人気の記事一覧

介護の未来はどうなる。質の向上、人材不足、そして介護のお金 介護給付費分科会、介護保険部会から

「介護保険制度に対する国民の理解を高めていかないと、改革はなかなか進まない…」

介護職員処遇改善加算が一本化「介護職員等処遇改善加算」について

令和6年度介護報酬改定に関する審議報告(案)📝

介護現場のICT活用「合理化した分、人を減らせばさらに現場は『ゆとり』がなくなる」

有料
100

次期介護報酬のプラス改定「実際に現場の声を聞いて、実態調査する必要があるのでは…」

有料
100

特養における令和6年度 介護報酬改定抜粋~審議会報告まとめより~

有料
500〜
割引あり

年内取りまとめに向け、介護報酬改定審議報告案が示される――第235回介護給付費分科会(2023年12月11日)

介護改定6月施行は「訪問看護」等4サービス、審議報告とりまとめへ――第236回介護給付費分科会(2023年12月18日)

10月以降、コロナ治療薬の自己負担額は3,000~9,000円に(2023年9月15日)

特養・老健が初の赤字に、訪問・通所介護は人員減。福祉用具は選択制等を議論――第231回介護給付費分科会(2023年11月16日)<その3>

令和6年度介護報酬改定における特養のポイント

介護報酬改定議論に決着、4つの施行時期で実施へ(令和6年4月・6月・8月/令和7年8月)

🟥報酬改定🟥新処遇改善加算では、大幅なベースアップが必須に❗事業所は賃金規程の見直しを❗

短期生活に看取りの加算を新設、短期療養・総合医学管理加算は要件を拡大へ――第229回介護給付費分科会(2023年10月26日)<その3>

新要件に経過措置・新処遇改善加算案の概要、ICT活用等の新加算などを紹介――第233回・第235回介護給付費分科会より

一本化の処遇改善加算にケアマネ対象を求める声、新複合型には厳しい意見も――第230回介護給付費分科会(2023年11月6日)<その1>

全国老施協「全国の特養で『赤字』施設の割合が半数を超え…」介護業界の窮状訴える

有料
100

8割女性・4割60歳以上の訪問介護へ負担軽減を、訪問看護では「連携」に注目――第220回介護給付費分科会(2023年7月24日)

老健・介護医療院で看取り対応を充実、リハ・口腔・栄養の一体的取り組みも評価――第231回介護給付費分科会(2023年11月16日)<その2>