古い写真展

2011 4.17 大阪 / 9年前の大阪の写真。



9年前の写真だけども、撮った時のことけっこう覚えてれるものんだな。

なんか久しぶりにコンデジの写真が面白くなってきた。

あちこちレンズを向けてるなぁ。

デジタルで撮ることに慣れてきて、なんでも撮ろうっておもってたなぁ。

ほんま人付き合いもせず、時には仕事を辞めてまでも写真を撮ってきたけども、なんなんだろうな。

さて、お家に帰ろうかな。

帰ってうどんでもすするわ。

もっとみる

cinema, local, emotional 060

今日は多度町内の「Fマート」さんに多度の古い写真を貼らせてもらいに行ってきました。

今年の頭に「多度ふるさと塾」を立ち上げ、写真を募集し、300枚以上が集まり、写真展を開き、文化祭に参加し、公民館と町に一軒のスーパーに常設させていただくところまで持ってきた。来年もたゆまずやっていきます。

しかし、金にならないことばかりやってるなー俺。
40代は、きっちり金になることもやっていくど。それを、金

もっとみる

cinema, local, emotional 034

今朝起きると、この状態でした。

なんなんだオマエは…。

それから公民館用にキャプションを作って、貼りに行ってね(イッコ前の記事参照)。

映画監督として一層活躍することができれば、こちらの活動にも説得力が出てくるんだろうなと思いました。ぼ、ボカァやるよ!まあ、見ていてください。

今晩はレイトショーで『アイリッシュマン』観る予定です。209分…なげーよ。

もっとみる

cinema, local, emotional 033

昨日は松阪市に映画を観に行った。『暁の脱走』と『嵐を呼ぶ男』の二本立て、35ミリフィルムでの上映だ。

『暁…』は、ラストの副官のひたすら醜悪なアップが印象的(しかもカットバックで何度も)。ラストがあんな感じなのは、やはり実際の戦争、戦場とはあんなものだ、ということが込められているのかな。でも、夢の中で二人は結ばれているだろう。

『嵐を…』は、単純に娯楽映画として楽しんだが、裕次郎の役の設定がか

もっとみる

cinema, local, emotional 030

多度ふるさと塾に関するご報告。

今年の7月に三日間、多度(三重県桑名市多度町)の古い写真展を開催し、11月には二日間、多度文化祭で展示させていただいた。

春に多度の古い写真を広く募集したところ、中日新聞さんが記事にしてくれたこともあり、300枚以上の写真が集まった。

今後も毎年、「夏の写真展」と「秋の文化祭での展示」は続けていく予定だが、それ以外の時期に寝かせておくのは勿体ないな、と考え各所

もっとみる

cinema, local, emotional 014

三重県に来た目的の一つが、こちらに参加することである。

僕は「多度ふるさと塾」というチームの世話人をやっていて、今夏、多度の古い写真展を多度町で開催している。その際、新聞などを通じて多度の古い写真を募集したら、寄贈いただいたり、お借りしてスキャンさせていただいたりして、数百枚が集まった。

せっかくなら文化祭でも展示してみないか?と多度公民館の館長さんにお声がけいただき、参加させていただくことに

もっとみる

【お知らせ】写真展が無事に終わりました。



数の問題ではないと自認しつつ、三日間で、およそ100名の皆様にご来場いただきました。「押すな押すなの大盛況」というのではありませんでしたが、お客が途切れることはなく、お一組お一組、しっかり観ていっていただける、という状況で、良かったと思っています。
別々に来た方々が、多度の町や、けんじ先生の思い出で意気投合する、といった光景も随所に見られ、嬉しく思いました。

数ヶ月間の呼びかけで、300

もっとみる