生きるように働く

働くってなんだ

2020年、春と夏のちょうど間。

あと2ヶ月で29歳になる彼女は、
最近、仕事や、働くということについて考える時間が増えた。
新社会人が5月病なんかに打ちひしがれるこの時期に、社会人7年目の彼女もまた自分と向き合い、働くことについて見つめ直している。

"自分と向き合う"というのは凄く聞こえのいいワードで、本当はただ働いている自分や仕事の内容に新鮮さや面白味を感じなくなっているだけの言い訳にすぎ

もっとみる
ありがとうございます。(照)
6

自然からの伝言 〜ポストコロナ時代〜

ご無沙汰です、NPOアサザ基金の広報担当の清水です。

今日は日々の「野良仕事」を通して、
自然が、
ポストコロナについて問いかけてくれたこと、について綴ります。

新型コロナウィルスの世界的な広がりから、
社会は今後どのように変わるのか。
それとも、変わらないのか。

私はどう変わったのか。

※今回のブログでは、
対人の世界、対物の世界ということばを使っていますが、
これを知ったのは養老さんの

もっとみる

本当に自分がやるべき仕事なのかを考えてみる

ステイホームしすぎて、今までスタバとか珈琲倶楽部で仕事をしていた生活に戻れなくなっている亀山です。

環境を変えてアイデアを出したい時に外で仕事をしていましたが、「自宅での仕事+散歩」でほぼ代替できている気がします。

さて今日は「本当に自分がやるべき仕事なのかを考えてみる」というテーマです。

だれがやっても同じ仕事をやるのか、自分にしかできない仕事をやるのか、亀山が選んでいるのは後者です。

もっとみる
いつもありがとうございます🙋🏻‍♂️
3

フィードバックは、自分が想像もつかないことを伝える。

私の会社は、フィードバックが日々行き交っている。

営業ロープレや営業アポおわり。なにかプレゼンテーションしたり、イベントを開催したとき。提案書を作成したとき。日報。などなど。

その際に、必ず「GOOD」(よかったこと)と「MORE」(もっとこうしたらよくなること)を伝える。

自社の採用のときも、選考学生にその場で「GOOD&MORE」フィードバックを伝えて、次回に活かしてもらう。

フィード

もっとみる

【3/11(水)19時 】代々木八幡 Creator‘s Meetup #3 ~クリエーターの「働く」を考える~ 雑談ゲスト「生きるように働く」ナカムラケンタ×「ハウ・トゥ・アートシンキング」若宮和男

代々木八幡で働く、住んでるクリエーターの交流会です。どなたでも参加できます。2020年1回目のテーマは「働き方」。

VUCA時代にクリエーターとして生きていくためには何が必要なのか、どのように働けば良いのか、どうすれば生き残れるか?そして自分は何のために働くのか。「生きるように働く」のナカムラケンタ氏と「ハウ・トゥ ・アート・シンキング」の若宮和男氏の雑談を聞きながら、これからの「働き方」「生き

もっとみる
感謝しまーす!
3

noteで筋トレ

おはようございます、Rieです。

 6月3日の新月から毎日絶やさずnote書いてます。

 新月だし、何かを始めるにはもってこい!なノリで開始。書くからには毎日と決めていたので、最初の1か月はそこが苦しかった。6月は有給消化中で時間も自由。とにかく毎日が目標。これは完全に習慣化しました。

 新しい職場での仕事が始まった7月。それまでほぼ夕方に記事を更新していましたが、文章は夜書きたくない。なの

もっとみる
Thank you♥
7

生きるように働く

高校時代の友達から「転職しよかな」と連絡が来た。連結6万人の企業から、8人のベンチャーに行くかも、と。

「良いやん!」

私の第一声は、応援したい、の一心。
しかし、彼は言った。

「転職するかも、って言ったら、その人の仕事の価値観がすごくわかる。案外背中押してくれるというか、応援してくれる人っておらんもんやな〜」。

もちろん、怪しげな会社に転職するなら、全力で止めるけど、転職すること自体はな

もっとみる

旅する理由は人それぞれ

おはようございます、Rieです。

7月に転職。ありがたいことに「オン」にストレスがなくなり、いい意味で「オフ」とのパキっとした境目もなくなりつつあります。生きるように働く、を意識しているのでいい傾向。

ただ有給が与えられるのは年明け。それまでは家と職場の往復になりがち。ふと、

旅に出たい

という衝動に駆られるのは事実。一方で、身近にいるオンオフなくすべてはオンにつなげていると明言する方。旅

もっとみる
わたしも!
7

本当にただの日記

こんばんは。

タイトルの通り、今日は本当にただの日記になりそうです。

七夕が過ぎて、つまり小暑が過ぎて大暑に向かっている時期ですが、

まだ梅雨が明けないのでけっこう涼しいですよね。

毎日傘を持ち歩くのはちょっと煩わしいですが、雨のおかげかいつもの喧騒もいくらか小さくなっている気がして、それがありがたいなあと思います。

通学時の人通りの多さ、大学のキャンパスのあの独特の浮足立った雰囲気が、

もっとみる
なんという嬉しさ。
2

生きるように働けたなら

こんばんはrieです。

働くって何なんだろう。

これからは「個」の時代。名刺から会社名を消したら私は何者なんだろう。いずれ会社の看板を下ろす日が来るのなら、その日を待っていないで早めに下ろして勝負したい。お金は老後のために貯めるもの?それってあまりに悲しい。今も同じくらい大事。もし好きなことがそのまま収入につながるのなら、生きるように働けたなら体力ある限り、使って稼ぐという理想的な経済活動が営

もっとみる
一息入れましょ!
7