ビヨンドチテン|Beyond Chiten

演劇果実の皮をむく!  空間造形、衣裳、グラフィック、照明、音楽、言葉、演技、演出、劇場、世界演劇史、京都、カルチャー and so on… 京都を拠点に総合芸術としての演劇を国内外で広く展開する劇団「地点」の新たな発信拠点。劇団サイト:http://chiten.org/

ビヨンドチテン|Beyond Chiten

演劇果実の皮をむく!  空間造形、衣裳、グラフィック、照明、音楽、言葉、演技、演出、劇場、世界演劇史、京都、カルチャー and so on… 京都を拠点に総合芸術としての演劇を国内外で広く展開する劇団「地点」の新たな発信拠点。劇団サイト:http://chiten.org/

マガジン

ストア

  • 商品の画像

    『ノー・ライト』『騒音…』2演目セット券

    本公演は全席指定席の公演ですが、本サイトからのお申し込みについては座席の指定はできません。座席表からお席を選びたい方は、チケットかながわ・チケットぴあ・イープラス・ローソンチケットの各プレイガイドをご利用ください。 ◎『ノー・ライト』のご観劇日時が決まっていない方は本商品を購入することはできません。 ◎『騒音…』のご観劇日時がすでに決まっている方は、お届け先情報・お支払い情報の入力画面の「備考欄」にご記入ください。『ノー・ライト』のチケットお届けの際に『騒音。…』のチケットを同封してお届けいたします。 ◎『騒音…』のご観劇日時がまだ決まっていない方は、決定次第、返信メールに記載の申し込みフォームへの返信をお願いいたします。『騒音…』のチケットは当日会場にてお渡しいたします。
    8,000円
    地点WEBshop
  • 商品の画像

    『ノー・ライト』一般

    本公演は全席指定席の公演ですが、本サイトからのお申し込みについては座席の指定はできません。座席表からお席を選びたい方は、チケットかながわ・チケットぴあ・イープラス・ローソンチケットの各プレイガイドをご利用ください。
    5,500円
    地点WEBshop
  • 商品の画像

    『ノー・ライト』『騒音…』2演目セット券

    本公演は全席指定席の公演ですが、本サイトからのお申し込みについては座席の指定はできません。座席表からお席を選びたい方は、チケットかながわ・チケットぴあ・イープラス・ローソンチケットの各プレイガイドをご利用ください。 ◎『ノー・ライト』のご観劇日時が決まっていない方は本商品を購入することはできません。 ◎『騒音…』のご観劇日時がすでに決まっている方は、お届け先情報・お支払い情報の入力画面の「備考欄」にご記入ください。『ノー・ライト』のチケットお届けの際に『騒音。…』のチケットを同封してお届けいたします。 ◎『騒音…』のご観劇日時がまだ決まっていない方は、決定次第、返信メールに記載の申し込みフォームへの返信をお願いいたします。『騒音…』のチケットは当日会場にてお渡しいたします。
    8,000円
    地点WEBshop
  • 商品の画像

    『ノー・ライト』一般

    本公演は全席指定席の公演ですが、本サイトからのお申し込みについては座席の指定はできません。座席表からお席を選びたい方は、チケットかながわ・チケットぴあ・イープラス・ローソンチケットの各プレイガイドをご利用ください。
    5,500円
    地点WEBshop
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

マルチリンガル公演 関連記事のまとめ

『ノー・ライト』で〈マルチリンガル公演〉という新たな表現形態を模索する地点。俳優がそれぞれ母国語でない言語(ドイツ語・英語・フランス語・スペイン語・ロシア語・韓国語・日本語の7ヶ国語)で台詞を発語するという、おそらく日本では初めての試みだと思われます。 その創作過程や台詞や各国語へのアプローチなどを、文章・動画・音声コンテンツで発信する記事をまとめました。 【公演情報】 地点『ノー・ライト』マルチリンガル上演・日本語字幕付 2022年12月16日(金)〜18日(日) 会場:

    • +2

      高慢な英雄とデマに踊らされる民衆と裏でいろいろ煽る護民官と、無敵の母。誰が最も愚かなのか。〜『コリオレイナス』フライヤー

      • +30

        墓碑の上で踏まれる反復横跳び〜『ロミオとジュリエット』2017

        • 再生

          取り残されたのか、閉じこもったのか。忘れたのか、忘れられたのか〜『忘れる日本人』【ダイジェスト映像】

          作:松原俊太郎 演出:三浦基 出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 河野早紀 小林洋平 田中祐気 舞台美術:杉山至 衣裳:コレット・ウシャール 照明:大石真一郎 (KAAT神奈川芸術劇場) 音響:稲住祐平 (KAAT神奈川芸術劇場) 【神奈川公演】2018年6月21日(木)〜24日(日)  KAAT神奈川芸術劇場中スタジオ 【愛知公演】2018年7月13日(金)〜15日(日)  愛知県芸術劇場小ホール 【京都公演】2018年7月18日(水)〜21日(土)  ロームシアター京都ノースホール

