teitowa

クラムボン、Super Butter Dogとの出会い / ブラジルとの縁 / 大村憲司さんとの別れ・「夜空の向こう側で」 (1998②)

*2020.2.9. 加筆修正しました。

*このエッセイはデビューから2018年までの30年間を1年毎に振り返る連載です。このページ単体で¥200でも読めますが、¥3000でマガジン「ずっと、音だけを追いかけてきた」をご購入いただくと連載の全ての記事(全42話・¥8400相当)を読むことが出来るのでおすすめです。

1998年。忘れられない新しい出会いと、別れの年だった。

4月27日。パール兄

もっとみる
こんなちょっとしたリアクションがうれしいです!
57

テイ・トウワ君・坂本龍一さんとのレコーディング : TOKYO-N.Y.(1994①)

*このエッセイはページ単体で¥200でも読めますが、¥3000でマガジン「ずっと、音だけを追いかけてきた」を購入していただくと連載の全ての記事(全42話・¥8400相当)を読むことが出来るので、おすすめです。

*1994年の出来事: ルワンダで集団虐殺開始(約100日間でおよそ100万人)/ ネルソン・マンデラが南アフリカ共和国初の黒人大統領となる / オウム真理教による松本サリン事件発生 /

もっとみる
ありがとう!メッセージは毎回変わるので、他でも試してみてくださいね。
46

高野寛:プロフィール

自己紹介します。

高野寛:ミュージシャン
1964年12月14日生まれ 射手座・B型
1988年 アルバム「hullo hulloa」でデビュー(高橋幸宏プロデュース)。
テレビに出ていた時代の代表曲は、「虹の都へ」「ベステンダンク」(トッド・ラングレンプロデュース)など。

当時まだ珍しかった宅録系SSWとしてキャリアをスタート。
21世紀以降はアコギとライブを軸にした活動が中心に。

平成3

もっとみる

Tei Towa 大好き

酒に気持ちよく酔えない下戸の私に

音楽で酔う

という人生初めての体験を教えてくれたのがTeiTowaさんの音楽です。

大学生の時に彼の音楽に出会い、この「音楽に酔う」
という、恐くなるくらい気持ちよくなってしまった体験がキッカケで
大学の卒論は「TeiTowa論」にしてしまいました。

(どうして彼の音楽は気持ちいいのか。音が立体的だからじゃないか。DJ論やら、建築論やら、結構色々と真面目に

もっとみる