古い写真

独りじゃないよと伝えたい

早いもので今年も1ヶ月が終わろうとしています。
世の中で起きていることが別世界のことのように、今日は穏やかな良いお天気で
特別なことは何もない、普通の日曜日を過ごしています。

あっという間の年末年始だったな、と思いながら、去年の終わり頃にあった、娘とのやりとりが蘇ってきました。

社会人になって丸4年になる娘は、勝気で努力家。
自分に厳しいけど他人にも厳しい、その割には人見知り。
ノリと楽しさが

もっとみる

夏少女(19)

 彼の記憶では、前にこの箱を開けたのは東京の事務所を立ち上げた頃だから、かれこれ二十年以上は開けていないはずである。何が入っているか分かってはいても、妙にドキドキする。仙太郎はもう一口バーボンを含むと、薄汚れたダンボールの蓋を開けた。
 中から埃と共に十冊ほどのアルバムと、それらに収まりきらないスナップが幾つかの紙袋に入って出てきた。彼がアルバムの中の一冊を手に取ると、幼い字で撮影した年月が書いて

もっとみる
God bless you!!

2020年12月 福生、横田基地界隈 PHOTO SESSION CRP  432PAGE

FUSSA TOKYO JAPAN DEC.2020 BY 13PHOTOGRAPHERS

2020年のクリスマスの翌日13名があつまり、FUSSAを撮影した。
ひとり30点、432Pの大作。同じように歩いていて、同じようなものを撮ったり、全然違うものを見てたり、かなりできのいい写真集になったと思う。
なので、僕が撮った1967年から1975年の間に撮った、モノクロの米軍ハウスあたりの写真も巻末

もっとみる
スキが好き!  好き?
2

   八十年前の自分に会う  

 古びた茶封筒の中から何枚かの古い写真がこぼれ落ちてきました。
生後4−5ヶ月から3、4歳までの私の写真でした
写真館で撮った何枚かと父が撮った大きさ3×4㎝ほどの写真が20枚ほどでした。
前はアルバムに貼られたものだろうか、剥がした黒い紙が残っていた私一人の写真である。
思いがけなく八十年以上前の自分に出会った。

 おすまし顔の私、踊ってる私、仔犬と私、ブランコの私、あまりにも昔で、あの頃はと

もっとみる
読んでいただいてありがとう。
12

愛の話。

今日はとっても素敵な出会いがありました♪
その名も〝愛〟さん。
とっても宇宙意識の高い方。
すぐに意気投合して話が弾みました☺️

最近、気づいたら私の周りにはそんなスピリチュアルな話が普通に出来る方ばかりになってきているような気がします✨

夕方、あまりに空が澄んでいて美しかったので、ベランダからぼーっと眺めました。
遠く阿蘇方面の空の色がほんのり淡いピンク。
今日出会った愛さんの色だ、と思いま

もっとみる
きゃっ♪ 嬉しい~!
10

おさらいの時代 その3 パリの思い出

 子供のころからフランスという国にあこがれるようになったのは、八歳年上の姉が通う聖母女学院のバザーで買ってもらった、真っ白な軸の鉛筆のせいだったかもしれない。

 僕はその時まだ小学校に上がる前の5歳くらいだったが、今も鮮明に記憶に残っている。

 日本の鉛筆といえばたいていは暗緑色や臙脂色が多くて、どちらかといえば大人っぽく、いかにも実用品という感じだったが、そのフランスの真っ白な鉛筆は、夢の国

もっとみる
スキありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
23
ありがとうございます!
3

おさらいの時代 その2

 最初の海外への旅には、年上の友人の河合さんに借りた、NIKON Fフォトミックというカメラを持って出かけた。大きく重いカメラだったが、さすがに日本の高度な技術が込められたカメラで、インドの街頭や、ポルトガルの春の祭りや、ナザレの風景などを、よく写し取ってくれたものだった。

 その時代の写真を探しているのだが、どこかにしまい込んであるのかまだ発見できずにいるが,追い追いそれも見つけることができる

もっとみる
スキありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
27

おさらいの時代

 奇妙なウイルスの蔓延で世界が大混乱に陥り、2020年という年は僕にとっても何かが変わる変革の時代の始まりを余儀なくされる年になった。

 毎年出かけていたスイスの時計フェアへの取材旅行も、フェアの中止によって実現せず、したがってその取材をテーマにした、雑誌などへの寄稿や、時計を語るイヴェントなどもすべて休止となった。

 幸いなことに2020年の1月にはアメリカに暮らす息子家族に会いに出かけ、孫

もっとみる
スキありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
27

100字物語「少年のさがしもの」第5話

少年はフレームを探していた。セピアに退色したモノクロームの写真。トタン屋根の工場の前でポーズをとる青年たち。肩を組んでいるのは、たぶん祖父だ。屋根の上で猫があくびをする。アルバムを閉じて、窓をあけた。

(to be continued)

毎回、ぴったり100字で1枚のフォトジェニックなショート・ショート風ストーリーを連載。100話完結をめざし、物語をつなげていきます。テーマは、少年のさがしもの

もっとみる
ありがとう♡ これからも、よろしくの花束を。
6