き始めた理由は、私がもうすぐでミクさんとおないどしになってしまうからです。つまりミクさんより年下でいれる期間というのはこれから先どれだけ待っても今しかないわけです!!
だからこそ,このnoteをかけることをとてもうれしく思います。

私がVOCALOIDを聞き始めたときはまだリンちゃんとレンくんのほうが年上だったんです。だったんですが……なんっにもでき

もっとみる