9月13日のタイムはnoteとのご縁を感謝する🙏🏻

9月13日のタイムはnoteとのご縁を感謝する🙏🏻

昨日、ほぼ日の學校という動画サイトで加藤貞顕さん(note株式会社 代表取締役CEO)のお話を見た。タイトルは 「もしドラ」本のあと、こんどは「note」という場がヒット。 #ほぼ日の學校 https://app.school.1101.com/GxzCRWSZPHVHJkR7A 私もnoteを毎日使っているので、とても興味深く拝見させてもらった。noteの裏話や思いを聞いて、とても有意義な時間。その中で私がビックリしたのは 投稿される記事の数は月に80万〜100万月に

スキ
24
創作活動と雑談に支えられて、生きていこう。(2021年8月30日(月))

創作活動と雑談に支えられて、生きていこう。(2021年8月30日(月))

アプリでいろいろな方のお話を見聞きすることができる、 #ほぼ日の學校 。私が昨日見たのは、 #加藤貞顕 さんの回でした。 加藤さんは、 「出すものを全部ヒットさせなきゃいけないというのは、マスコミュニケーションをしてる時の限定的な話なんじゃないか」 「特別な人がマスに対してする創作は、これまでの時代の限定的なものであり、創作というのはインターネットでみんなに開かれたことによって、そんなにヒットさせなくてもよくなるんじゃないですか」 とおっしゃっていて、ヒットがないとみん

スキ
4
【掲載情報】Voice8月号でCEO・加藤のインタビューが掲載されます

【掲載情報】Voice8月号でCEO・加藤のインタビューが掲載されます

ネット空間に「住所」を提供する Voice(2021年8月号) に、CEO・加藤のインタビューが掲載されます。(2021年7月9日発売) noteが生まれた背景、その成長を支えるグロースモデル、創作をみんながやることの意味、noteをつうじてどんな社会をめざしているのか…読みごたえたっぷりです。 ぜひお手にとって、ご覧ください! ウェブ版にて連載中の記事も、あわせてお読みください。

スキ
12
【掲載情報】日経ビジネスの『若手経営者が明かす、30代までに学ぶ「ビジネスの流儀」』にCEO・加藤が登場しました

【掲載情報】日経ビジネスの『若手経営者が明かす、30代までに学ぶ「ビジネスの流儀」』にCEO・加藤が登場しました

「仕事を通じて『欲しい未来』を作る」 “もしドラ”の略称で、280万部を記録した大ベストセラーになった『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海著)。書籍の編集を担当して社会現象を巻き起こした加藤貞顕氏は今、note(東京・港)というスタートアップを率いている。お笑い芸人や川崎フロンターレ、作家の吉本ばななさん――。あらゆる人が自己表現できるように、と2014年に始めた投稿プラットフォームは会員登録者数が約380万人に達した。なぜヒ

スキ
19
新規事業のセオリー_0.3 新規事業とDX

新規事業のセオリー_0.3 新規事業とDX

「新規事業を創ること」はとても難しいことであり、とてもとても楽しいことです。このnoteが「新規事業を創る楽しさを皆さんと共有できる場」になることを期待しています。 フェーズ0 : 定義と目的 3. 新規事業とDX (1)デジタル技術で顧客価値を上げる前職で社長を務めた企業はデジタルサイネージ・サービスがメインサービスでした。デジタルサイネージは日本語で電子看板と表現されます。当時のことをお話ししますと、私が入社した2007年はブラウン管テレビから薄型テレビ(プラズマテレ

スキ
48
note 加藤貞顕さん

note 加藤貞顕さん

今。 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら 著者 岩崎夏海  この本を読んでいます。 note を手がけたみなさんがどんな方かな。と見ていたら この本の編集担当をされていたのが 加藤貞顕さんということにびっくり。 ますます気になる note 📔

スキ
6
アップデートを続けよう!

アップデートを続けよう!

懐かしいですね、このジャケット。リリースは30年以上前かあ。 10年という言葉で真っ先に連想されるのはこの曲です。世代ですね。 さて、ちょうど10年前の今日、2011年3月7日に収録した音声コンテンツがあります。 投資信託事情の島田知保さんとお話しさせていただきました。 2010年6月に島田さん、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さんと始めた試み「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」。そのイベントが10回目を終えた後でした。 当時のブログを振り返ると、46

スキ
8
価値観を共有できる「身内」を世界の裏側まで広げていく。#BASEとnote 代表対談

価値観を共有できる「身内」を世界の裏側まで広げていく。#BASEとnote 代表対談

2021年1月、noteとBASEは資本業務提携を結びました。その背景にはどんな想いがあるのか。「ファンを巻き込むブランドづくり」をテーマに開催した配信イベントにて、BASE代表取締役CEOの鶴岡裕太さんとnote CEOの加藤貞顕が語り合いました。モデレーターは、小売りや店舗を軸にしたコミュニティ運営も行うnoteプロデューサーの最所あさみが務めました。 クリエイターの創作活動をもっと応援するための提携 ーまず、今回の業務提携の背景についてお伺いします。それぞれが自前で

スキ
59
エッセイ68 ヤッター! noteセレブに褒められた!

エッセイ68 ヤッター! noteセレブに褒められた!

3ついいことがあった。noteセレブに褒められた。最後に山のようにリンクを貼っておきます。 1番め、 私の『超純水みたいに』がnoteの「#小説 記事まとめ」マガジンに収録された。それは少し前の話なんだけど、あれからこの小説のビューがコンスタントに増えて、現在12,017になっている。ほとんど毎日数字が増えている。 この選考委員にはnoteと cakesを運営する会社の代表、加藤貞顕氏もいらっしゃるから、ここに作品が入ったら、noteで小説家として認められたということ。

スキ
67
【数学の答え】
答えは48です。これになるには?この答えになる方法は色々な計算式で求めていく事が出来る。数式を色々考える。足し算、引き算、掛け算、割り算、小数点使ってもいい。カッコを使う方法もある。ある時、気づく。今年の丑年の人の年齢だ。noteの代表取締役CEOは今年48歳だ。

【数学の答え】 答えは48です。これになるには?この答えになる方法は色々な計算式で求めていく事が出来る。数式を色々考える。足し算、引き算、掛け算、割り算、小数点使ってもいい。カッコを使う方法もある。ある時、気づく。今年の丑年の人の年齢だ。noteの代表取締役CEOは今年48歳だ。

スキ
4