安冨歩

生きづらさを感じる人が身につけておきたい『生きる技法』。

「何事も、自分でなんとかしないといけない。」
「自分が苦しいのを、誰かに打ち明けることができない。」
「常に、なにものかにならないといけないと思ってしまう。」

このnoteは、そんな方に「ここちよく、生きる」ためのヒントになるような書籍を紹介していきいます。題して「ここちよく、生きる選書」。

第一回目は安冨歩さんの『生きる技法』と『あなたが生きづらいのは自己嫌悪のせいである』の二冊です。この二

もっとみる
私の記事を読んでくださりありがとうございます。
3

れいわ一揆 : 感想

れいわ一揆を見た。

この映画を監督した原一男さんとプロデューサーの島内さんは、れいわ新選組の支持者から叩かれているという。

4時間以上という長い上映後、原監督のトークショーがあり、質疑応答コーナーでどうやられいわ支持者と思われる人から「山本太郎の二面性が観れると聞いていて楽しみにしていたのですが、私には二面性は感じられなかったです」というコメントがあった。何か物申しておこうというニュアンス込み

もっとみる

【ガラクタらじお】原一男監督&島野千尋プロデューサーとの座談会!!

現在、最新回の第19回が好評配信中の「ガラクタらじお」📻
なんと、『れいわ一揆』の原一男監督と島野千尋プロデューサーに、スペシャルゲストでご出演いただいています!

お二人にご出演いただくことになった経緯などは、また改めて記事にすることにして、
今回は、1時間40分に及ぶ配信の内容を、チャプター的にご紹介しようと思います。

原監督と島野プロデューサーの、『れいわ一揆』への想い、編集秘話や撮影秘

もっとみる
Toi toi toi !!
4

ダイジェスト動画で検証する一月万冊の「毒親配信」(ビハイアパワハラ疑惑訴訟⑦)

現在も「一月万冊」レギュラー出演者には、定期的にパワハラ裁判について質問が寄せられている。しかし、説明して理解を求めるのではなく、誹謗中傷と見なして撃退されるようだ。(その時点で「イジメやパワハラなどはなかった」という釈明と矛盾しているように感じる、、、)

いずれにせよ、過去の「一月万冊」には多くの記録が残っている。(パイプ椅子を壊した投稿は削除したようだ、、、)→ 魚拓 http://arch

もっとみる

普通と同質化の日本社会

世の中が大きく変わりそうな今(1)を書き思い出した
“普通“と“同質化“の日本社会を変えるに必要と思われる

○7月29日News Picks WEEKLY OCHIAI
『日本企業のダイバーシティー経営』
重要になりそうなこの番組を今感じている事を纏めて見る。

https://youtu.be/KHoPt-Ixk5c

チベット仏具ティンシャを鳴らし邪気を払う落合陽一氏
第七チャクラ全開の天才

もっとみる
ありがとう😊ございます。嬉しい🦋🐴🌹
9

これから書きたいこと

インプット量とアウトプット量のバランスが悪い。圧倒的にインプットが多い。アウトプット量を増やそう。と思って久しぶりにnoteを開いた。いろいろ書こうと思うことはあるのだが、全然内容がまとまらず30分が経過した。

かっこいい文章、まとまった文章、誰かの心に響く文章を書きたいと欲張ったけど、諦めよう。

ざっくばらんに書きたいことを箇条書きに書き連ねよう。もっと書きたくなったら別ページに書けばいい。

もっとみる

毒親配信や裁判と並行して行われてきた「一月万冊」ビジネスとは?(ビハイアパワハラ疑惑訴訟⑥)

裁判が非公開で進められているため詳しい状況は分からないが、2019年9月28日に社長は動画で「一月万冊」活動の再開を宣言した。

最近はブログを更新せず、千本ノックと称して毎晩Youtubeのみ配信している。アクセス数やチャンネル登録を意識した結果なのか、内容が「コロナ対策、都知事選、安倍首相辞任、、、」と行った時事、政治関連の話題に変わってきた。

パワハラ裁判を知らない視聴者が増えたが、政治家

もっとみる

一月万冊「毒親配信」で起きた事件の背景にあった親との確執(ビハイアパワハラ疑惑訴訟⑤)

一月万冊の「毒親配信」で起きた事件には、丹羽麗子ブログで裏工作が行われたこと以外にも、単なる不幸な事件では済ませられない「背景」があった。

出演者のうち、東京大学の安冨歩教授、社会活動家の今一生氏は、亡くなった女性の親子問題についてアドバイスを送るなど、直接的な関与があった。

安冨教授は、一月万冊に出演する何年も前に、東京大学に「親という名の暴力」の著者をゲストに招いて「戦争体験と虐待の連鎖」

もっとみる

映画「れいわ一揆」

原一男監督ドキュメンタリー映画「れいわ一揆」を観に行った。4時間以上の長い映画だったが、飽きることなく集中して観た。

昨年(2019年)の参院選におけるれいわ新撰組 安冨歩さんの選挙活動を追ったドキュメンタリー映画なのだが、選挙活動だからといって堅苦しい政治の映画では全くなく、とても自由で自然体な人間模様満載のドキュメンタリーだった。安冨さんの選挙活動というものがそもそもユニークで選挙活動という

もっとみる
THANKS🙏🏾✨
7

暴露ブログに流出した「遺言」の信憑性と「一月万冊」関係者の反応(ビハイアパワハラ疑惑訴訟④)

第一回口頭弁論後の記者会見では、マスコミ報道で「想像を絶する嫌がらせ」があり社長が鬱病になった、業績に深刻な影響が出ている、など会社側の「被害」を訴える文書が配布された。この文書は会社のホームページに掲載されている。

一方では、原告の実家に何度もタイヤが送り付けられるなどの被害も出ていた。

双方が嫌がらせの被害を訴えていたが、更に目を疑う事態に発展する。亡くなった女性の友人を名乗る人物が、生前

もっとみる