自習

攻玉社国際学級英語文法「そっくり問題」(過去問分析を踏まえた練習問題)

仕上がりのレベルのあまりにもの高さに、少し加筆の上で再度掲載します。

( 1 )そもそもの経緯

元々の経緯をたどりますと、先般のnote(「攻玉社の秘密:国際学級について調べてみた🧐」)を執筆していた際に、いろいろ検索をしていたら、攻玉社帰国入試の英語「そっくり問題」というのがメルカリで出品されているのを発見しました。

それで、noteの中で

「かなり気になります。」
「買おうか、買うま

もっとみる
嬉しいです😊
9

喫茶店

喫茶店で勉強している人を観察するのが好きだ。

じっと見つめるのでは無く、会社の帰り際、窓越しに眺める程度である。

多くの人はパソコンを開いている。どのメーカーを使っているのか、どんなサイズなのか、パソコンなのか、タブレットなのか目視で確認する。

その人は男性か女性か、若いのか年寄りか。ノートや参考書を開いている人は資格の勉強か、試験勉強か。暗い画面に英字が羅列されていたら、プログラミングをし

もっとみる
読んでくださり感謝いたします!
1

前に出る時には、骨盤から。後ろに下がるときには背中から下がる。

2013年1月24日
この注意こそ、習って以来25年間、最も耳にした文言のひとつ。
「前に出る時には骨盤から」
前方向に進み出る時、胸だけ前に出て、腰から下が引けて骨盤が引っ込み、結果として足がスムーズに前に出ない様子をみかける。
タカギバレエでは、「背中は骨盤に後からついてくるように」する方が美しく歩けるとアドバイスされた。 骨盤が前に出ていれば、足はスムーズに遠くに出すことができ、美しく見える

もっとみる

08 05 【理想の教材】について考えてみたい。①文章・漫画・音声・映像で、②シリアスな説明や物語・コミカルな説明や物語を展開し、③複数の文体・画風・話法・撮影を備え、④一種類のみから四種類の組み合わせまでルート選択を可能にする、すなわち⑤多種多様な指導や自習の確保である。

かたじけない コメントにて貴殿の知見を賜りたい

アチチュードを戻すとき、引っ込めるのでなく、進むイメージで。

2014年10月16日
前アチチュード、ルルベした状態で足を両足ルルベに戻すとき、
上げた脚を「引っ込める」というイメージで元に戻す場合が多いと思う。
それは、外から見たその動作のイメージが引っ込めるように見えるからである。

しかし、このイメージで足をもとに戻すと、前ならば腰が引けてしまう。(赤で描いた図のような感じ)後ろだと腰が落っこちてしまうという事態になりやすく、
「上げる」動作に比較して

もっとみる

条文サーフィン~改正民法の波を乗りこなせ!!~(第46回)多数当事者の債権及び債務・総則

最速で法律の条文を読んで理解する「条文サーフィン」です。

この記事は一体なに?という方は、
初回(第1回)の最初と最後の部分に簡単な説明がありますので、
是非そちらをご覧ください。

・条文サーフィン~改正民法の波を乗りこなせ!!~(第1回)贈与

さて今回は、改正民法(令和2年4月1日現在の民法)から、「多数当事者の債権及び債務・総則」です。

・民法>「第三編 債権」>「第一章 総則」>「第

もっとみる
とってもうれしいです。ありがとうございます!!
3

帰国受験の入試対策:過去問購入が命😎

中学入試(一般入試)における英検の重要性を指摘する中で、一部の中高一貫校が帰国入試に力を入れている背景に関心を持ちはじめました。今のところの仮説は以下のとおりです。

✅帰国子女は英語力が高い。帰国子女には海外生活経験というメリットもあるが、高い英語力が長所であることには変わりない。
✅受験生の英語力は滞在国や滞在期間にも影響し様々であり、英検準1級もいれば準2級程度もいる。
✅いずれにしても、一

もっとみる
ありがとう😊
31

舞台は圧倒される。それに挑むには背中が丸いと感じるくらい伸ばす。

2013年11月7日
一度でも舞台に立ったものは、真っ暗な客席から押し寄せる圧倒的な空気を押し返すような気持ちで舞台に躍り出る感覚を覚えているだろう。
この前からくる力に抗するには、そっくり返ってはダメだというのがタカギバレエで学んだことだった。
鳩のように胸を膨らませて袖から出てくるのは滑稽だととも言っていた。
むしろ、客席に向かって下からせりあがる様に、前のめりになるくらい「背中から持っていく

もっとみる

条文サーフィン~改正民法の波を乗りこなせ!!~(第45回)共有【後編】

最速で法律の条文を読んで理解する「条文サーフィン」です。

この記事は一体なに?という方は、
初回(第1回)の最初と最後の部分に簡単な説明がありますので、
是非そちらをご覧ください。

・条文サーフィン~改正民法の波を乗りこなせ!!~(第1回)贈与

さて今回は、改正民法(令和2年4月1日現在の民法)から、「共有」の【後編】です。

・民法>「第二編 物権」>「第三章 所有権」>「第三節 共有」(

もっとみる
とってもうれしいです。ありがとうございます!!
8

「遠くに足を出して動くほどバランスはまとまるーグランワルツ」

2017年2月25日
グランワルツを踊るときに
体がついていかずにバランスを崩してしまうからという心配なのか、
大きく踏み込んだり、遠くに飛ぶことを躊躇して、遠慮がちに委縮したワルツになってしまうことがある。

実は、軸足で思い切って地面を弾いて、足を遠くに出して体を移動してみるとわかることだけど、
頭ではなく、体が足の急な移動に対応しなければと反射的にギュッとまとまろうとする。
重心が急に移動す

もっとみる