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • グラフィック
          ビヨンドチテン|Beyond Chiten
        • 写真
          ビヨンドチテン|Beyond Chiten
        • 映像
          ビヨンドチテン|Beyond Chiten
        • 批評・論考
          ビヨンドチテン|Beyond Chiten
        • 言葉
          ビヨンドチテン|Beyond Chiten
        • 演技・俳優
          ビヨンドチテン|Beyond Chiten

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          片山杜秀「スポーツは野蛮である」(その3:最終回)〜『スポーツ劇』(2016)特設サイトより

          KAAT神奈川芸術劇場と地点による共同製作作品『スポーツ劇』。その特設サイトにリレー形式で寄せられたエッセイの紹介です。 第2回目からは、初回の三輪眞弘氏のエッセイ「オリンピックに向かう社会」とイェリネク『スポーツ劇』のテキストから触発されたことを、各執筆者の研究分野と結びつけて自由に書いていただきました。 今回は片山杜秀氏の「スポーツは野蛮である」全3回の3回目です。 ※《CHITEN✕KAAT》特設サイトの本稿掲載ページはこちら ◀その2を読む  私は断じて思うのだが

          +2

          悪霊(おに)めに憑かれて 荒野のなかを、 堂々めぐりする羽目か。〜『悪霊』フライヤー

          再生

          マルチリンガル公演について語る〈 小河原康二×沈黙篇 2/3回〉〜台詞の快楽、イェリネクのカタルシス

          あえて日本語を封印し、俳優が母国語以外の言語で台詞を語る〈マルチリンガル公演〉で臨む地点『ノー・ライト』。稽古場で俳優と演出(と制作)がこの試みについて語るシリーズ。小河原康二はなんと終始無言のまま、合唱隊と共に観客からは見えない位置に臥しています。言葉を持たない役から多言語を見つめるのはどういった感覚なのか、全3回の第2回目です。 【公演情報】 地点『ノー・ライト』マルチリンガル上演・日本語字幕付 2022年12月16日(金)〜18日(日) 会場:KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉 作:エルフリーデ・イェリネク 演出:三浦基 音楽監督:三輪眞弘 出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 河野早紀 石田遼祐 伊藤舞 大井卓也 大畑和樹 川端美菜 スガ・オロペサ・チヅル 中原信貴 藤崎優二 幣真千子 堀川理緒 松田清美 米津知実  公演情報はこちら▶http://chiten.org/next/archives/92 チケット販売はこちら▶https://chiten.theshop.jp マルチリンガル公演について▶https://note.com/beyondchiten/m/m999eb0deb0e6

          再生

          マルチリンガル公演について語る〈窪田史恵×ロシア語篇 2/3回〉〜言語とゼロ距離で語る台詞

          あえて日本語を封印し、俳優が母国語以外の言語で台詞を語る〈マルチリンガル公演〉で臨む地点『ノー・ライト』。稽古場で俳優と演出(と制作)がこの試みについて語るシリーズ。ロシア語を担当するのは窪田史恵。全3回でお届けします。今回はその第2回目です。 【公演情報】 地点『ノー・ライト』マルチリンガル上演・日本語字幕付 2022年12月16日(金)〜18日(日) 会場:KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉 作:エルフリーデ・イェリネク 演出:三浦基 音楽監督:三輪眞弘 出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 河野早紀 石田遼祐 伊藤舞 大井卓也 大畑和樹 川端美菜 スガ・オロペサ・チヅル 中原信貴 藤崎優二 幣真千子 堀川理緒 松田清美 米津知実  公演情報はこちら▶http://chiten.org/next/archives/92 チケット販売はこちら▶https://chiten.theshop.jp マルチリンガル公演について▶https://note.com/beyondchiten/m/m999eb0deb0e6

          片山杜秀「スポーツは野蛮である」(その2)〜『スポーツ劇』(2016)特設サイトより

          KAAT神奈川芸術劇場と地点による共同製作作品『スポーツ劇』。その特設サイトにリレー形式で寄せられたエッセイの紹介です。 第2回目からは、初回の三輪眞弘氏のエッセイ「オリンピックに向かう社会」とイェリネク『スポーツ劇』のテキストから触発されたことを、各執筆者の研究分野と結びつけて自由に書いていただきました。 今回は片山杜秀氏の「スポーツは野蛮である」全3回の2回目です。 ※《CHITEN✕KAAT》特設サイトの本稿掲載ページはこちら ◀その1を読む  私がサッカー部の練習

          再生

          マルチリンガル公演について語る〈 小河原康二×沈黙篇 1/3回〉〜『ノー・ライト』の合唱隊と小河原

          あえて日本語を封印し、俳優が母国語以外の言語で台詞を語る〈マルチリンガル公演〉で臨む地点『ノー・ライト』。稽古場で俳優と演出(と制作)がこの試みについて語るシリーズ。小河原康二はなんと終始無言のまま、合唱隊と共に観客からは見えない位置に臥しています。言葉を持たない役から多言語を見つめるのはどういった感覚なのか、全3回の第1回目です。 【公演情報】 地点『ノー・ライト』マルチリンガル上演・日本語字幕付 2022年12月16日(金)〜18日(日) 会場:KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉 作:エルフリーデ・イェリネク 演出:三浦基 音楽監督:三輪眞弘 出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 河野早紀 石田遼祐 伊藤舞 大井卓也 大畑和樹 川端美菜 スガ・オロペサ・チヅル 中原信貴 藤崎優二 幣真千子 堀川理緒 松田清美 米津知実  公演情報はこちら▶http://chiten.org/next/archives/92 チケット販売はこちら▶https://chiten.theshop.jp マルチリンガル公演について▶https://note.com/beyondchiten/m/m999eb0deb0e6

