真の愛

思春期に異性に関心が向いていく二世たちに対して、どのように純潔を守りながら、二世祝福へと導いていくかということは、その父母にとっても重要なテーマです。世俗的な男女問題の影響を受けざるを得ない環境の中で、「好き」と「真の愛」の違い、「愛の恐ろしさ」を認識させ、「真の愛」の貴さを伝えていくことがとても大切です。

ラブレター

こゝろが炎上したら 私を抱いて 私を抱いて
どんなにバカにされても 夢.幻.と知ってるから

雨が俯くぐらいに 空が重くて 空が重くて
想いを書いたラブレター 水溜りに落ちて汚れた

白熱灯が熱されて燃え盛る無情さに
人を思いやることより きっと今の立場が大事
それでいて恋したがって 矛盾が生じる日々を
無理矢理つなぎ合わせて 束になって守っていく

都会の砂漠のなかで 私を知って 私

もっとみる