皮神経

「皮神経を無視しては、どの手技も井の中の蛙大海を知らずというのを痛感します。」 女性の柔道整復師の方がDNM PVレッスンを受講した感想。

◆DNMプライベートレッスンを全て受講してみて素直なご感想

DNMを知れて良かったっと言うのが終わって1番に思ったことです。DNM前、DNM後に分けられるくらい思考が変わったような感じがします。

◆DNMを実際使ってみての感想。DNMの活かし方など。

楽です。しかも、基本的にお伺いしながら進めていくので、心配ごとが減るというか…個人的に心的負担も減って、慣れてくるともっと楽になるのではと感じ

もっとみる
スキありがとうございます!PVレッスンにお越しくださいませ!
3

【まとめ】DNMJAPANコラム&動画リスト一覧

◆noteコラム一覧(随時追加中)▶︎筋膜リリースの効果は筋膜の変形ではなく神経によるもの

▶︎筋膜アプローチをサイエンスから読み解く

▶︎筋膜と筋膜には摩擦がないので手で剥がせない。

▶︎仙腸関節はわずかにしか動かず、検査のエビデンスはない。

▶︎関節運動アプローチでは仙腸関節は動かない。

▶︎カイロプラクティック界隈で言うサブラクセーションのエビデンスはない。

▶︎関節モビライゼー

もっとみる
スキありがとうございます!PVレッスンにお越しくださいませ!
33

末梢神経障害による慢性疼痛など過敏な状態では表皮内神経線維密度が減少する

北海道のDNMコンプリーター、理学療法士の竹沢です。

今回の記事は

末梢神経障害による慢性疼痛など過敏な状態では表皮内神経線維密度が減少する

といった内容です。

DNMで行うスキンストレッチだけでなく、
様々な徒手療法で触れるであろう皮膚。

痛みを抱えている方の皮膚でどのようなことが起きているのか

なぜ優しく触れなければならないのか?

なぜ強く押してはいけないのか?

色々な理由はあ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければ他の記事もご覧ください!
8

DNMを自己流で学んでいた時にクレームが来た話

どうもこんにちは。北海道のDNMコンプリーター 竹沢侑也です。

今回の記事はタイトルからして生々しいですね(笑)

体験談になりますので全く論文などは出てきませんが、
DNMコンプリーターの方々、今DNMを学んで少し実践している方の参考になればと思います。

あ、あととても長いですので時間がある時に読んでください。
思い出話程度のものなので(笑)

DNMのPVレッスンを受講する前でしたので、D

もっとみる
ありがとうございます!よろしければ他の記事もご覧ください!
4

肩関節疾患に対する有効なアプローチについて

こんにちは。DNMJPコンプリーターの竹沢 侑也です。

前回の「肩関節疾患での痛みや機能は筋力や可動域に左右される?されない?」の記事はご覧になっていただけたでしょうか?

今回の記事は前回の続きのような内容になっておりますので、まだご覧になっていない方は先にそちらを読むことをお勧めいたします。

前回の記事で疑問が出てきました。

・結局のところ、肩の痛みをとる有効な方法はあるのか?ということ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事もよろしくお願いいたします!
2

肩関節疾患での痛みや機能は筋力や可動域に左右される?されない?

DMNのアプローチを行う時に大切なのは、

セラピスト主体ではなくクライアント主体という考え。

DNMではアプローチの多くが2〜3分、箇所によっては5〜20分待つ場合もあります。

効果が出ればそれでOKなのですが、「もしかしたら何も変わらないんじゃないか?」と多少の恐怖感があるのも事実。

「人によって効果に差がある」

「効果が出ないことがあるのは何故か」

といったことに関してはDNMの講

もっとみる
ありがとうございます!次の記事もよろしくお願いいたします!
4

私とDNM

はじめまして。北海道で理学療法士として働いている竹沢侑也と申します。

普段は整形外科クリニックで勤務しており、学生から高齢者まで幅広い年齢の方を対象にリハビリを行なっております。

これが初めての記事になりますが、

DNMセラピスト3名によるマガジンを書くという話が出た時に、最初はそれぞれのDNMを学ぶ「キッカケ」や「これから」について記事にしておこうという提案がありました。

おそらくこのマ

もっとみる
ありがとうございます!次の記事もよろしくお願いいたします!
6

非特異性腰痛の原因②上殿皮神経

腰痛の85%は非特異性と言われています。
最近では心因性だと言われていますが、果たして全てがそうなのでしょうか?

MRI画像に映りにくい、上殿皮神経の絞扼による腰痛も存在します。

◆上殿皮神経とは?
Th11〜L4由来の脊髄神経後枝の皮枝です。

下方へ向かい、腸骨稜辺りで胸腰筋膜や線維骨性トンネルを貫通して、殿部まで伸びている皮神経です。

もっとみる
スキありがとうございます!PVレッスンにお越しくださいませ!
4