機能性材料

スポーツの進化を支える、サステナブルな高機能素材(スポーツとDSM 2)
+3

スポーツの進化を支える、サステナブルな高機能素材(スポーツとDSM 2)

前回の記事では、DSMとプロ自転車競技チーム「Team DSM」とのコラボレーション、特に「個別化栄養」などライフサイエンス分野の話題をご紹介しました。 今回は機能材料分野のコラボについて。現代スポーツでは、ウェアやシューズなど用具の進化が成績に直結します。私たちDSMも、最先端技術を使ったサステナブルかつ高機能な素材で、Team DSMをサポートしています。 とにかく薄く軽く、運動機能を追及?それでOK?激しい動きとスピードが求められる競技では、ウェアにも薄さと軽さ、さ

スキ
6
006 ホウ素の使い途

006 ホウ素の使い途

【 私の研究はこんな感じ】    ホウ素を含む有機高分子・超分子材料の新たな合成手法について研究しています。いまだ確立途中の技術ですが、ホウ素を含む高分子・超分子材料を極めて簡単に合成できるだけでなく、化学的な刺激で簡単に原料へと分解できる材料なども作れることから、環境に優しいクリーンな新技術になる可能性があります。 【研究の困りごと・こんなコラボをしたい】    ホウ素を含む有機高分子・超分子材料をどのように応用したらよいかというアイデアに困っています。既にある応用

スキ
5
再生素材を活用する海外サステナブルスタートアップ

再生素材を活用する海外サステナブルスタートアップ

前のnoteでも書きましたが、この一年、「持続可能な生活」を意識するようになったことで、私自身も<サステナブルなサービス>を生み出したいと思う気持ちが高まってきました。 世界を見渡し、企業やスタートアップの活動を参考にして、未来の事業を開発する上でのヒントを探っていきたいと思います。 今回は、持続可能性が強く求められているファッション業界に注目し、そのアプローチとして再生素材を開発・事業化している3社を取り上げたいと思います。 1. Beyond Leather, De

スキ
15
【書評】増刊2020『接着・機能性材料を活用した歯髄保護』

【書評】増刊2020『接着・機能性材料を活用した歯髄保護』

月刊『日本歯科評論』では,当社発刊本の書評を随時掲載しております.2020年12月号掲載分の「HYORON Book Review」を全文公開いたします(編集部) 坪田有史/東京都・坪田デンタルクリニック 2019年12月「象牙質レジンコーティング法」が保険収載された. 本技術は間接修復の際,切削によって露出した象牙質面に接着材料を使用してコーティングし,象牙質を外来刺激から遮断し,象牙質のみならず歯髄保護を目的として従来から臨床応用されてきた技術である. この技術を保険

スキ
2