伝わり方

伝わり方は自分次第

「こうやったらうまくいくよ」
「こうやりなさい」
「分からない事があればいつでも聞いてね」

この言い方、僕はあまり好きじゃない。

「僕はこうやったらうまくいったよ」
「多くの人はこうやっているから
オススメはこのやり方」
「僕が最初の頃、○○の△△の部分が
分からなかったなぁ」

などと僕は声をかけるようにしている。
別に上が不正解で下が正解とか
そんなわけではない。

だが、しかし、「伝えた

もっとみる

私という人物

Shinです。(^^)/

おはようございます。こんにちは! こんばんわー(*´▽`*)

と言う事で、今回は僕の説明書を作ってみようかと思います。

興味ないですよね…

気になる方だけでOKです。(ガラスのメンタルです…(T_T))

ザクっと自己紹介

名前 Shin

年齢 アラサー 

性別 男

会社でリーマンしています。ただ、これがblogやnoteを始めるきっかけになりました。僕は

もっとみる
スキありがとうございます🎵
22

「あんた」という呼称

あなたは誰かに「あんた」と呼ばれたらどんな反応をするだろうか? 失礼だなと思うだろうか? それともそれほど気にならなかったりするのだろうか?

わたしは後者だ。これは自分を「あたし」と発音することと同じ意味合いで、特に他意はないし、むしろ日常会話だ

家族や仲のいい友人との会話で出てくる「あんた」は、方言なのだと思う
だから、普段話しをする時、特にメールで使用する「あんた」は多少気にする。いや、む

もっとみる
未熟ではありますが今後ともよろしくお願いいたします
26

#243 言葉の威力をどこまで想像できていますか…?

言葉は人を救いもするし、傷つけもする。

自分への戒めも込めて、言葉の威力を自覚していない人が多いように感じる。

思った以上に言葉には感情が乗るし、それごと伝わってしまう。いい意味でも、悪い意味でも。

自分のこの言葉は、誰に見てもらっているのか、見たときにどんな気分になるだろう。

そんなことを考えながら紡げているだろうか。

軽率に放った言葉は二度と戻ってこないし、尾ひれもついて世界を飛び回

もっとみる
感謝感激です!
15

言葉の伝わり方は違うもの

いつもスキをくれるはなこさん。

この記事は少し前の記事なのですが

心に引っかかっていた記事なの。

誰かが困っている時にかける声。

『大丈夫?』よりも

『お手伝い出来ることはありませんか?』とかけることが

相手と向き合おうという姿勢に繋がるのね。

相手も気持ちがいいのね。

これって本当に人が対等であるということなのだ、と感じたわ。

私ね、ずっと『大丈夫?』って言われるのがすごく嫌だ

もっとみる
スキ、嬉しいです(´;ω;`)♡
24

心に刺さる言葉探し

こんにちは守屋です。

言葉はおもしろい。大人になればなるほど言葉の魅力を知る機会が多くなっています。

サッカー一つとっても、表現の仕方は異なります。何かに例えることが良いかどうかではなく、いかに伝える人たちに分かりやすく、また刺さる言葉として届けられるかを意識しているからでしょう。

アルゼンチンでは「ボールが移動している間(誰も触れていない間)」のことを、「Viajar(旅をする)」という動

もっとみる
朝食はしっかり食べる派です。
16

人に伝える前に、自分に伝えるべきこと

こんにちは、守屋です。

指導する立場の人間。自分も含めて、自分の知識・経験披露会とならないように相手に"伝える"ではなく、"伝わる"を意識することは重要です。

以前にもお伝えしましたが、子どものサッカーを教えている指導者の中には、過去の実績の切り崩しで指導する方もいます。そこには

・「なんでお前らはこんなこともできないんだ?」
・「自分たちで考えろ。すぐに聞くな。」
・「言われたこともできな

もっとみる
何か、感じるものありましたか?
9

保育と新人研修はイコール

わたしは元保育園勤務の保育士。

お店のレジでレジ打ちをしていたことがある。
そんな時ふと思ったことがある。

保育と新人研修はイコール、同じだなということ。
ではどこが同じなのか

はじめてその日その仕事をする方は年齢やこれまでどんなキャリア・人生を歩んできたかもあるが、「レジ打ち」という分野は初めてだったりする。
どんな分野も、じぶんはそれまでやったことのない事は全て新人。
保育も、赤ちゃんか

もっとみる
ありがとうございます🌔
7

#70 独りよがりな願望と、意志とともにある祈り

「どうしてもやって欲しいんだよね!」



「あなたなら、そうしてくれると思っているよ。できると信じているから。」

伝わり方がどんな風に違いますか?

前者は時と場合にはよるものの、「そんなの、あなたのエゴじゃないか。」そう思うこともあるんじゃないかな。少なくとも、僕はそう感じる時がある。

一方で、後者には期待が込められている。「きっとそうなるし、あなたなら実現できる!」そんな祈りを感じる。

もっとみる
わーい!ありがとうございます!
1

型を大切に

昨年から、文章を書くことのお勉強をさせてもらっていて、今も継続中だ。

もともと文章を書くということに興味があって、上手くなったら良いなと思っていて、そこでたまたま勉強できるという場所を見つけて、通うことになった。
書くということに興味はあったのだけれど、基本的なことって実は何も知らないや、と思ったので勉強できる機会をもらえたのはすごく良かった。

それから、色々なところで目にする文章、ネットの記

もっとみる
これから、どんな楽しいことがあるかな?
4