wellness journey #day4 あなたに会ええて嬉しいです。

「こんにちは、会いたかったです」

ご存知、韓国の名プロデューサーJ.Y.Park氏の言葉。

はじめて会う人にこの言葉を言われて、

一瞬で恋に落ちるか
ダッシュで逃げるか

その違いは、
その言葉を発する側のココロが真実かどうか
その言葉を受け止める側のココロが真実かどうか

その言葉を聞いて
ふとあることを思い出した

昔、休日に母親とお買い物に出かけた時のこと。

その日は、台風が近づいて

もっとみる

Wellness journey #day3 めちゃマジ「ナラティブ」

ご自由にお書きください

では、、

最近聴き始めたpodcastには
マジわからないワードばかり
日本にいた時は「小学生に通じない言葉を使う奴は、マジ、ばーか」と思ってスルーしてたけど

今はとりあえず
異国の人がトーキョーの人を観察するように
すぐに検索して「へー」とか「ふむふむ」とかしてる

でも今日のワード

「ナラティブ」

は、

「ナラティブ」とは「語ること」を意味しますが、ストーリ

もっとみる

wellness journey #day 2 ココロが叫んでる!

”あなたのココロが感じてるものを表現できるのは
あなたのカラダだけだ”

今日そんな言葉を聞き、
カラダの奥の方がじーんと熱くなり涙が出てきた。

わたしのカラダは
わたしのココロを表現できてるのか?

傷ついた時
そのナイフで切り裂かれたようなココロの痛みを

楽しい時
その抑えきれないはずむようなココロのリズムを

怒りを感じた時
その熱いような寒いようなココロの震えを

愛おしい時
もう何も

もっとみる

間違いだらけのおまえのまま、答えになれ。

「賢くなるなよ 間違いのない答えはない」

 そう書いてくれたおかげで生きられた。ローズボディのストラトキャスターは、まるでギターじゃない何か別の楽器のようだった。 

「西東京」なんて誰かが勝手に名付けた街々の名前を、渇いたユーモアと疾走するリズムで笑い飛ばしてくれた。

 国民的アイドルに楽曲提供したとかそんなことはどうでもよくて、ただ、唐突に頬を引っぱたくような、次の瞬間優しく撫でてくれるよ

もっとみる

wellness journey #day 1 生きるって、もっともっと

podcast はじめました〜

「wellness journey / 幸せの青い鳥を探して」
https://soundcloud.com/junjun_vega/wellnessjourney-01

はじめた
わりに
podcastって何?
て、
ことで
やっと
podcast 聴き始めました〜

どっちが先だよ!

なるほどね
なるほどね

インドに来て
すっかり情報を得ることを忘れてい

もっとみる

巡り合わせ、再会

ずっと ずっと 会いたかった人
いつかまた
を遠い未来に願っていました

穏やかなぬくもりに包まれる心が
言葉にならなくて
溢れて
涙になって零れた

次の日が来ても尚
あたたかくて優しい余韻をのこしてくれる
この気持ちをどうか忘れたくなくて
瞼を閉じて お花のような笑顔を想う

特別なひと時を この心を
頑張る力と勇気にかえて

少し近くなった
いつかまた
を楽しみに待ってい

もっとみる
嬉しいです!
1

Arnel Pineda x Taka (One OK Rock)

「Open Arms - Journey」フィリピンのシンガソングライター、アーネル・ピネダとワンオクロックのヴォーカリスト、Takaがコラボレーション。Journeyの不朽の名曲を、素晴らしい歌唱力でカヴァーしている。アーネル・ピネダは以前よりバンドでJourneyのカヴァーをしていて、Youtubeに投稿した事で一躍有名になった。しかも、その動画がJourney本人たちの目にとまり、2007年 もっとみる

The Eatwell Plate

それぞれの国で食事のバランスガイドがあります。日本の食事バランスは以下のように示されています。(日本的な「主食、主菜、副菜」という区分。)私には果物のバランスが少ないのが特徴的でした。

一方アメリカのバランスガイドはこちらです。

赤:果物、緑:野菜、紫:タンパク質、茶色:穀物、青:乳製品 と色分けして、望ましいバランスを面積で表しています。(栄養素別のグループ分け)主食よりも野菜が多いのが特徴

もっとみる

セルフケアのひとつ

必要なものを理解するために、
自分と向き合い現状をノートに書き留めましょう。
“今”のあなたの健康状態は?
あなたが思い描く理想の状態は?

向き合う時間からセルフケアが始まります。

書き出し、道のりを考えましょう。

迷う時間はありません。あとはやりきるだけ。

Understanding your needs.
1. Make a journey. 📝
2. Consider you

もっとみる