          再生

          マルチリンガル公演について語る〈窪田史恵×ロシア語篇 1/3回〉〜『ノー・ライト』におけるロシア語の異物感と存在感、悲しみ

          あえて日本語を封印し、俳優が母国語以外の言語で台詞を語る〈マルチリンガル公演〉で臨む地点『ノー・ライト』。稽古場で俳優と演出(と制作)がこの試みについて語るシリーズ。ロシア語を担当するのは窪田史恵。全3回でお届けします。今回はその第1回目です。 【公演情報】 地点『ノー・ライト』マルチリンガル上演・日本語字幕付 2022年12月16日(金)〜18日(日) 会場:KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉 作:エルフリーデ・イェリネク 演出:三浦基 音楽監督:三輪眞弘 出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 河野早紀 石田遼祐 伊藤舞 大井卓也 大畑和樹 川端美菜 スガ・オロペサ・チヅル 中原信貴 藤崎優二 幣真千子 堀川理緒 松田清美 米津知実  公演情報はこちら▶http://chiten.org/next/archives/92 チケット販売はこちら▶https://chiten.theshop.jp マルチリンガル公演について▶https://note.com/beyondchiten/m/m999eb0deb0e6

          +2

          山山は山山であって断じて山でも山山山でもない〜『山山』フライヤー

          学生インターン 記事まとめ

          地点では12・2月のイェリネク戯曲連続上演を機に、「公演の運営・プロモーション」を活動目的として学生インターンを募り、9月からオンラインでの定期的なミーティングを重ねてきました。地点も京都での活動を20年近く続けてきて、年々学生との距離が(というより年齢が)遠のいていくことを感じ、デジタルネイティブ・SNSネイティブである彼らがどのように演劇の情報を得、劇場に足を運ぶのか、直接聞いてみたいという下心もあっての募集でした。 が、しかし、「どこに作品を(演劇を)必要としてくれて

          地点『光のない。』感想 赤松歩人

          マルチリンガル公演『ノー・ライト』は、地点の過去公演、エルフリーデ・イェリネクのテキストを舞台化した『光のない。』が原型となっています。今回、学生インターンシップの活動として「『光のない。』の公演映像を観て感想を教えてほしい」という課題が出されましたが、正直に言うと地点のインターンに参加しておきながら、私は『光のない。』を観たいと思いませんでした。東日本大震災をテーマにした作品と聞いていたからです。 私は宮城県仙台市に生まれ、大学進学まで18年間過ごしてきました。東日本大震

          片山杜秀「スポーツは野蛮である」(その1)〜『スポーツ劇』(2016)特設サイトより

          KAAT神奈川芸術劇場と地点による共同製作作品『スポーツ劇』。その特設サイトにリレー形式で寄せられたエッセイの紹介です。 第2回目からは、初回の三輪眞弘氏のエッセイ「オリンピックに向かう社会」とイェリネク『スポーツ劇』のテキストから触発されたことを、各執筆者の研究分野と結びつけて自由に書いていただきました。 今回は片山杜秀氏の「スポーツは野蛮である」全3回の1回目です。 ※《CHITEN✕KAAT》特設サイトの本稿掲載ページはこちら 私は断じて思うのだが、スポーツは野蛮であ

          再生

          マルチリンガル公演について語る〈小林洋平×韓国語篇 4/4回〉〜お願いします、もしかしたら、他の人たちには私たちの音が聞こえるかもしれません

          あえて日本語を封印し、俳優が母国語以外の言語で台詞を語る〈マルチリンガル公演〉で臨む地点『ノー・ライト』。稽古場で俳優と演出(と制作)がこの試みについて語るシリーズ。韓国語を担当するのは小林洋平。全4回でお届けします。今回は最終回です。 【公演情報】 地点『ノー・ライト』マルチリンガル上演・日本語字幕付 2022年12月16日(金)〜18日(日) 会場:KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉 作:エルフリーデ・イェリネク 演出:三浦基 音楽監督:三輪眞弘 出演:安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 田中祐気 河野早紀 石田遼祐 伊藤舞 大井卓也 大畑和樹 川端美菜 スガ・オロペサ・チヅル 中原信貴 藤崎優二 幣真千子 堀川理緒 松田清美 米津知実  公演情報はこちら▶http://chiten.org/next/archives/92 チケット販売はこちら▶https://chiten.theshop.jp マルチリンガル公演について▶https://note.com/beyondchiten/m/m999eb0deb0e6