1980年代映画

大人になってから楽しむ「帝都物語」

大人になってから楽しむ「帝都物語」

「大人になってから楽しむ」シリーズ第二弾、今回は「帝都物語」(1988/エクゼ)です。この作品も国立映画アーカイブの「1980年代日本映画――試行と新生」で観ました。 「帝都物語」は映画の封切前に原作にめちゃめちゃはまって、友人とも回し読みをしていました。あと、この本をきっかけに東京という街の成り立ちに興味を持ち始めたと思います。 映画の公開日には、原作を回し読みした友人たちを日比谷のスカラ座に観に行き、来場されていた荒俣宏先生や実相寺昭雄監督にサインを頂いた思い出がありま

7
大人になってから楽しむ「マルサの女」

大人になってから楽しむ「マルサの女」

前回に引き続き、国立映画アーカイブの特集「1980年代日本映画――試行と新生」で観た作品のことを書きます。 今回は「マルサの女」(1987/伊丹プロ=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ)。 この作品は、たぶん中学生の頃にテレビで観てから約30年ぶりの鑑賞だったと思います。当時は、マルサとか税金のことは全く分かっていなかったので、伊丹映画あるあるのオーバーな表現が面白かったという記憶しかない。あと、宮本信子扮するヒロインの亮子が寝癖のまま出勤するので、上司に「亮子ちゃん、

8
夏目雅子は鬼龍院花子ではなかったのだった!!

夏目雅子は鬼龍院花子ではなかったのだった!!

国立映画アーカイブで、現在「1980年代日本映画――試行と新生」という1980年代の日本映画を回顧する特集をやっています。 その中の一本、「鬼龍院花子の生涯」(1982/東映=俳優座映画放送)を見てきました。夏目雅子の「なめたらいかんぜよ」の台詞で有名なあの映画です。夏目雅子の作品を観たくてチョイスしました。 まず、多くの方もそうだったかもしれませんが、私は夏目雅子の役は鬼龍院花子だとずっと思っていました。しかし夏目さんの役は花子ではなく花子の義理の姉で物語の語り手である

4
クリスティーン

クリスティーン

 また懐かしい80年代のホラーですが、スティーヴン・キング原作の「クリスティーン」です。監督はあのジョン・カーペンターさんで、私はこの人に「ファイアスターター」(「炎の少女チャーリー」)を監督して欲しかったのですが、こっちの監督になりました。  キース・ゴードン演ずる青年が、ポンコツの58年型プリマス・フューリーを見つけて、それをレストアして溺愛するのですが、実はその車は呪われた車だった……、てな感じのストーリーです。車が勝手に動いて人を殺していくという、誰でも考えるような

暴走機関車

暴走機関車

 いつも私の趣味で偏った映画ばかり紹介していますが、本日もマイフェイバリットな一本「暴走機関車」です。よく月曜ロードショーでやっていましたのでそちらをご覧になった方もいるかもしれません。黒澤明さんが原案で、ロシア出身のアンドレイ・コンチャロフスキーさんが監督の骨太アクション映画であります。  ジョン・ボイト扮する主人公マニーは刑務所内でカリスマ的存在の囚人で、刑務所長から目の敵にされていじめられています。ついに囚人を使って殺されそうになったので、エリック・ロバーツ扮する若い

80年代の音楽シーンを辿る旅 (HM/HR視点から)/ そして90年代への変化を象徴するGuns N’ Roses の登場

80年代の音楽シーンを辿る旅 (HM/HR視点から)/ そして90年代への変化を象徴するGuns N’ Roses の登場

★70年代については、こちら ★90年代については、こちら ガンズ・アンド・ローゼスは1987年にデビューするや瞬く間にスターダムにのし上がりました。その主要因、間接的な要因を含め、80年代という時代を振り返ってみようと思います。 レッド・ツェッペリンとジョン・レノン 80年代の始まりは70年代の始まりと同様に、伝説の終結からのスタートでした。 1980年。英国のブルーズを基調としたバンド、レッドツェッペリンが、長いロックの歴史の中でも最高といわれるドラマーの死亡に

108
100
1980 ②

1980 ②

地獄の黙示録 1980年。この年とんでもない映画が上映された。地獄の黙示録だ。突然カンヌ映画祭に現れるや話題騒然。もう凄かった! 編隊を組んだ戦闘ヘリ数機が、海面スレスレで敵地へ向かうシーン。ナント!ヘリからワルキューレの騎行を大音量で流しながら攻撃。 その後、ヤシ林をナパーム弾で火の海に。それをバックに「良い波だ」とサーフィンをするアメリカ兵。もうガイキチ1000人力位の変態シーン。 当時CGなんか影も形もない時代。イッタイどうやって撮ったんだ?と思っていたら、本当にナパ

3
アルタード・ステーツ/未知への挑戦

アルタード・ステーツ/未知への挑戦

 またまた脈絡も無いのですが、ケン・ラッセル監督の異色SFサスペンス「アルタード・ステーツ/未知への挑戦」について書いてみたいと思います。これは特殊メイクとかSFXだとかが流行り始めた頃に、そういった流れの中の一つ、つまりエンターテインメントSFアドベンチャーか何かのように公開されたものですから、それを期待して観に行ったら、妙に真面目に、そして地味に一人の科学者の実験を追ったSFだったので、ちょっととまどいました。これを劇場で観た時は私もまだ子供だったと思うのですが、それでも

ビートルジュース

ビートルジュース

 また今日も懐かしい洋画について書かせていただきます。ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演の「ビートルジュース」です。これは公開したときは観られなくて、後にビデオをレンタルして観たのですが、字幕を見ようと思ったのに間違えて吹き替え版を借りて来てしまい、初見が西川のりおバージョンであったという貴重な体験をしました。ティム・バートンと言えば、私にとっては映画の観方の幅を広げてくれた人なのですが、この時はまだ一風変わったホラーコメディという印象しかありませんでした。  お

2
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

 そんなわけで「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」でのお話をしたいと思います。三部作の完結編みたいに言われてましたけど、確かこれで終わりということは誰も言ってなかったように思います。タイトルに最後のとついてますが、これは地上で行われる最後の聖杯探索みたいな意味でシリーズの最後ってわけじゃないんですよね。とかぶつぶつ言いましたが、これ観た当時はちょっと物足りなく思ったのですが、ビデオやテレビで何度も観るうちに好きになっていった作品であったりします。  初めて観たときにひっかか