CADAN

とまどいと向き合う時間

とまどいと向き合う時間

とまどい…。「CADAN:現代美術」展に入った瞬間に感じた気持ちである。なぜなら会場に作家の情報が少なかったからだ。通常、美術館やアートプロジェクトでは作品の意図や作家情報が印刷物やSNSで伝えられている。この会場は作品のスタイルもスケールもそれぞれで、どこをどう見るか焦点が定まらない。出展ギャラリーが変わるたびに、私の眼は情報を探してしまう。作品との向き合い方を変えないとここでは何も消化できない。そこで頭を白紙にしてみる。好きか、嫌いか、心地よいか、否か。そうしてなんとなく

スキ
7
ギャラリーVisit&CADANツアー

ギャラリーVisit&CADANツアー

「変化」や「変換」は現代アートの楽しみの一つである。作品そのものを通じて生みだされる光や色の「変化」だったり、制作過程で生じる予想外の「変換」だったり。 天王洲アイルにある寺田倉庫 B&C HALLで、展覧会「CADAN : 現代美術」(2020年2月14-16日まで)が開催された。一般社団法人日本現代美術商協会(CADAN。小山登美夫代表理事)による主催で、所属する30のギャラリーが「壁2面」の限られたスペースに選び抜いた平面や立体、映像作品を展示した。作品を囲んで歓談で

スキ
4
「アブストラクション!」by MISAKO & ROSEN CADAN有楽町にて開催中

「アブストラクション!」by MISAKO & ROSEN CADAN有楽町にて開催中

HAPPENING NOW 2021.02.02 - 02.21 概要 CADAN有楽町は、東京、⼤塚を拠点とするMISAKO & ROSENによる「アブストラクション!」展を開催いたします。10名の作家のグループ展となります。会期中にはラジオ番組をインスタライブにて配信いたします。合わせてどうぞご⾼覧ください。イデオロギーの枠組みにとらわれて制作することなく、作品を制作した特定のアーティストの特定の実験の記録として、最高の現代絵画が存在します。表現的もしくは非表現的、表

スキ
2
丸の内がアートな未来都市にぐんぐん変貌している👀✨コロナ後の新しい街はアートが中心✨未来映画を見てるみたい📹

丸の内がアートな未来都市にぐんぐん変貌している👀✨コロナ後の新しい街はアートが中心✨未来映画を見てるみたい📹

最近、有楽町から大手町界隈が「なんか変わってきてるな~」って思いませんか? ガラス張りの現代アートギャラリーができたり、国際ビルヂング1階の店舗入れ替え期間にアートの制作・展示・販売をライブで見せるスペースが突然出現したり。。。 また、実は見えないビルの中でも、ニュータイプのインキュベーションスペースやスタートアップ企業ばかりが集まるシェアオフィススペースなどが活況をていしています。 これは、三菱地所が挑戦する最先端のまちづくりの一環なのですが、アートがダイナミックな機能

スキ
62
1/15金スタート! 「じねんのいのち by FINCH ARTS」ー有楽町でアートを嗜もう

1/15金スタート! 「じねんのいのち by FINCH ARTS」ー有楽町でアートを嗜もう

■概要京都の新星ギャラリーがキュレーションする 若⼿注⽬作家を中⼼とした7 名のグループ展 テーマはあるがままの“じねん”の⽣命 CADAN有楽町は、京都の浄⼟寺を拠点とするFINCH ARTSによる「じねんのいのち」展を開催いたします。 あるがままの”じねん”な⽣命の状態をテーマに、関⻄の若⼿注⽬作家を中⼼とした7名の作家のグループ展となります。 「⼈新世(じんしんせ)」という地質学的な⾔葉が表すように、⼈類のここ200年の活動は地球の⽣態系全体に影響を与えている。この

スキ
6
CADAN:現代美術

CADAN:現代美術

CADAN:現代美術 2020.2.15-2.16 @寺田倉庫B&C HALL (東京都品川区東品川 2-1-3) 入場料:無料 職場のすぐ近くで展覧会が開催されている、しかも2日間しかないとSNSで見て、さっそくその日の帰りに立ち寄った。どういう展覧会かあまり分からずに行ったが、見応えのある企画だった。主旨は下記のとおり。 この度、一般社団法人日本現代美術商協会(CADAN: Contemporary Art Dealers Association Nippon)主催の

スキ
1