マシンマン

今年2020年(1月10日)に会社を辞めたけど、次の就職先も海外逃避も出来なくなって、始めたバイトも飲食で売り上げ8割ダウンで、なかなか入れなくなったという試練が続く日々。何とか貯金を切り崩しながらの生活。オールドタイプのおっさんが月10万生活しながらここで鬱憤を晴らす。

何かを成すにはまずはその環境を整えることなのかもしれない。

小説を書こうと思った。 たくさん本を読んで、書いて、そんな人生も悪くないと思った。 そう思ったのは一週間ほど前なのに、昨日と同じような一日をつらつらと重ね、今日…

2か月前

久々に小説モードに入ろうと思う。

最近コロナの影響で、バタバタしていた。 心理的に。 仕事も無くなり、金は無くなっていくのだが、時間はあったので成功体験欲しかったしこの先の仕事の事も考えしばらく…

2か月前

この子ほど独特の感性はなかったなと思う「円卓」西加奈子著を読んで

姉に三つ子をもつ、小学三年生の主人公のコッコ。 両親、祖父、祖母、父、母、四人の子供という大家族で過ごすコッコ。 同級生にも、唯一無二の友達とも言えるだろうぽっ…

6か月前

世界は終わらない『ふたご』藤崎彩織著を読んで

第百五十八回直木賞候補作品  知っている人も多いと思うが、「SEKAINOOWRI」のバンドメンバーが書いた自叙伝的な小説。  主人公のなっちゃんと幼馴染の月島、病んでい…

6か月前

慌てて死のうとする必要なんてない『ベロニカは死ぬことにした』パウロ・コエーリョ著、江口研一訳を読んで

 結構昔の小説だと思っていたら、98年の作品らしい。と言っても、もう二十年以上前か。  大量の睡眠薬を飲んで、閉鎖的な精神病院の中で目が覚めたベロニカ。  そんな…

7か月前

殆どの人が経験している初恋『ファーストラヴ』島本理生著を読んで

159回直木賞受賞作品 父親殺害容疑で逮捕された女子大生、環菜、それを取材する臨床心理士の真壁由紀、その旦那の我聞、我聞の弟の迦葉(かしよう)。  取材をしながら、…

7か月前