反面調査

個人の税務調査後の感想で多いのは「一人では無理だった」か「思ったほどではなかった」。「もっと早く相談すれば」も

個人の税務調査後の感想で多いのは「一人では無理だった」か「思ったほどではなかった」。「もっと早く相談すれば」も

税務調査の立ち会いをしていると様々な感想を聞くことができます。 終わった後に多いのは「一人では無理だった」と「思ったほどではなかった」です。 税務調査の感想税務調査の立ち会いをさせていただくと調査の感想を聞くことができます。 多いのは「一人では無理だった」です。 ・自分一人だけだったらとてもじゃないが対応できない ・毅然とした態度をとることができない ・自然な受け答えも無理 ・やってもいないことを認められそうになる などがあります。 どれも最後には「一人では無理だっ

何か事情があって無申告だったときは税務調査で考慮してもらえるか?ちゃんと理由を説明し相談する

何か事情があって無申告だったときは税務調査で考慮してもらえるか?ちゃんと理由を説明し相談する

確定申告する義務があるのに申告していないと無申告となります。 無申告で税務調査があると非常に厳しい対応をされます。 何か事情があって無申告となっている場合もありますが、税務調査では考慮してもらえないこともあります。 無申告の理由があるなら相談したり、しっかりと説明できるようにしましょう。 無申告だと税務調査が行われる可能性が高くなります。 無申告の理由無申告となっている理由は様々です。 ・税金を払いたくないから申告しない ・本当に申告しないといけないことを知らなかっ

1
【税務調査】間違えた理由で無知だったは通用しない。無知で売上金額を間違えることはない

【税務調査】間違えた理由で無知だったは通用しない。無知で売上金額を間違えることはない

税務調査の立ち会いをしていてよく聞かれる言葉が「無知だった」です。 「知らなかった」 「無知だった」 とよく聞きます。 税務調査は無知だったは通用しません。 無知で多額の売上げを間違える?税務調査の立ち会いをしているとよく「無知だった」と聞きます。 知らなかったから間違えた、というのです。 確かに税金の計算は複雑です。 知識のない人が確定申告書を間違えずに作るのは大変です。 間違いやミスがあるのは仕方ありません。 税理士であっても間違えずに作成するのは大変ですから。

1
支払調書で確定申告していると税務調査で間違いを指摘されることもある

支払調書で確定申告していると税務調査で間違いを指摘されることもある

税務調査の立ち会いをしていると見かけるのが支払調書の金額をそのまま確定申告していることです。 支払調書は間違いもありますし、必須ではありません。 支払調書が送られてくるのは義務ではない毎年1月や2月に支払調書が送られてくる人もいるでしょう。 なかには支払調書が届いてから確定申告をしているという人もいます。 ですが、支払調書を本人に送るのは義務ではありません。 支払側は一定の金額などを超えた場合は税務署に支払調書を提出する必要があります。 ですが、本人に渡す義務はありま

1
個人の税務調査はどれくらい時間がかかる?一日では終わらない

個人の税務調査はどれくらい時間がかかる?一日では終わらない

個人の税務調査は一日では終わりません。 だいたい一か月から一か月半くらいかかるのが普通です。 長いと一年以上かかったこともあります。 税務調査は一日では終わらない個人の税務調査は一日では終わりません。 調査官と会って話をしてその日のうちに結果がでるわけではないのです。 だいたいが一か月から一か月半くらいはかかります。 一日で終わることはほぼありません。 調査官は調査したことを上司に報告します。その上司が調査を継続するか終わらせるかの判断をしているので調査官が自分で決断

1
税務調査で反面調査をさけるためには

税務調査で反面調査をさけるためには

税務調査の連絡があったときに心配されるのが取引先を調べられるのかどうか。 つまり、反面調査をされるのか?ということです。 取引先を調べられると今後の取引に影響することもあるのでできれば避けたいものです。 資料を完全にそろえておくことが反面調査を防ぐことにつながります。 反面調査とは反面調査というのは、取引先を調べることをいいます。 相手を調べればこちらのことがわかるからです。 簡単にいえば、こちらが経費であれば相手先は売上げです。 相手が100万円の売上げならこちらは

個人事業者の税務調査で最悪なケースは?

個人事業者の税務調査で最悪なケースは?

個人事業者にも税務調査はあります。 税務調査で最悪なケースを書いてみます。 細かいことを書いているととても長くなってしまうので簡潔に三つだけ書きます。 重加算税・調査期間7年間・反面調査最悪なケースとして考えられるのは、 ・重加算税 ・調査期間7年間 ・反面調査 です。 まず考えられるのは重加算税です。 重加算税重加算税は仮装・隠ぺいといった脱税のような行為があった場合に課せられるものです。 非常に負担が重いですので、税務調査があった場合には重加算税が課せられない

1
税務調査でウソをついたらどうなるのか?

税務調査でウソをついたらどうなるのか?

税務調査を受けていると、調査官が「敵」のように思えてきて、質問されたことに対して本当のことを言えず、嘘をついてしまう方もいるようです。 さて、税務調査でウソなどつかない方がいいわけですが、ウソをついてしまった場合、どうなってしまうのでしょうか? 考えられるのは、3つのケースです。 ■罰則規定がある税務調査を受けた方が嘘をついた場合などは、下記のように法律で「罰則」の規定が定められています。 国税通則法第127条                             

4
税務調査の対応で「絶対に」守るべきこと

税務調査の対応で「絶対に」守るべきこと

税務調査の対応で絶対に知っておくべきなのは、調査官の指摘に対して納得していないのであれば、修正申告書を提出しないことです。 当たり前のようなことですが、これがなかなか実行されないケースが多いのです。 税務調査で誤りが見つかり、会社として「確かに間違っているよな」と思うのであれば、修正申告を提出すればいいのです。 実際に間違っているのですから、間違いは間違いで認めればいいというわけです。 しかし、調査官の指摘に対して、「これは間違っているのではない!」「それは見解の相違

4
反面調査に関する国税内の規定にはこう書いてます

反面調査に関する国税内の規定にはこう書いてます

「反面調査って何ですか?」で解説しましたが、反面調査はどんな場合でも実施されるものではなく、あくまでも「必要があるとき」に行われるものです。 一方で、現実の税務調査においては、誠に残念ながら、反面調査というのは納税者の事前の了承などを得ず、税務署が勝手に実施するケースが多くあります。 目次 ■. 反面調査に関する「規則」 ■反面調査に関する「規則」 当然といえば当然なのことなのかもしれませんが、税務署が反面調査をおこなうことで、納税者からのクレームが多数あることも事実

6