渡邊恵太

自己帰属感とは何か 〜デジタル空間まで延長する自己感覚〜|融けるデザイン2020 #5

融けるデザイン2020は出版5年を記念して、融けるデザインを著者なりに振り返りつつ、少しだけ融けるデザインその後を何回かに連載して書いていくものである。

今回は連載5回目。3章のタイトルは「第3章 情報の身体化――透明性から自己帰属感へ」である。

この章は本の帯にも書いている「自己帰属感」について書いている。おそらくインタフェース関連の書籍で自己帰属感という言葉を使うのは本書が初だろう。

もっとみる
さらに書きます!
39

インタフェースとは何か|融けるデザイン2020 #4

融けるデザイン2020は出版5年を記念して、融けるデザインを著者なりに振り返りつつ、少しだけ融けるデザインその後を何回かに連載して書いていくものである。

今回は連載4回目。今回は2章「インタフェースとは何か?」の内容を振り返っていく。

融けるデザインというタイトルだと、インタフェースデザインやインタラクションデザインの内容について扱っている本だとはわかりにくいが、本書はインタフェースとインタラ

もっとみる
さらに書きます!
62

Macintoshは心理学者が設計している|融けるデザイン2020 #3

融けるデザイン2020は出版5年を記念して、融けるデザインを著者なりに振り返りつつ、少しだけ融けるデザインその後を何回かに連載して書いていくものである。

今回は連載3回目。いよいよ1章の内容を振り返っていく。

「Macintoshは心理学者が設計している」

この章は、この本にとっての始まりでもあるが、僕の人生の始まりといってもいい。融けるデザインがあるのもこの一言があったからだ。

1998

もっとみる
やる気が出ます!
39

ニューモーフィズム | 未来のインターフェースに触れるUIのビジュアルデザイン

この記事では
今までのUIデザインを踏まえたうえで密かに話題を集めている「Neumophism(ニューモーフィズム)」に着目し、このデザインが誕生した理由を自分なりに考察した内容をメモしたものになっています。

# 「ニューモーフィズム」とは

オブジェクトの影に明暗2色のドロップシャドウを使うことでそのオブジェクトの背景の面から突き出ているような、あるいはくぼんでいるように見せるのが特徴。
従来

もっとみる

「融けてゆく世界」|融けるデザイン2020 #2

融けるデザイン2020は出版5年を記念して、融けるデザインを著者なりに振り返りつつ、少しだけ融けるデザインその後を何回かに連載して書いていくものである。

はじめに ー 融けてゆく世界

この導入は、実は出版の直前(2015年1月)に書いた。タイトルも決まり、内容も書き終わり、校正段階の時だ。

導入はこの本が何であるか、何を提供しようとするものなのか、現在の変化する世界を方向性や問題意識、我々が

もっとみる
さらに書きます!
32

融けるデザイン2020 #1

『融けるデザイン ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論』出版から5年。今回は5年を記念して、融けるデザインを著者なりに振り返りつつ、少しだけ融けるデザインその後を何回かに連載して書いていく。

「融けるデザイン」誕生

まずは、タイトルや装丁について振り返る。

2014年10月29日編集者の村田さんからデザイナー(岡本健さん)へのメール引用

タイトルは、『すべては体験に収束する』からがらっ

もっとみる
がんばります。
178

対面は最高の体験だろうか?接客レス時代のデザイン | 渡邊恵太・消極性研究会 SIGSHY

消極性研究会(SIGSHY)による連載『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』。今回は渡邊恵太さんの寄稿です。宅配ボックスやセルフレジなど、最近増えている人と対面せずにサービスを利用する仕組みについて、その体験としての可能性を考察します。

『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』
第16回 対面は最高の体験だろうか?接客レス時代のデザイン(渡邊恵太

もっとみる

074:インタラクションは表象から「現れ」へと向かう

「2 The Material Turn───On the Material Turn in Interaction Design」のまとめ

コマンドライン(CUI)からグラフィカル・ユーザ・インターフェイス(GUI),そしてタンジブル・ユーザ・インターフェイス(TUI)という流れで,表象中心のインターフェイスからマテリアルインタラクションになっていく.だから,TUIは表象とメタファーに基づくイ

もっとみる

人はなぜ「じゃんけん」で決めてしまうのか? 〜AI時代の意思決定のヒント〜 | 渡邊恵太・消極性研究会 SIGSHY

消極性研究会(SIGSHY)による連載『消極性デザインが社会を変える。まずは、あなたの生活を変える。』。今回は渡邊恵太さんによる寄稿です。私たちの身近な意思決定の手段のひとつである「じゃんけん」。簡易かつ合理的な方法ですが、参加人数が増えると必ずしも効率的ではありません。じゃんけんに象徴される「どうでもいい意思決定」を効率化する、新しいテクノロジーを提案します。

消極性デザインが社会を変える。ま

もっとみる

064:「metaBox」が📦ではなく🚪になっているように感じた

渡邊恵太研究室 プロトタイプ展 2019「インターネット中心設計  インターネット前提のインタラクションデザイン」を見た。そこで、中里健也さんの「metaBox」が気になった。「metaBox」は、渡邊研究室が去年から提唱しているexUIの研究なのだけれど、今回はとてもシンプルな白い箱になっていた。

宅配BOX、ロッカーを使った買取サービス、無人コンビニなど、箱を使ったモノのやり取りハードウェア

もっとみる