芥川賞選評

第164回芥川龍之介賞「選評」|小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、平野啓一郎、堀…

芥川龍之介賞  正賞 時計  副賞 100万円 推し、燃ゆ 文藝秋季号 宇佐見りん なお、直木三十五賞は、西條奈加「心淋し川」(集英社)に授賞決定しました。 公益財団法人 日本文学振興会 受賞者の宇佐見りんさん ◆芥川賞選考経過 第164回芥川龍之介賞選考委員会を1月20日午後3時から東京…

芥川賞受賞作品売上部数ランキング

【芥川賞受賞作品売上部数ランキング】 このnoteは芸能人の芥川賞受賞作品の売上部数をランキング化しています。 「エンタメの殿堂」では様々なnoteを配信中。 サークル「エンタメ倶楽部」会員募集中!! 『売上部数ランキングTOP51』 ○芥川賞受賞作品売上部数ランキング 1位 又吉直樹「花火」 約253万0000…

芥川賞選評 文学という紛争

この記事はずっと下書きで眠っていたわけなんだが、気がついたらもう次の芥川賞受賞作がでて、私は今それ(第163回)の選評を読んでいる。ということで一刻も早くこの記事を公開しなきゃいけないのだけれど、皆様には半年前に遡ったつもりでこの記事を読んで欲しい。 * 家に積まれた本を読み片付けて…

文芸春秋、芥川賞の選評と受賞作二作全文読めるのすごいうれしい。受賞発表の時より今の方が爆上がりです。じっと本を読んでるだけに見えるかもしれませんけど、心の中は祭りですよ。

163回芥川賞選評読んでみた

羽田椿です。 第163回芥川賞の選評を読みました。 候補作はまだ読んでいません。なのに選評を先に読んでしまいました。 結果的に、五作全部読んでみたくなったので、よしとしようと思います。 この記事では、各候補作のあらすじ、選評の概要を紹介します。 特に印象に残ったものは部分的に引用し…

村田沙耶香「コンビニ人間」

私には今まで、特定の好きな作家はいなかった。好きな作品はいっぱいある。 ●森鴎外「雁」 ●三浦綾子「氷点」「塩狩峠」 ●唯川恵「ベター・ハーフ」 などなど。全然ないやん。そのうち追記する。 けれど、村田沙耶香は違うのだ。 他の作家と一線を画する様に違うのだ。 * タイトル、「コンビニ…

第162回 芥川龍之介賞「選評」

芥川龍之介賞 正賞 時計 副賞 100万円 背高泡立草(せいたかあわだちそう) すばる10月号 古川真人(ふるかわまこと) なお、直木三十五賞は、川越宗一「熱源」(文藝春秋)に授賞決定しました。 公益財団法人 日本文学振興会 芥川賞選考経過  第162回芥川龍之介賞選考委員会を1月15日午後…

ノベリスト 第2話

第1章 梨花 その2   南青山の11月の夕暮れは、私が心のうちに抱えている僅かな後ろめたさと、淡い期待に揺れる私の心のうちと似つかわしくないほど穏やかで暖かかった。表参道を歩く人たちの表情も、決して満たされてはいないものの、心なしか穏やかな感じをしていた。   ハロウィンの狂騒も消…

ノベリスト 第1話

第1章 梨花 その1   夢というものが現実になり日常になったとしても、生活そのものが変わるというものでもない。   しかし人は現実というものの切なさに耐えられないから、夢を見るのかもしれない。   島根の田舎の高校にいた頃の私の夢は芥川賞を取ってベストセラー作家になって印税生活を…

宮本輝は知っている

 違いのわかる男なのです。  ダバダー。ダバダバダー、ですよ。  あの頃、宮本輝氏はずいぶん大人の男に見えていたけれど、久しぶりにネットで観てみるとえらく若くて驚きました。あんなに若い頃から違いのわかる男だったのですね。  第157回芥川賞の宮本輝氏の選評が物議をかもしています。  こ…