マガジンのカバー画像

今すぐ君をぶっとばせ

1,418
日々のつぶやきのマガジン。 喜びに満ちた、怒りに溢れた、哀しみに染まった、楽しみに彩られた、つぶやきを。 ムーンライダーズの名曲「今すぐ君をぶっとばせ」より。 ぶっとばす君と… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

僕の随想集や徒然草を読んでいる方から「角田さんはいつも、ようやくわかった!とか、やっと気付いた!とかばっかりですね笑」と言われた。そう、いつもわかってわからなくなって、気付いて忘れてを繰り返している。それって非生産的で非効率的だけど、むしろ人生を迷いたい彷徨いたいからかもしれない

昨夜はよく眠れてなんか自分が指揮者になる夢を見た。壇上で演奏時間が無くなる夢だったけども。

水曜日が祝日なのはとてもいい。
二日働いて、一日休んで、また二日働く。働くのってそれくらいでちょうどいいんじゃ無いだろうか。
勤労感謝の日。

ハン・ドンイル『教養としてのラテン語の授業』読了。韓国でベストセラーの本書。生き方を、学び方を、自分との向き合い方を、つらい時、悲しい時、悩んでる時にこそ、教えてくれる。自分も一生学び続けようと想う。結局それしかなたいのだから。

そっか。考え方が間違ってたんじゃなくて、リソースの使い方がまちがっていたのか。自分というリソースを、他人というリソースを。やっと気付いた。僕は感情的な人間なので、酸いも甘いも感情で決定していた、あえて論理を横に置いて、良かれと思って。でもリソース周りは最適化したほうがいいんだな。

マメヒコ銀座にて井川啓央さんと角田陽一郎で「食べよ!」トーク。“大豆”がトークテーマだったんだけど、話はいつしか“ヒットしなくても生きていく方法”へ。皆がヒットばかりを模索してるなか、ヒットを追わない生き方を模索する。

桑田佳祐ライブ@名古屋ドーム。言わずもがなの最高だった。歌唱とパフォーマンスに酔いつつ、毎回巨大スクリーン出してくれる歌詞を目で追うことで、桑田さんの言葉使いの凄さにさらに痺れるという好循環。

これしかないと思うと窮屈だけど、これもあると思うと選択が広がる。 この場所しかないと思うと行動が強張るけれど、この場所もあると思うと行動が解放される。 この人しかいないと思うと他者に束縛されるけど、この人もいると思うと他者を慈しめる。 視点を変える。 すると自分と世界が変わる。

スキ
3

この週末はなーんも考えないで過ごしたので、考えがまとまった。
月曜日の朝、これからの進むべき方向へ、メールを書いて送る。
その判断が正しいかどうかはわからない。というかそんな場合は、だいたいいつもわからない。結局直感で選んでるだけかも。
でもその方向へ進んでみようと思う。

豊川稲荷に参詣。豊川稲荷は曹洞宗のお寺だということをはじめて知った。
豊川稲荷の「稲荷」とは、境内の鎮守として祀られる吒枳尼天(だきにてん)
吒枳尼天は、インドの古代民間信仰に由来する仏教の女神であるが、日本では稲荷信仰と習合し、稲荷神と同一視されるに至った。

ブルーバックスの高水裕一『宇宙人と出会う前に読む本』読了。
これまたおもしろかったなー。科学読みモノってジャンルは、知的好奇心のくすぐられ方がちょうどいい。自分の知らないことを気づかせてくれるし、冒険に行きたくなるし、宇宙人と会いたくなるし。
#ブルーバックス #高水裕一

Inter BEEにて元テレビマンの方々とトーク、満員御礼!
今の時代はむしろエンタメ分野にとってはおもしろいんじゃないかってこと。つまり個人だってテレビ局だって、やろうと思えばなんだってやれる可能性は、むしろ拡がってるってこと。
それに乗るか諦めるかは自分次第だってこと。

InterBEEトークテーマは『クリエイター主役の時代が始まった』
モデレーター境治氏(メディアコンサルタント)
パネリスト:高瀬敦也氏(元フジテレビ/株式会社ジェネレートワン)
平山勝雄 氏(元讀賣テレビ/株式会社ケイコンテンツ)
角田陽一郎(元TBSテレビ)
11月18日

『フジオプロ旧社屋をこわすのだ!! 展 』行ってきた!
赤塚不二夫さんがここに生きていたという証、熱情と愛情に溢れていた。知性と痴性が漲っていた。
これでいいのだ!!

『すずめの戸締まり』凄い作品だな。あらゆることが考え尽くされている。新海誠監督はまた凄い領域に来てしまった。彼は多分映像と心象でエンタメという概念のアップデートをしているんだ。

スキ
5