ヴィヴィアンウエストウッド

「信念のつくり方。」

今日のブログはこちら!

では、本題。

映画・「ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス」を観た。

世界的に有名なファッションブランドであり、デザイナー本人の名でもある【ヴィヴィアン・ウエストウッド】。

彼女がどう成り上がっていったのかを追ったドキュメンタリー映画。

エネルギッシュかつ自由な性格で、魅力的とはこういう人のことを言うんだなと思った。

マジで人間として超好きだ。

ドキ

もっとみる
大吉の大吉
10

ファッションについての一考察

私にとってのファッションとは
自己探求が行き着いたところで
やっと見つけた自己表現の手段であり
自己完結かつ自己満足でしかありえない、
要するにマスターベーションである。

映画「ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス」レビュー。ファッション好きな方、クリエイターさんに観てほしい。

Amazon fireでプライムビデオのトップページ見たら、たまたまホリデーシーズン割引で2020年1月5日までレンタル映画やドラマの割引セールされていて、

その中に前から観たかったヴィヴィアンのドキュメンタリー映画が。

劇場公開期間が短くて観に行けなかったから嬉しかった!

12年くらい前に森美術館で開かれたヴィヴィアン展に行き、図鑑のような図録を買って、長年アクセサリーや服を少しずつ集めて

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです
3

YAKIMOCHI

昨日、博多の阪急の中を彼氏と歩いていた。

ヴィヴィアンウエストウッドの店の前を通ったときに彼氏が

「昔はヴィヴィアンとか買ったりしたなぁ~」

と言った。

!!
彼はヴィヴィアンを身に付けていないし、その場の雰囲気から「贈り物で買ってたんだぜ」というのを感じた。

ヴィヴィアンで贈り物···
こんな気合いの入ったブランドで贈り物って、彼女に対してやろ!ムキー!
頭が少しクラクラした。これは嫉

もっとみる
絶対いいことありますよ( ´∀`)✨
16

14歳の時に着ていた服があなたの人生を決めるかもしれない

こんにちは
自問自答ファッション通信です。

「14歳の頃によく聴いた音楽が人生で一番心に残る」説ってありますが、「14歳の時に着ていた服が人生の岐路を決める」かもしれないっていつも思っています。

ぜひリンクから読んでみてくださいませ↓↓↓

服は「身につけるもの」なのでそれだけ心と身体に染み付くものだと思っています。14歳の頃の私はかなり「今私は14歳、思春期である」というのを意識して服を作っ

もっとみる
私はバニラアイスにシガールをブッ刺して食べるのがスキです🍨
10

7.16 「何は内 何は外」

こういうのもっと広く知られるといいですよね

同時多発無断欠勤

でもそれだからここまでのバンドになったとも言える

たまたま

かっこいい

毎日がA Day In The Life

かっこいい

興味はあるがやる暇はない

なんかのCMっぽい

うん

突然のJustin Timberlakeブーム

ニシティンて

独特の空気感がありますよね、水瓶座って

だからやりたいことを周りの目なん

もっとみる
ありがたきしあわせ
6

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス レビュー

※2019年1月3日時点の情報です。

先日「ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス」を新宿バルト9で観てきました。 

感想としてはこんな感じ。

個人的には微妙だった。

ヴィヴィアン・ウエストウッド大好きな人とかは楽しめるかもしれない。

以上、ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス レビューでした。

もっとみる
ありがとう!嬉しいです!

シフトチェンジは突然に

人手が足りない、次の人が決まらないっていうことで、結局実際に職場を完全退職する事が出来たのはそれから3ヶ月程後でしたが、まぁ誤差の範囲内なのでそれは良しとしておきます。

とりあえず辞めると決めてから、また私の気持ちの中で変化が生じている事に気が付きました。
これまで関係性を保つために頑張って着てたゆるふわ系の服、もう着なくていんじゃね?って思ったのです。

パステルカラーのゆるふわ系の服を着

もっとみる
今日も♡を押してくれた貴方の一日が素敵なものでありますように!
6

YMOはガンダム。そしてガンダムしか勝つる方法は無いんだな。

まあタイトル通り、タイトルがすべて。
YMOはコンセプトバンド。小中学生のスノッビズムをくすぐる目的で狙って仕掛けたジャリ向けバンド。ドリフやヒカキンとか、そういう感じ。
ドリフとヒカキンが「クラスのアホな子供向け仕様」だとすると、ガンダムやYMOは「ややかしこな子供向け仕様」になるかな。まだテレビしか知らないお子ちゃまに、お茶の間のヌルい歌謡曲歌番組で「初めて見るサブカルチャー」という洗練を浴び

もっとみる