これぞアメリカ! コロナまみれのMLBで濃厚接触な大乱闘勃発!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナ感染者続出の中、MLBはさりげなく無観客試合をこなしています。

残念ながらほとんど注目されたいないのが現実ですが、選手はコロナの危険と立ち向かいながら健気にプレーしています。

本日のアスレチックスとアストロズの試合中に大乱闘が起きました。

アストロズのカステヤノス投手がアスレチックのロレアーノ選手の背部に明らかに故意と思われるデッドボールをぶつけます

もっとみる
深謝でございます

これぞアメリカ! コロナまみれのカリフォルニアで「呼吸をする自由」団体が出現!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナパンデミックへの対応が迷走を極め、世界一のコロナ大国の座を欲しいままにしているアメリカでは、日々信じられないような報道が続きます。

アメリカではマスクは健康を害する、マスクがコロナを広める、マスクは宇宙人の陰謀だなどと言う人民がたくさんいます。

ついにFTBAという団体が出現しました。

カリフォルニアのスーパーでマスクをしていない女性客がいるため、店

もっとみる
深謝でございます
1

これぞアメリカ! バイクの大祭典が決行!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナパンデミックのアメリカでは、感染が続いているにも関わらず、夏のイベントがキャンセルされずに行われています。

今週はサウスダコタ州というド田舎でバイクの祭典が行われています。

スタージスというハーレーダビッドソンなどのバイクを愛する人達が大量に集まります。

例年70万人の集客があり、今年はコロナパンデミックの中で何万人集まるか注目されます。

当初は中

もっとみる
深謝でございます
5

Keep Portland Weird

もし自分の人生最後の日が分かるのなら?
私は死期が迫ったらここに帰りたい。

そう、まだ行ってみたい場所は沢山あるけど、最後にもう一度戻りたい場所がある。

アメリカはオレゴン州ポートランド !

全米1住みたい都市に選ばれた事もあります。

正直パリも大好きだけれど、他の都市も素晴らしいけれど、でもやっぱりポートランド が良いんです。
ポートランド の想い出を綴ったら本一冊は書けちゃうのでnot

もっとみる

無知

世の中知らないことばかりで、新しい知識を得るととても嬉しくなる。

iphoneの写真整理をしていたところ、新しい事実を発見した。

渥美半島の南、鳥羽市の東、伊勢湾の外海になるが、ここは『フィリピン海』だったのだ。

今日初めて知ったのだが、面白いと感じた。

海の呼称の問題で、『日本海』のことを『東海』などと日本の一地方の名前で呼びたがる民族がいて、世界中の図書館の書籍に落書きしているらしい。

もっとみる
とても嬉しいです
1

これぞアメリカ! コロナがロミオとジュリエットのような老夫婦の命を奪い去る! RIP

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナパンデミックのアメリカでは日々、様々な人間模様が醸し出されています。

今日はちょっと切ない物語です。

86才の痴呆の妻と90才の男性の老夫婦がフロリダにいました。

妻は老人ホームに入居しており、夫は隣のアパートで独り暮らしでした。

コロナが全米を席捲し始めてからは、老人ホームに面会に行けないため、夫がアパートのバルコニーに出て、妻は車いすでバルコニ

もっとみる
深謝でございます
3

これぞアメリカ! PCR二回と抗体検査やってもコロナ陰性だったのに、三か月後に抗体検査で陽性だった!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナパンデミックのアメリカでも、有名人やスポーツ選手が多くコロナに感染しています。

俳優のトムハンクス夫妻は回復しましたが、ブロードウェイ俳優のニックコルデロは帰らぬ人となってしまいました。

有名人のコロナ感染者のリストに歌手のアリッサミラノさんが加わりました。

アリッサミラノさんは3月末に重度の風邪症状を認めたために、PCR検査をしたそうですが、陰性で

もっとみる
深謝でございます
8

ダルビッシュ敵地で好投! コロナもダルビッシュには敵わず!

メジャーリーグMLBの日本人選手で最も期待できる男、ダルビッシュ投手がまたも好投しました。

敵地のカンザスで先発しました。

変化球を交えて相手打線を翻弄し、7回を投げ切っています。

4奪三振と得意の三振こそ少なかったものの、四球は一個におさめ、5安打1失点でした。

鋭く曲がるスライダーの軌跡をご覧ください。

今シーズンはコロナで調整が難しいと思いますが、感染しないように気を付けて勝ち星を

もっとみる
深謝でございます
3

これぞアメリカ! トラックにつかまって高速を疾走!

こんにちは、ドクターコロナです。

コロナパンデミックに負けず、アメリカでは相も変わらずおかしな事件が起きます。

フロリダ州でボンネットに人間を載せて高速を走る大型トラックが激写されました。

たくさんの車が行きかう中、ボンネットに人を載せているトラックがいます。トラックは加減速を繰り返しながら、振り落とそうとしているようです。

落ちたら大けがをするか、他の車にひかれて即死でしょう。

男性は

もっとみる
深謝でございます
3