【お仕事】ミキハウス子育て総研『Happy -Note秋号』

こんにちは。
イラストレーターのM@Rです。

このところ有難いことに忙しく
充実した毎日を過ごさせてもらいました。

今日はいっ時の小休止。
のんびりお仕事のお知らせです。

毎号お世話になっておりますミキハウス子育て総研さん刊行の
『Happy -Note秋号』
今回も「教えて!ドクター」と「ぷち心理学」のページの
イラストを担当させていただきました!

有難うございます。

ミキハウスの店舗

もっとみる

東京荒野 第二十一号

人間には浮力があるから油断をしていると浮き上がってきてしまう。

海に潜って、あるいは沈んで土左衛門になってしまっても、やがてはどこかに浮かんできてしまう。

そういう意味で人間は沈み続けることがむつかしい。

しかし、沈んでいる状態にあると、人はいろんな発見があるものである。

中島らものいう「砂をつかんで立ち上がれ」じゃないけれど、沈んでいるからこそ「掴み得るもの」ってある。

『東京荒野』と

もっとみる

奏楽者を育てていくために―雑誌記事のご紹介

礼拝音楽などに関する雑考も時折掲載していきます。大抵は過去のfacebook投稿の焼き直しとなりますが(^^;;
今回は、ちょうど2年前の投稿を加筆修正してご紹介します。
―――
先日発売された『礼拝と音楽』178号(2018年夏号)(日本キリスト教団出版局(左記リンクが出版局のHPです)発行)。
飯靖子先生(同教団霊南坂教会聖歌隊指揮者・オルガニスト)の「奏楽者を育てていくために」(pp.67-

もっとみる

プール開き ~2020年夏号おしながき~

この記事は、創作サークルなんかつくろう部が発行する季刊マガジン「ナンカウトプット」のイントロダクションにあたるものです。

ナンカウトプットとは

すごくわかりやすく言うと、文芸部の部誌です!
かっこつけて言うと、サークルメンバーのアウトプット機会を作るために、季刊という無理のないスパンで、なおかつ創るものに制約を設けず投稿していただくためのしくみです。

BCCKSからnoteへの移行

以前は

もっとみる

【連載】ちったい、にゅうにゅう

季刊誌『東京荒野』第21号が6月8日に発売になりました。わたしは「ちったい、ちゅうにゅう」という連載をしています。第4回ってことは、連載開始から1年経ったってことです。
 内容は、まるでアサガオの観察日記のような地味すぎる息子観測で、育児あるあるとかは書いてありません。共感(Twitterのミュートワードに登録している)も求めていなくて、子が成長していくことのスケッチを淡々としています。

 3歳

もっとみる
(^^)/読んでくださってありがとう♪
34

季刊誌「コトノネ」リニューアル、私が特に興味深く読んだ記事は「二人で、一人暮らし」

季刊誌「コトノネ」最新号の32号は、これまでの誌面をリニューアル。
巻頭スぺシャルインタビューは、「障害者が、国政をひらく」をテーマに、れいわ新選組の山本太郎さん、木村英子さん、船後靖彦さんのインタビューだった。

ジャーナリストではないコトノネ編集部が、取材にあたって考えたこと、取材中に心の中にあったものも綴りながら、相手に質問をぶつけて得たやりとりがまとめられている。

一般の新聞記事のように

もっとみる
感謝!感激!
1

季刊誌コトノネ30号の読みどころ

仕事の都合で全国各地に出かけるが、毎度、その土地ならではのお土産を一つ、買って帰ろうと思っている。
社内で一緒のチームで仕事をしている同僚に配ることができる、お菓子を選ぶことが多いが、時々、選ぶのに困ることがある。
パッケージは、その土地の観光名所の風景やその土地に縁がある歴史上の人物が描かれているが、中身のお菓子は、別の土地でも似たようなお菓子があったなぁと思うのだ。
真空パックになっていて、日

もっとみる
嬉しいです!

モノクローマー2018秋号【目次】

こちらは、白峰かなと黒河けーこの創作季刊誌です。今回の夏号は、9~11月に制作したコンテンツを中心にアップしていきます。
各単品よりお得な価格に設定していますので、マガジンをどうぞ!

創作作品

◆飲み会帰りの出来事【マガジン表紙イラスト】
◆水彩絵のスキャンの話【スキャンから加工まで】(メイキング・作業工程のような内容です)
◆【コミティア126新刊】四天王は仇をとりたい【サンプル】

オタ女

もっとみる

pixivFANBOXを使ってみた話

白峰です。

タイトル通り、pixivFANBOXを使ってみました。

めちゃくちゃ簡単に説明すると、絵描きで知らない方はいないであろうSNSサイト「Pixiv」の、note版といった感じです。

これまでは(おそらく運営からお声がかかる)選ばれし者だけが使えたpixivFANBOXですが、4月末から一般向けにも解放されました。

こんな雰囲気です。

▼白峰のpixivFANBOX▼

支援金は

もっとみる