子育て世代

そういえば、私は乳がんだった③

38歳で乳がんになった時の話です。今は普通の生活ができていて、乳がんだった事を忘れそうになっているので、noteに記録していこうと思います。当時の記憶を辿りつつ、不定期にてゆるーく更新します。

その夜、夫にどう話したのか、、。きっと悪性である事以外はうまく伝えることができていなかったと思います。

私のつたない説明を聞いて夫は、「もっと早く言ってくれたら、、」と言いました。

「言えなかった。」

もっとみる
嬉しいです✨

教えてほしい、と 自分で決めたい、と これでいいのかな?の狭間で。

自分のためだけに書こう、と思う一方で、やはりどう思われるのかなとかはどうしても気になってしまう訳で。

それでもさすがにしんどくなってきたので、今のこの気持ちを残しておこうと思います。振り返る頃には、もがいてたなぁ〜なんて笑いながら言えるようになっていると信じて。

24歳で結婚・妊娠し、25歳で息子を出産、26歳で仕事に復帰。そして27歳で復帰した仕事場を退職。

目まぐるしい日々だったけれど、

もっとみる

そういえば、私は乳がんだった②

38歳で乳がんになった時の話です。今は普通の生活ができていて、乳がんだった事を忘れそうになっているので、noteに記録していこうと思います。当時の記憶を辿りつつ、不定期にてゆるーく更新します。

検査結果を聞きに行く日、私は友達とランチの約束をしていました。長男の幼稚園の時からのママ友です。小学校が離れてしまったので、会う機会が減っていましたが、久しぶりに3人で集まる予定にしていました。

ランチ

もっとみる
ありがとうございます!
10

在宅勤務から見えてきたメリット・デメリット

結論:働き方選択の自由のために、会社側のメリットを提示すべき

昨今の社会的情勢を受け、私の勤務する会社でも在宅勤務(リモートワーク)の導入が推進されました。週に2日出勤、3日在宅という勤務形態で仕事をしています(エンジニアという仕事柄、100%出社なしとはいきませんでした)。実際に在宅勤務をして感じた会社と社員にとってのメリット・デメリットをまとめてみました。

その中で、在宅勤務という選択肢を

もっとみる
閲覧ありがとうございました!またよろしくお願いします!
4

子育て世代夫婦が、生命保険見直しをして楽天生命保険に惹かれる件。

こんにちは!優です( ´ ▽ ` )

今月中に楽天モバイルを契約し、昨日に無事楽天ヒカリの申し込みを終えました!

じわりじわりと楽天生活圏へ突入しています。

初めは、楽天生活圏に移行することに少しは不安があったのですが
(楽天モバイルの行政指導とか色々あるし、開通不安定の話もあったりするしね)

とりあえずトライしてみて、何かあれば変えようかな。
と、そんな考えでいくことにしました!

何も

もっとみる
わたしも好きです💕✨
6

羽曳野太郎宅周辺状況

みなさん、こんばんは。
今日も羽曳野太郎の記事に来て頂きありがとうございます。
よければスキやコメントよろしくお願いします。

先日の記事でも書いたのですが羽曳野太郎は一戸建てに住んでおります。古家があった場所を解体した土地を購入して建てたので家の周辺は古い家も多いです。ただ羽曳野太郎の家を含めて建て替わってきてはいます。そんな中、羽曳野太郎宅周辺は売り家が多くなってきました。売り家といっても購入

もっとみる
ありがとうございます!また読んでくださいね!
1

そういえば、私は乳がんだった①

38歳で乳がんになった時の話です。今は普通の生活ができていて、乳がんだった事を忘れそうになっているので、noteに記録していこうと思います。当時の記憶を辿りつつ、不定期にてゆるーく更新します。

私は38歳の時に乳がんの手術をしました。

その1年前、左胸の中にぶよぶよした塊があるのに気付きましたが、母乳の名残がまだ残っているのかなと思い、それほど気にしてはいませんでした。しかし、それが少しづつ大

もっとみる
嬉しいです✨
4

◯◯の不便を解消するはネタになる

メディアがよくあつかうものに、
「◯◯の不便を解消する」というものがあります。

わたしが扱ってきた中継の中で
『子育て世代の不便』を解消する
画期的だった例があります。

今ではあたりまえにあることかもしれませんが、
放送当時は斬新でした。

それは美容室です。

乳幼児の母親は
自分のことまで手が回らず
なかなか髪を切りにも行けないという方が
多いと思います。

そんな母親実感のニーズに応えた

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。よろしければシェアお願いいたします。
2

男性育休を語ろう・考えよう

アラサー・アラフォー時期を心身健やかに生き生きと過ごしていきたい、という欲張り3人組が始めたポッドキャスト番組の12回目。

「世界トップ」の男性育休制度を持ちながら、その取得率は「世界ワースト」...。日本社会で男性育休が広がらないハードル、海外との比較、はたまた、第1子目の父親の育児参加度がその後の出生率に与える影響など、今回は長女さおりがピックした、こちらのテーマについて話しました。

1.

もっとみる
ありがとうございます!
6

「子供のいない人生、もたない人生」をアップデートする

アラサー・アラフォー時期を心身健やかに生き生きと過ごしていきたい、という欲張り3人組が始めたポッドキャスト番組シーズン2の初回となる第11話。

「産む理由は問われないのに、産まないとあれこれ言われる」ー。背景にどんな事情や思いがあろうと、生きづらさを抱えてしまうこの世の中。自分とは違う選択、自分の生きなかった人生について、私たちは、どれくらい想像力を働かせられているでしょうか。今回は次女ともこが

もっとみる
ありがとうございます!
6