音読教室

第46回「40歳になって初めて知る自分の一面」

「もしかして俺は運動音痴なのか」40歳になって初めて自分の知らない所を知る話です。 「音読全然できない」「40歳からの身体作り」「最近のバスケ事情」 #音読教室 #バスケ #草刈り お便り募集してます。 https://forms.gle/3Ag9TGQH3J1UQ3wi7

スキ
3
+1

教科書を読む「蜘蛛の糸」⑥

noteで夜な夜な一人で綴っていた朗読の為の解析文を4月本にしていただきました。突然のお声がけに驚きましたが、編集の林さん出版社カンゼンさんのお力でどんどん本になっていく様子は感動でした。沢山取材もしていただきました。皆様に本当に感謝です。 https://note.com/kanzen/n/nb742a0fe1e0f noteでの蜘蛛の糸は途中までだったので、ここからは本の内容と一緒ですがとりあえず最後まで解説を。 すると、一生懸命にのぼった甲斐があって、さっきまで自分

スキ
60

真に自分を正しく生かすものは。「人生論、愛について」武者小路実篤

オンラインで朗読と音読のレッスンを始めてから、どうも情報発信の力不足を感じる。 「あなたの問題を解決するのは、この教室です!」というのが、レッスンの企画を考えるときに、ビジネス本などで薦められる考え方。 講師をしているので、もちろんどんな質問にも答えられるようでありたい。 身に付けたい技術について問題があれば、解決できる方法を提示したい。 そのための努力は、自分自身の疑問や実力養成に重なっているので自然としてしまう。 でも、レッスンのテーマを問題解決型で発信しようとする

スキ
4

タイトルでは伝わらない『音読教室』の凄さ

音読教室という本を購入してからもう直ぐ3ヶ月が経つ。 しかし、実はまだ3分の1しか読み終えることができていない。 たったの160ページしかないというのにだ。 流石に読むのが遅すぎやしないかという話だが、遅いのには一応訳がある。 『ごんぎつね』の朗読に時間がかかったのだ。 この本では、『ごんぎつね』と『蜘蛛の糸』と『雨ニモマケズ』の3作品を例に挙げ、筆者である堀井さんが具体的にどんな風に読んでいるのかを解説している。 どうせなら、私も試しに堀井さんの読み方で一度読んでみ

スキ
38

現役局アナによる音読解説本を読んでみた

ついに、ついに…! 前々から気になっていた書籍を読みました!!! 著者はTBSの堀井美香アナウンサー。 堀井アナといえば、noteで教科書に載っている作品の朗読解説を記事にしていました。 書籍ではこの2作品の他に、宮沢賢治「雨ニモマケズ」の音読解説が収録されています。 「雨ニモマケズ」といえば、朗読検定4級を取得した記念で調子に乗ってスタエフで生朗読した結果、「グズグズすぎてショックでした」とダメ出しをもらった作品。 その後、リベンジで収録したのですが「

スキ
18

【書評】書店員 花本武さんによる『音読教室』評

 書店員でありながら、時おりポエトリーリーディングを披露。詩人としての顔を持つ花本武さんに、TBSアナウンサー堀井美香さん初の著書『音読教室』の書評を寄せて頂きました。 『音読教室 現役アナウンサーが教える教科書を読んで言葉を楽しむテクニック』 ページ数 160 判型 46 定価 1540円(税込) ISBN:9784862555946 出版社 カンゼン 発売日 2021年4月7日 全国の書店さまでご注文いただけます 音読目線を持ってみると違った掘り下げが可能になるんです

スキ
5

ガースーさんに献本したらどうか?

おそらくBOTかなにかでテキトーにピックアップしているのだろう。下記記事がnote.comのホームに出ていた。読むつもりはないのだが、表紙を見ていて思ったのは官僚が書いた物語をもっと心を込めて読めないものかとガースーさんの顔が目に浮かんだのだ。おそらく多くの国民がなんであんなにも覇気がないのだろうかと感じているのではないだろうか。 まあぁ、人前での話し方の問題でもあるので、音読よりも前に佐藤綾子先生についてプレゼンの勉強をしたほうが良いのかもしれない。 記事とは関係ないが

スキ
1

【まとめ記事】TBSアナウンサー堀井美香アナウンサー初の著書『音読教室』

好評発売中の『音読教室 現役アナウンサーが教える教科書を読んで言葉を楽しむテクニック』 おかげさまで多くのメディアに取り上げて頂いているので、こちらにまとめてみました。 TBSアナウンサー堀井美香さんが、多くのナレーションなどの読む仕事を担当する中で無意識に使っていたテクニック、また朗読のレッスンを受ける中で受けるアドバイスをどう音声に変換していったか。本書では、その理屈やロジックを具体的に『ごんぎつね』、『蜘蛛の糸』、『雨ニモマケズ』という馴染みのある物語から法則を解いて

スキ
10

TBSアナウンサー・堀井美香さんインタビュー|『音読教室 現役アナウンサーが教える教科書を読んで言葉を楽しむテクニック』

TBSアナウンサーの堀井美香さんによる初の著書『音読教室 現役アナウンサーが教える教科書を読んで言葉を楽しむテクニック』(カンゼン)が出版された。ナレーションの名手として知られる堀井さんだが、局アナとして「ナレーション」を極める人は多くない。今年で入社27年目を迎えるベテランアナがたどってきた異色のキャリアと、「読み」の魅力について聞いた。 (聞き手・構成=小泉なつみ/ライター) ラジオパーソナリティとしても人気を誇る堀井美香さん。ジェーン・スーさんと共にパーソナリティを務

スキ
30

「こんなにしつこく解説されたら、誰でもうまくなっちゃう!?」 TBSアナウンサー堀井美香アナウンサー初の著書『音読教室』は4月7日発売!

音読というのは誰もがやったことがありますよね。 小学校の授業や宿題の定番でもありますし、お子さんがいるご家庭では絵本の読み聞かせなども"音読"に入るかと思います。 TBSアナウンサー堀井美香さんが、多くのナレーションなどの読む仕事を担当する中で無意識に使っていたテクニック、また朗読のレッスンを受ける中で受けるアドバイスをどう音声に変換していったか。本書では、その理屈やロジックを具体的に『ごんぎつね』、『蜘蛛の糸』、『雨ニモマケズ』という馴染みのある物語から法則を解いていいき

スキ
9