脚本を書くのに、脚本家を名乗らない理由【大根仁 9月号 連載】

オレは自分が作るドラマや映画の脚本を自分で書くが、自分のことを“脚本家”だとは思っていないし、プロフィールの肩書きに“脚本家”と記すことはない。オレの中での脚本家とは、オリジナル作品を書ける人のことであり、原作ありきの作品が多い自分が脚本家を名乗るなど、おこがましいからだ。

ちなみにドラマ演出家とも映画監督とも、自分から名乗ることはない。ミュージックビデオやCMを撮ったり、またこうやって駄文を書

もっとみる
大吉!!!
16

【感想】打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

どうも大妖精です。
なんか初地上波放送だとか。
Twitterの反応が気になったのでぼんやり書いてみる

Twitterの言葉

とりあえずTwitterで脚本や演出や声優などにメジャーな人を持ってきて滑った作品のような扱いを受けてて驚いたんだけどこの作品の評価ってどんな感じなんだろうか?と気になりました。

リプを見ててもあまり作品の擁護コメントがなくて、「君の名はの二番煎じではない」とか「それ

もっとみる
サンクスです!君に幸あれ!フォローもぜひぜひお願いします
1

どうなる? 映画館 どうなる? 映画業界 【大根仁 8月号 連載】

新型コロナウィルスの影響で映画館や劇場、ホールなどの集客を主な収入源とするエンタテイメントが大打撃を受けていることなど、今さらオレが論じる必要は無いが、それらの場所がクローズしていたり、客席間隔が空いていたりするのは寂しい。久しぶりに映画館で観たのはウディ・アレン監督の新作……と言えるのかどうかわからないが、#MeToo問題で本国アメリカでは公開中止となってしまった『レイニーデイ・イン・ニューヨー

もっとみる
٩(ˊᗜˋ*)و
12

夜明けの僕の叫び<BEAT>

遂に8月。夏到来という感じでございますね。更新が遅れてすみません。忙しかったわけでもないのですが。。。今回はこのnote自粛中(ただのサボり)に感じたことでも綴ろうかなと思っています。

一番はドラマ『モテキ』に出会えたこと。映画版は見たことがあったのですがドラマ版は初めてで。映画版も好きなんですけどあれは長澤まさみの映画ですね。森山未来の泥くささがない。ドラマ版の方が心に刺さる。舞台も我が町、世

もっとみる

(映画レビュー)SUNNY強い気持ち・強い愛

※この記事を見てのサポートはご遠慮願います。
収益を目的とした記事では御座いません。
映画を文字で楽しくしてみたいだけで御座います。

~冒頭~

こんにちは。
2020年3月から白血病の治療をしております。
病院で暇なので、映画を観ます。
今日は同級生ががんになったことをきっかけに高校時代の仲良しグループを探す話し。
邦画で御座います。
「SUNNY強い気持ち。強い愛」を病人目線でレビューします

もっとみる
┗┏┗┏┗┏┗┏(‘o’)┓┛┓┛┓┛アリガトウホウホ
18

映るものすべてがずーっと怖い『呪怨:呪いの家』【大根仁 7月号 連載】

オレは興行成績で映画を語るのは好きではないが、1998年に公開された『踊る大捜査線THE MOVIE』は、80〜90年代の邦画どん底時代と、洋高邦低だった日本の映画興行をひっくり返すキッカケとなったエポックな作品だと思っている。

『踊る〜』の成功は、テレビドラマの人気がベースにあったことは言うまでもないが、その頃の邦画にほとんどなかった“デートムービー”として使えたことも大きい。実際、『踊る〜』

もっとみる
スキありがとうございます!
14

【映画】SUNNY 強い気持ち・強い愛

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を観た。余命1ヶ月となった40代ほどの女性が、もう疎遠となった高校時代の仲良しグループのメンバーを探し求める物語。高校時代はリーダーキャラや田舎者キャラというキャラの違いはあれど、みんな同じ高校に通うという点ではフラットな関係性である。しかし、歳を重ねるにつれてそれぞれの階級はばらばらになってしまう。セレブな生活を送る者、結婚後に娘と一見幸せな暮らしを送る者、

もっとみる

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」見た感想など

どうもこんばんは。なぜかこのタイミングで「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見たので、その感想などを。

なぜこのタイミングなのか?

たまたまTLで「ふぁぼられた数だけすきなアーティストを紹介する」みたいなのをやっている人がいて、その中の一人にDAOKOが挙げられてた。で、自分は「打上花火」しか知らなかったからそこから連想して作品を見てみたくなった。
この曲は2017年に公開されたア

もっとみる

金八第2シリーズ「卒業式前の暴力」を観直したら…【6月号 大根仁 連載】

自粛以降、パソコンに向かう時間が多くなり、いつにも増して映画やドラマや見逃していたテレビ番組を観ているが、ではここでオレがそれらをレコメンドしたところで、このネット上には既にその作品に対する感想・紹介・レビューが溢れている。そりゃオレだって『愛の不時着』『タイガーキング』『イントゥ・ザ・ナイト』『テラスハウス』『レポーター・ガール』『ビースティ・ボーイズ・ストーリー』『M 愛すべき人がいて』その他

もっとみる
大吉!!!
16