臨場性

わたしたちは、なぜ「会う」のか|コロナ時代にあえて場をつくる①

わたしたちは、なぜ「人に会う」のでしょうか。

感染症災害の蔓延によって、くしくも、オンラインの価値が見いだされました。地方の格差だったイベントなど人や情報と出会う機会が、オンラインイベントなどによって平等化される。遠方との取引や事情を抱えていることなどによる仕事の困難が、オンライン会議などによって解消される。わたしたちの暮らしは、デジタル技術によってデラックスになりつつあります。

その輝きをよ

もっとみる
ありがとうございます🙋‍♀️
13

新年の挨拶と「臨場性=暴力」の話

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

さてさて、下記のnote記事、少し前のもののようですが、コロナ禍の今、タイムリーな内容で且つ、今の私の思考を揺さぶる内容でした。

「出会う」ことを肯定的にとらえる人もいれば、
他者から支配されるような感触を感受するような人もいる。
出会いが起こす臨場性は、暴力なんだという言葉のチョイス、私にはしっくりきました。

「暴力」という

もっとみる
有り難うございます🎵

コロナ禍における「身体性」と「言葉」

 新型コロナウイルスの影響で何が一番変わったか? と聞かれたら、わたしは「在宅勤務になったこと」と答えるだろう。
4月はじめに緊急事態宣言が発令され、このタイミングで多くの企業が社員を在宅で勤務させるという選択をした。わたしの所属する会社では一足早く、3月なかばに全員の在宅勤務&オフィスへの立ち入り禁止が宣告された。そしてそれは現在も続いている。

 というわけで在宅勤務になって、早3ヶ月が過ぎた

もっとみる
うれしいです
4

生がいい〜

ALOHA

私は、なぜ「ライブが好きなのか?」についてお伝えします。

昨今、IT技術が急激に発達しました。

そのおかげで実際にその場所へわざわざ行かなくても、楽しめることはあるかもしれません。

でも生は違うんですよ〜

別物だから♪

高校生の頃、心斎橋筋2丁目劇場へ毎日通っていました。

学校の授業が終わるとダッシュで滋賀から大阪へGOーー!!帰りはいつも終電🤣

ふと何気に、水玉れっ

もっとみる
ありがとうございます(*^^*)
21

(047) 対面することの暴力性:オンライン授業のすがすがしさについて

斎藤環の「人は人と出会うべきなのか」というこの記事は、人と人が出会うこと、その場に居合わせること、ライブであること、face-to-faceで話すことを「臨場性」と名付けて、その意味について書いている。

まとめれば次の三点になる。

(1) 人と人が出会うとき、それがどれほど平和的な出会いであっても、自我は他者からの侵襲を受けるので、臨場性は一種の「暴力」である。

(2) 他者の暴力が不在であ

もっとみる
私もスキです!
25

人間は「臨場性」に欲望する

久しぶりに出勤。同僚と画面越しではなく、職場でリアルに対面する。ほぼ1ヶ月ぶりの対面となった同僚が多かった。

たった一ヶ月の間でこんなにも懐かしさがこみあげてくるものなのか!

オンラインでは対面していたはずなのに。妙にテンションが上がり、「懐かしい! 嬉しい!」と思う気持ちとともに、久しぶりに心身が奥底から駆動するのを感じた。

人間関係とは何か? 「直接会う」という臨場性とはなぜ必要なのか?

もっとみる
ありがとうございます。最近観たオススメの映画です!
33

『人と人は出会うべきなのか』を読んで。

この記事、読みましたか?!2500以上のスキが付いているので、目にした方も多いかもしれません。

個人的には(分かる・・・!分かる・・・!)と感じ入りながら読んでいたけれど、このスキの数からして多くの人もまた共感しているということですよね。それならば、もっとみんなが生きやすい世界になってもよさそうですが、、それこそが夢想なのかも。

①臨場性は「暴力」である。

②臨場性は「欲望」である。

③臨

もっとみる
わたしもスキです
11

友だち4人とごはんを食べた

西麻布にある創作フレンチレストラン「イチイ」に行ってきた。友人の友人がこの店でシェフとして働いており、コロナ禍につきお客が減っているというのでなるべく通うようにしている、興味があれば一緒にどうかというわけである。この辺りは外国人も多いから、まだまだ客足も戻っていないだろうな。

お店は六本木通り沿いのビル2階。照明は暗く落としてあり、入店時に両手をアルコール消毒された。居心地がよく何よりとてもおい

もっとみる
トルソー 第三号
3

人は人と出会うべきなのか

「というのも、各々は直接的に他者のうちに自分を知るからであり…しかもそれによって、各々が、他者もまた同じように彼の他者の内に自分を知るのだ」(ヘーゲル『イェーナ体系構想』法政大学出版局)

 「臨場性」はなぜ必要か

 コロナ禍の中で、心から消滅して欲しいと思ったのは「ハンコ」である。

 大学が入構自粛になっているのに、ハンコを押すためだけに出勤することの徒労感。そういえばうちの大学では、会議か

もっとみる