戌井昭人

【読書感想】津村記久子『浮遊霊ブラジル』

日比谷で働く書店員のリアルな日常、日比谷の情景、そして、本の話――エッセイ「日比谷で本を売っている。」第11回 〔バンドマンと壺〕新井見枝香

こんなおっさんでありたいな。戌井昭人「俳優・亀岡拓次」を読んで

戌井昭人(作家)×伊賀大介(スタイリスト):「戌井さんといると小説の登場人物のように面白いことが必ず起こる」――新作小説『壺の中にはなにもない』刊行記念対談

朗読しやすい本

自宅謹慎の日々