筋膜連結

ディープフロントライン

ディープ・フロント・ライン(Deep Front Line:DFL)は、身体深層で足底から頭蓋までの筋膜の連続です。
DFLは、他のラインと比較すると、線ではなく3次元的で明確に身体の空間を占有しています。

【走行】
体幹では、骨盤から上へと側頭骨まで伸びていて、胸部の多くの組織が付着する部位です。
下肢では、足弓から鼠径部までの複雑なルートを通り、外側を通るラテラルラインと互いにバランスをとり

もっとみる

ディープバックアームライン

ディープ・バック・アームライン(DBAL)は、脊柱から腕の背面に続く深層の筋膜の連続です。

これらの筋肉やDBALが緊張すると、肩の動きに制限がでたり、他の筋肉に負担がかかったりするため、肩周囲の痛みを引き起こします。
また、肩甲挙筋も含んでいるため、肩凝りの原因となる可能性もあります。

【走行】
この筋膜ラインは、経絡の「手の太陽小腸経(The Small Intestine Meridia

もっとみる

ディープフロントアームライン

ディープ・フロント・アームライン(DFAL)は、胸部前面にあるアームラインのうちの一つで、胸の深部から腕の前面を走行している深層の筋膜の連続です。

【走行】
ディープ・フロント・アームラインは、小胸筋(第3~5肋骨前面)から上腕二頭筋内側頭を通り、拇指前面までの筋膜の連続です。

※1.鎖骨胸筋筋膜
鎖骨胸筋筋膜は、大胸筋と胸壁の中間に位置する深筋膜で、小胸筋と鎖骨下筋を覆う白い「蜘蛛の巣」のよ

もっとみる

スーパーフィシャルバックアームライン

スーパーフィッシャル・バック・アームライン(SBAL)は、脊柱から腕の背面に続く浅層のラインです。

【走行】
僧帽筋の上部線維は、鎖骨の外側1/3を挟んで三角筋前面へ、僧帽筋中部線維は肩峰を通って三角筋中部へ、僧帽筋下部線維は肩甲棘内側縁を通り三角筋後面へつながります。
三角筋粗面では、筋膜接続は上腕筋の深層を走り、外側筋間中隔の線維と融合し、前腕の後面を走行し手根伸展筋群で停止します。

伸筋

もっとみる

スーパーフィシャルフロントアームライン

スーパーフィシャル・フロント・アームライン(SFAL)は、胸部から腕の前面を走行している大きな浅層の筋膜の連続です。

【走行】
大胸筋・広背筋から上腕内側を通り、手関節屈筋群⇔手指掌側面へと繋がります。
このラインは大胸筋と広背筋から始まり、これらの筋肉は胸と背中の広範囲の部分に付着して、前面と側面から腕の動きを幅広くコントロールしています。
広背筋は背面にありますが、発生学的(胎生期)には前面

もっとみる

スパイラルライン

スパイラルライン(Spiral Line:SPL) 回旋線は、体の前面・後面・側面を走る螺旋状のラインです。

SPLが機能するためには、深層の脊柱の筋肉(DFLの筋・筋膜)が機能していることが前提条件になります。
SPLによる姿勢の回旋や捻れは直接的な原因ではなく、深層脊柱部の捻れが起こった後に代償的な捻れとして二次的に起きています。

【走行】
頭蓋骨から伸びたスパイラルラインは、対側の肩⇔胸

もっとみる

前鋸筋と外腹斜筋は筋膜連結しているか

今日は前鋸筋と外腹斜筋が筋膜連結しているかお話していきます。

とある研究で、背臥位にて、肩屈曲肘伸展のポジションでベンチプレスのように重量をかけていき、前鋸筋と外腹斜筋の近活動を調べるといった研究があります。

結論から、ベンチプレスのように、負荷をかけていくと前鋸筋が活動するにつれ、外腹斜筋の活動の向上も認められた報告しています。

体幹の直接的な運動は実施してはいないが、外腹斜筋の活動が認め

もっとみる

筋膜連結~筋膜の種類~

今回は筋膜の連結の種類についてです。

筋肉は筋膜で繋がっており、連続体として影響を与えながら機能します。

例えば頭頂部やおでこ、首の後ろなどをマッサージすると、前屈の記録が伸びることがあります。これは頭頂部などと連結して影響しているハムストリングスが柔らかくなるからです。

このような筋膜のつながりをライン(線)として考えるのが筋膜連結です。

筋膜経線は、カーディナルライン(基幹線)、アーム

もっとみる

裏モモについて整理しよう!(理論編)

前回は足が速くなりたい選手向けに、上半身を固めないという視点からトレーニングを紹介しました。

今回はトレーナーやセラピスト向けに

裏モモ

つまりハムストリングスについて
具体的な部分を私自身の知識の整理も含めて説明していきます。

ハムストリングスの筋膜連結

アナトミートレインで有名な筋膜という観点では、
SBL(Superficial Back Line)とSPL(Spiral Line

もっとみる
ありがとうございます!一緒に成長しましょう(^^)
2