鹿児島市

幸せになる祝詞:山神祓(やまのかみはらい)

山の神様を讃える祝詞です。

鹿児島は霊山『桜島』があり、信仰対象として敬われています。

山の神様の大きな御神力をいただき、幸せになりましょう。

スキありがとうございます!!

九州のパワースポット:月読神社

鹿児島市の桜島に鎮座まします、『月讀神社』です。

桜島の玄関口、桜島フェリー乗り場にほど近い、アクセスのよい神社です。

個人的に大きな大きな御恩をいただいた、大御神様ですが、長らく参拝する機会がありませんでした。

久しぶりに、参拝し大変気持ち良い、感覚をいただきました。
本当に「ありがたい、ありがたい」「大きな、大きな」大御神様です。

鹿児島にお越しの際はぜひ参拝をお勧めします。

サンキューで~す!!

九州パワースポット巡り:かごしま稲荷神社

薩摩藩、島津家の氏神様である、稲荷神を祀る『かごしま稲荷神社』です。
島津家、自体が惟宗氏を始祖とする、大陸からの渡来系の氏族であるためか古来より『稲荷大神』を厚く信仰されています。

鹿児島の大事な氏神様です。

鹿児島らしく、桜島の溶岩石でできた『くぐり溶岩』やほかの稲荷神社では珍しい、御神前の「白狐・赤狐」は島津家の故事に由来したものです。
市街地の住宅街の中にあり、あまり大きな神社ではあり
もっとみる

スキありがとうございます!!

鹿児島の北さん

この間こんなツイートをしました。

このツイートで紹介した北さんですが、この1ツイートでは全然ヤバさが伝えられていないので、今回北さんのヤバさを掘り下げてみなさんにご紹介したいと思っています。

そもそも北さんって?

北さんはGMOペパボの社長室で働いています。ペパボが今年から鹿児島に進出したタイミングで入社いただきました。昔はバンドマンで現在は小さな娘さんがいる素敵なお父さんでもあります。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
4

noteを始めてみることを決めた話。

タイトルは御大層な感じですが
なんてことない自己紹介をするだけです(笑)

自己紹介
HN:かごまる。
鹿児島在住 20代
お笑い/年の差夫婦
音楽/食い道楽
楽しいことには全力。
\食べ物だらけのInstagramやってます/

アンテナが働いたらひとりでも
どこへでも行っちゃう派です(⌒▽⌒)

そんな私のゆるゆるnote
始めてみますヽ(´ー`)ノ

「Hello AMAMI」尚味・竹添星児2人展

こんにちは。東京個展が終わって次は、久しぶりの鹿児島での展示です。

尚味さん(大阪府出身/2014年より奄美大島在住)と竹添星児(鹿児島出身/2016年より徳之島在住)の2人のイラストレーターによる2人展をレトロフトmuseo(鹿児島市)にて10/30(水)より開催いたします。

2週間後を切ったタイミングで遅くなりましたが、DMも公開。会期中2人とも在廊いたします。文化の日を含む3連休のタイミ

もっとみる

南国鹿児島のリアルに陰気なネオン街…火山灰臭い遊郭跡「甲突町」を歩く

当記事は2012年8月から「新日本DEEP案内」で公開していた記事を加筆修正したものです。

今回レポートするのは九州最南端の鹿児島県。九州新幹線開通で関西から西側の住民にとっては特に行きやすくなった場所だが我々が鹿児島に着いた日は奇しくも桜島噴火で街中灰だらけ、散らばる灰をかき集めた黄色いビニールの「克灰袋」があちこちに置かれている異常事態。

鹿児島市民にとっては「また灰か…」とウンザリ慣れた

もっとみる

ゆとり世代の元相方〜訛りによるイジり〜

現在は雇い止めをされて失業中かつ、未婚・子なしの私が #私のパートナー というお題で書ける状態かと問われやすいが、

過去に前職で同じ班にいた17歳年下の #ゆとり世代 の後輩と一緒に仕事をしていたことがあり、世代が違えど、境遇があまりにも似ていたことで意気投合した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大隅弁でのイジりからの引きこもり

表題の後輩は1988年生まれの高卒入社で #鹿児

もっとみる
ありがとうございます!
8

失恋💔は時が癒すが

40代から、眼の不調を訴える方は
多いです。

老眼⁉️ では済まされない、隠れ眼病が
潜んでるかもしれません。

日本人の失明原因の第一の病は
#緑内障 です。

何の自覚症状もなく、病いは進行します。
気づいたら、視野欠損となり
それを回復する、手立てはありません。

是非とも、年に一回の検査を
お勧め致します。
最近の検査、治療の発展は目覚ましく
早期発見されれば、進行を
遅らせることが可能

もっとみる

ヨシコちゃんのこと

前回書いたヨシコちゃん。家族全員が高潮にのまれて死んだことも知らず、私の家で元気いっぱいだった。私は兄二人、姉一人いるが、全員、おとなしい、手のかからない子(後々母の言うには)だったので、母はヨシコちゃんに振り回されていたようだ。

まだ海水は引いていない。たった一枚無事だった畳をミカン箱をいくつか並べた上に置き、私とヨシコちゃんとネコのタマはその上に乗せられていた。

両親と兄姉は泥水の中を動き

もっとみる