展覧会『そういう問題じゃない』の打ち合わせ

2019/05/30(Thur.)

コントの持木永大さん・姫田麻衣さんと、FIGYAの管理人のmizutamaさんとで、来月の展覧会「そういう問題じゃない」の打ち合わせを行いました。今回は展示プランや準備する機材、搬入搬出スケジュールなどを確認しました。
最初はGoogleハングアウトを使ってビデオ会議をしていたのですが、音声がうまくつながらず、結局はラインのビデオ通話で打ち合わせをしました。以

もっとみる

日本に煌めくロシアの世界~雑貨店「マリンカ」へようこそ(3)

※こちらの記事は有料設定ですが、無料で最後まで読むことができます。

西武池袋線・椎名町の駅から、トコトコ歩いた住宅街の中にあるロシア雑貨店「マリンカ」。

お店の扉を開くと、広がるのは、かわいらしくて、ちょっと控えめで、欧米ともアジアとも違う煌めくロシアの世界。

ロシア雑貨店「マリンカ」オーナー・鈴木真理子さんにロシア雑貨やロシアへの思いを語っていただく短期集中連載・第三回目(最終回)となりま

もっとみる

日本に煌めくロシアの世界~雑貨店「マリンカ」へようこそ(2)

西武池袋線・椎名町の駅から、トコトコ歩いた住宅街の中にあるロシア雑貨店「マリンカ」。

 お店の扉を開くと、広がるのは、かわいらしくて、ちょっと控えめで、欧米ともアジアとも違う煌めくロシアの世界。

 ロシア雑貨店「マリンカ」オーナー・鈴木真理子さんにロシア雑貨やロシアへの思いを語っていただく短期集中連載・第二回目です。

ロシア雑貨店「マリンカ」オーナー 鈴木真理子さん

東洋でも西洋でもない、

もっとみる

日本に煌めくロシアの世界~雑貨店「マリンカ」へようこそ(1)

※こちらの記事は有料設定ですが、無料で最後まで読むことができます。

 西武池袋線・椎名町の駅から、トコトコ歩いた住宅街の中にあるロシア雑貨店「マリンカ」。

 お店の扉を開くと広がるのは、かわいらしくて、ちょっと控えめで、欧米ともアジアとも違う煌めくロシアの世界。

 ロシア雑貨店「マリンカ」オーナー・鈴木真理子さんにロシア雑貨やロシアへの思いを語っていただく短期集中連載・第一回目です。

「マ

もっとみる

愛とツッチーのオタトーーク~第4回『ユーリ!!! on ICE』溢れでるユリオ愛

※こちらの記事は有料設定ですが、無料で最後まで読むことができます。

「MIZUTAMA」編集部の愛とツッチーです。

マンガやアニメが好きな二人が好き勝手に語りつくすオタク系コンテンツ会議【愛とツッチーのオタト———ク】。

第4回は、ロシア特集にちなんで、ロシア出身の選手が大活躍したフィギュアスケートアニメ『ユーリ!!! on ICE』です。

『ユーリ!!! on ICE』とは
久保ミツロウ

もっとみる

シリーズ”自分の物語”4・地の底から湧いてくる!

※こちらの記事は有料設定ですが、無料で最後まで読むことができます。

前回の自分の物語では、いわゆる親や周囲の人間から言われたことや教えてもらったことがそのまま記憶されてゆくのではなく、その前段階で命がそれを精査したうえで記憶されていくことを書きました。つまり親や周囲の人間の言葉をその人間の命が命としての立場で解釈されたことが、記憶として深層心理に書きこまれ、それがベースになってゆくのですね。だか

もっとみる

村上浩康の その一本に魅せられて 第四回「エルミタージュ幻想」

ドキュメンタリー映画監督・村上浩康氏の映画論評コラム。
第四回目は「エルミタージュ幻想」です。

「エルミタージュ幻想」(2002年 ロシア・ドイツ合作)
監督 アレクサンドル・ソクーロフ

※この記事は投げ銭方式です。購入せずとも最後まで読むことができます。

ワンカットで捉えた華麗なる歴史絵巻

 本作はロシアのサンクトペテルブルクを代表する観光地で世界三大美術館のひとつに数えられるエルミター

もっとみる

「MIZUTAMA」4号発刊のご挨拶。

※有料設定にしていますが、最後まで無料で読むことができます。

 今年もまた新しい年が始まりましたが、
「MIZUTAMA」一同心をこめて面白記事や興味深い記事をお送りしたいとおもいますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて今年はロシア特集からのはじまりです。

 皆様はロシアについてご存じですか?中には大変詳しい方もおられると思いますが、東京でロシアに関するお店などを探してみると数件し

もっとみる

「MIZUTAMA」3号 あとがき

※この記事は投げ銭方式です。購入せずとも最後まで読むことができます。

このたびは「MIZUTAMA」3号をご愛読いただきまして、ありがとうございました。

今回の<妖怪特集>では特に、村上浩康監督のコラム「遠野物語」において、
妖怪とはドキュメンタリーであり、それはまさしく人間社会の裏の臨場の世界であるという指摘には、はっとさせられました。

さらに、海山かのんさんの漫画「宮沢賢治ってどんな人?

もっとみる