人気の記事一覧

どうなる?2024年度調剤報酬改定〜ぺんぎん薬剤師が中医協 調剤(その1)をとことん読んでみた。

有料
700〜
割引あり

厚労省、主治医にサービス担当者会議への参加を促す方策を検討。診療報酬の評価を見直し。ケアマネと連携強化=中医協(介護ニュース)

4か月前

診療報酬改定の基本方針から令和6年度調剤報酬・薬価改定の方向性をイメージする(萩原雄二郎)

「中間とりまとめ」への主な意見と作業グループからの「最終報告」公表 中医協入院医療等分科会(2023年10月5日)

2024年診療報酬改定 医療従事者の処遇改善も視野に

3週間前

第92回:薬価も、診療報酬もすべてを決める「中医協」を完全理解する

有料
1,000

レカネマブの薬価算定の基本的な方針を了承 薬価専門部会(2023年10月27日)

看護職員の賃金改善は月11,388円――中医協分科会に「看護職員処遇改善評価料」の実績報告(2023年10月12日)

中医協基本小委が入院医療等分科会の中間とりまとめの報告受ける(2023年9月27日)

中医協の入院・外来分科会が急性期入院医療などを議論(2023年8月10日)

定額負担の紹介状なし患者は39.1%で4.3ポイント減(2023年10月12日)

急性期一般入院料1の看護必要度のB項目廃止をめぐり賛否 中医協入院医療等分科会(2023年10月5日)

感染対策向上加算と新興感染症対応の整合性求める 中医協総会が感染症対応を議論(2023年7月26日)

医療材料の改定後ろ倒しに伴う保険適用時期を了承(2023年9月20日)

機能の集約化が焦点に 中医協総会が小児医療と周産期医療を議論(2023年8月2日)

中医協が次期改定に向け働き方改革をテーマに議論(2023年6月14日)

中医協総会が入院医療を議論 高齢者救急対応と地ケア病棟が焦点に(2023年7月5日)

遺伝性網膜ジストロフィー治療薬「ルクスターナ」を約4960万円で保険適用 診断用医療機器と同時に 中医協(2023年8月23日)

中医協が外来医療をテーマに議論 対応すべき課題では診療側・支払側の間で温度差(2023年6月21日)

第60回 医薬品関係の政策の今後を占う‐2024年薬価改定の方向性‐

有料
1,000