変態サイクリストのマーケティング分析@九州Heaven Ride 2017

【変態サイクリストのマーケティング分析】とは

世間一般では、サイクリストには、一般的な「レジャーを楽しむサイクリスト層」と、達成感を味わう事に熱中する「変態サイクリスト層」は、「そもそも別次元」の活動時間の過ごし方をしていると言われている。まずは、「変態サイクリスト」マーケティング・レポートはどのような経緯でこの世に存在しないのか?そこから紐解いて行こう。

当該の「変態サイクリスト」に「レジャ

もっとみる

地方再生の「アドベンチャーride」の役割を考える@九州Heaven Ride 2017

「何が価値があるのか?」

地方再生には、地域の外側から人が来てくれ事が大事。そのためには、その地域の魅力を紹介する事に工夫が必要になります。ケーススタディの一つとして、ニセコの事例から学びたいと思います。

【ニセコの資産は、20年前外国人によって発掘された】
サイクリストにとって、ニセコクラッシック・ロードレースでもご存じでしょう。今でこそ、パウダースノウで世界的にも27年前(要するにバブル期

もっとみる

補給食「新しい機能性・ドーナツ」について@九州Heaven Ride 2017

【九州Heaven Ride 2017】は9時間以上走るチームが過半数になるのですが、今回はチェックポイントで補給食として「補給食用の特別なドーナツ」が提供されました。ヘブンライダー(イベント出走者)には、エネルギー補給は重要になるのは言うまでもありません。

主催者「Tea room 茶のこ」代表・松崎氏、とケンジーズドーナツファクトリー代表・上杉氏が意気投合し、新商品「熱源3号」の【九州Hea

もっとみる

【九州Heaven Ride 2017】スタートする時に考えること

わたしは、スタートラインに並ぶと「また今年も、この季節がやってきた」と思う。初めてこのイベントに参加した時は、スタートラインの横のグラウンドが雪で真っ白だった。確か気温はマイナスで、雪の下は凍っている大地を感じる。太陽も射していない、凍結酒と朝風呂の温泉がお似合いの朝だった。

「これ凍結してるでしょ。走るの?本当に走るの?ねぇ?」

同じチームの仲間は「既読スルー」状態で、無反応であった。わたし

もっとみる

【九州Heaven Ride 2017】出場参加までの道のり

【九州Heaven Ride 2017】イベントに参加するためには、誰か知り合いがいないとエントリー出来ません。そして5人のチームでなければ出場できない。アドベンチャー・イベントの難しい所は、各人の力量や個性がわからないと実施が難しい点にあると思います。お互いがイベントの背景や主旨を理解して、参加してもらわないと、主催者側も、参加者側も、往々にして「良かれと思ってやったら結末は逆であった」という不

もっとみる

【九州Heaven Ride 2017】ダイジェスト版

九州のアドベンチャー天国へ迷い込んだ130km。阿蘇の雄大な景色を堪能。

5人1組のチームで急峻な山岳ルートや未舗装路をロードバイクで走り、全員で完走を目指す。【九州Heaven Ride 2017】(きゅうしゅうヘブンライド2017)が12月3日、熊本県阿蘇郡小国町の木魂館を発着に開催された。「苦難の先にある達成感」で溢れるイベントを体感しようと全国から17チームが参加。それぞれの目標、思いを

もっとみる

地方再生とイベント

少し前に世間の流行ワードになった「ゆるキャラ」もはや「ガチ・キャラ」なのでは無いかというほど、各地方のマスコットが誕生しました。地方再生のPR戦略のモデルケースとしてわかり易かったからかもしれません。

サイクリストには、有名なこのコミック「弱虫ペダル」

週刊少年チャンピオンにて2008年12号から連載中のロードレーサーを題材としたマンガ。タイトルの名前の由来は作者インタビューで自転車に乗る際、

もっとみる

開催まであと1日

ここ数日、阿蘇・南小国の「天気」と「気温」ばかり見ています。

なぜならば、イベント出場者にとって天候が最大の難所だからです。

雪の方がマシなのは、雨で濡れる方が寒いからです。

いずれにしても、スタート時点はマイナス気温。服装は万全の防寒をして臨みます。

【九州Heavenライド2017編集室】
「Tea room茶のこ」
熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場101−1
プロジェクト担当・池松
Mai

もっとみる

独創的「カフェ」とイベントの関係について

九州Heaven rideは、「Rapha Gentlemen's Race」をインスパイヤーして、失われつつあるロードサイクリングの再発見を目的に2013年から始まりました。最初は、こんなにたくさんの方々に参加して頂くイベントになるとは主催者の松崎氏も、コースディレクターの宮本氏も思ってなかったそうです。(昨年19チーム、今年17チーム)

では、何故続けられて、参加者が増え続けたのか?それは、

もっとみる

イベント開催までの道のり

九州Heavenライド2017編集室

今回のイベントには、17チーム総勢80数名(1チーム4~5名)の参加者が集います。
朝7時30分からライダーミーティングを行い、招待選手の紹介、不測の事態への連絡先や、注意点などの徹底を行います。

この時に、出走費なども受付で支払います。1チーム1万5千円です。

朝8時から、各チーム3分毎に出走です。記念写真を撮ったり、にぎやかですね。

参加者は、前日

もっとみる