角田陽一郎/バラエティプロデューサー

バラエティプロデューサー/文化資源学研究者(東大D2)/著書:小説『AP』『仕事人生あんちょこ辞典』『最速で身につく世界史/日本史』『天才になる方法』『読書をプロデュース』『出世のススメ』『人生が変わるすごい地理』『運の技術』『人間関係分析学カテゴライズド』メルマガDIVERSE
    • 今すぐ君をぶっとばせ

      日々のつぶやきのマガジン。 喜びに満ちた、怒りに溢れた、哀しみに染まった、楽しみに彩られた、つぶやきを。 ムーンライダーズの名曲「今すぐ君をぶっとばせ」より。 ぶっとばす君とは、貴方のことか?自分のことか? 貴方がぶっとばすのか? 自分がぶっとばされるのか?

    • 世界はすべてバラエティになる

      cakesで連載の「世界はすべてバラエティになる」12回よりこちらでやっています。基本無料、ときどき有料です。 「どんどん世界は多様化(Variety)する」という意味と願望と、「世界のすべてはバラエティプロダクツになる」という意思と態度の表明です。 「僕はこう考えている」と「ささいなささやかなこと」を書いています。

    • 角田陽一郎PRODUCTs

      バラエティプロデューサー角田陽一郎がプロデュースor出演した動画、書籍、イベント等です。 『5分で解説!最速で身につく世界史/日本史』 『ツッカム正剛【松岡正剛の千夜千雑】 『知的好奇心向上委員会ICUC』 『mireva channel動画』 『ここ何』

    • 世界の決まりの決められ方

      fictionの文章のマガジン。 今までビジネス本や自己啓発本や歴史本など十数冊の本を書いてきたけど、率直な自分の想いを率直な自分の言葉で記してきたつもりだ。 でもこの夏に初の小説『AP』を書いたことで、そんな想いがなんだか変化した。 自分の想いをストレートに書くことで、むしろ伝わらないことがあるのだと。 ならば、 自分の想いをストレートに書かないことで、むしろ伝わったりするのだろうか。 そんな想いから、今朝ふとfictionをときどき書いてみるのはどうだろうと思い至ったのだ。 小説と呼べるほどの作品でもないような、なんていうか、ちょっと虚勢を張って、ちょっと虚飾な構成で、なんなら空想の、あるいは妄想の、ちょいキザな、ちょいエロな、自分勝手な文章で。

    • テレビの果てはこの目の前に

      最大級のメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』る組(毎月20日配信)にて好評連載中! こちらのnoteマガジンでは角田陽一郎の連載を単体(無料or200円)で読めます! 【水道橋博士のメルマ旬報】は月額500円で最高の執筆陣のさまざまな連載が楽しめます!登録はこちらから https://bookstand.webdoku.jp/melma_box/jyunpo/series/contents.php?sid=29

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

『本を書きたい人の個別相談会』やっています!

『本を書きたい人の個別相談会』やってます! おはようございます。バラエティプロデューサーの角田陽一郎です。 僕は現在50歳といういい年したオッサンですが、44歳…

広告制作料金の適正価格がわかるという本が果たして適正価格なのかという問題。

大阪の現代アーティスト・イケミチコさんの秘密のアトリエを訪問。「個展前で制作中でものすごく散らかってるから」とおっしゃってましたが、それがむしろ美しい。作家の部屋は脳内というか胎内というか森林というか深海というか不思議な空間。
#イケミチコ #art

おはようございます5月27日です。
大切な事は無理をせず少しずつ進むこと。110年前に南極点初到達を競ったアムンゼン隊とスコット隊。アムンゼンは毎日少しずつ進み体力を温存し無理をせず先に到達した。スコットは無理をしすぎて到着も遅れ、さらに敗北感と疲労が重なり帰りに遭難してしまった

おはようございます5月26日です。
今日は敬愛するmoooonriders鈴木慶一さんと映画談義!映画経験・映画音楽・映画出演のお話。出演映画『ほとぼりメルトサウンズ』とライダーズの各楽曲との奇妙なシンクロに話が及ぶ!話し足りない!楽しい!この模様は週プレ連載にて近日公開です!

おはようございます。5月25日です。
何かを創り出すのは苦しい、産み出すのは大変だ。文章を書いていると悩み逡巡し自己嫌悪になり疎外感を感じ、投げ出してしまいたくなる。でもそんなこんなで書き上げた瞬間の至福は、ほんの束の間であれ何事にも代えられない。だからきっと僕は文章を書くのだ。