稲田朋美

日記(le 15 juin 2021)

書きかけている記事のこと書きかけたまま放置している記事は今のところ2件ある。 ひとつは前々から言っている、いわゆる「進歩的文化人」たちのWikipediaページに当人の業績以上に詳しく「左派的な立場をとることの偽善性への揶揄・非難」が記述されていないか、という問題について。これは取り上げる…

ツッコミどころ満載の夫婦別姓ドキュメント

 ETV特集 選「夫婦別姓 “結婚”できないふたりの取材日記」を視聴。  高橋敬明さん(以下、夫)と神野明里さん(以下、妻)の事実婚カップルの話。”選”だけあって夫婦別姓について初心者にも大変分かりやすく解説してある。しかも若い夫婦がカメラの前で長々と見詰め合ったりなんかしてとにかく…

稲田朋美(@dento_to_souzo )のLGBT理解増進法案への賛成はどこが…

 稲田朋美はLGBT理解増進法案に賛成して、保守派?から強く批判された。個人的には、俺は保守派?(何を保守しているのかは不明)からの批判にも賛成しない。以下では、俺は稲田朋美の行為に感じた俺の違和感を提示する。 1章 俺の違和感〜自分の宗教及び善悪、性(ジェンダー)観を明らかにしない…

300

保守ゲイ男性である私が「LGBT理解増進法が必要と考える理由」 稲田朋美先生は決して保…

私はゲイ男性で 「LGBT理解増進法(自民党案)」を早期に成立させる必要があると考える立場から 保守派の皆さんにこそ、この事実を伝えたい。 「LGBT理解増進法(自民党案)」 とは、我が国の家族制度を決して破壊しない。 これに対する無理解や事実と異なる報道などで自民党稲田朋美元政調会長らに対…

LGBT法案推進者は何をめざしているのか

朝日新聞が「LGBT法案、条件つき了承 自民、成立は不透明」という記事を出しました。 この記事では、経緯などについて曖昧かつ不明な点があります。 そこで

300

「自民党のおじさん政治をぶっ壊す!」稲田朋美が“わきまえない女”でいたい理由

旧態依然とした日本の「おじさん政治」。憲法改正で女性候補を増やすしかない。/文・稲田朋美(衆議院議員・元防衛大臣) <summary> ▶︎「失望した」「左に転向したのか」という批判や罵倒の嵐が届く。日本の政治に対する意識がいかに遅れているのかを身をもって感じ愕然としている ▶︎森前会長…

女性議員飛躍の会 森喜朗発言を自民女性議連が問題視 「これまで遠慮あった」…はぁ?

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言をめぐり、自民党の議員連盟「女性議員飛躍の会」は12日に緊急会合を開いた。 出席者からは発言を問題視する声が相次ぎ、「真の男女平等の国」に向けた提言をまとめて二階俊博幹事長に提出する方針を決めた。 「日本が男女の平…

森家の女性たち

ネットでこんな記事を読んだ。 森家はかかあ天下だそうで、彼には家庭では発言権がないと言う。 なんだ、森家では文字通り、おんなの発言は長い、みんながあれこれ言い立てるってことになる、つまりは、自分の家庭のことを勝手に五輪の委員会にあてはめただけか、と笑ってしまう。 同時に、この二人…

女性初の総理大臣を目指す稲田朋美はどんな女性なのか飲みに誘ってみた

Yahoo!のトップニュースになった「石破茂は飲んだら本当に楽しくないのか」に続く、サシ飲みトークの第2弾は、衆議院議員の稲田朋美(いなだ・ともみ)さんです。 稲田さんと言えば、2017年に南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報問題をめぐり、陸上自衛隊が「廃棄し…

100

【15-政治】【菅新政権の課題】女性だからこそ気付ける政策の実現へ|稲田朋美

文・稲田朋美(衆議院議員) 女性議員が少ない責任は自民党にある 世界では、女性のリーダーが活躍しています。新型コロナウイルスの対応でも、成功した台湾やニュージーランドがそうでした。きめ細かさ、発信力やコミュニケーション力、国民の困っている点に共感できる力が、女性リーダーの長所だと…