西粟倉ってこんなとこ!~新メンバー西粟倉ど素人~

初めて記事を担当します城戸(きど)和美です。
テーマにもあるように、現在神戸市在住なのですが、この度西粟倉村に関わるメンバーとして加わらせて頂きました!

1月20日に社長井筒さんと面談、そのまま21日には西粟倉に出張しました(笑)

今日は、全くの西粟倉ど素人の城戸が感じた西粟倉ってこんなとこ!をお伝えしようと思います。

まずは、自己紹介

城戸和美と申します。
愛媛県西条市出身。今まで様々な

もっとみる
馬力でました!
6

あわくら温泉って実はすごい!由来と泉質

みなさんこんにちは。sonrakuの半田です!

私たちsonrakuは、岡山県の北東部にある西粟倉村という小さな村で、ゲストハウスを運営したり、薪を割って熱を供給したりしています。

私たちが運営する「あわくら温泉元湯」は、ゲストハウスにはめずらしくその名の通り温泉つきの宿になっています。

「あわくら温泉」とは西粟倉村の影石という地域で沸いている温泉のことなのですが、今日はその温泉の由来や泉質

もっとみる
テンション上がります!
6

農業で稼ぐ

農業を始めて1年半。ようやく胸を張って「農業やってます」と言えるようになった。

ついこの間まで梅田のど真ん中でパソコンをカタカタして働いていたのに、気づいたらなぜか農業をやることになっていた。1本100円の大根。100本売っても1万円。1000本売っても10万円。そこからさらに経費を差し引くと…

大根を引きながら「一体自分は何をやっているんだろう」とどんどん不安になっていった。友達に「今何やっ

もっとみる

イベント開催報告 - 伝統×アート!新たなアートの楽しみ方に触れる時間を

今年は暖冬ですね。こんにちは、ジソウラボのミノです。みんな、雪不足だ〜というなか、その恩恵を享受して、県外からのお客さんが、ふらりと井波を訪れてくれました。

その方は、アートや旅が大好きな男性(以下プロフィールにてご紹介)”対話型鑑賞ファシリテーター”という名で、教育やビジネスの場で、感性を伸ばすための研修をしています。

職人の作品(アート)が街の景観となじむ井波に、そんな方が来てくれるのだか

もっとみる

社会課題を解決するデザインの評価は30年後に結果がわかるもの(MASTER) PIECE Interview #2

What's your (MASTER) PIECE?

人と技術の関係が問われる時代。さまざまな地域や分野で100年後の進化の源泉になるような先駆者がいます。

【 (MASTER) PIECE Interview】では、その先駆者にー問ー答で、その胸にある思いをヒアリングしていきます。

■プロフィール:廣瀬 圭治さん(ひろせ きよはる)
・神山しずくプロジェクト 代表
・キネトスコープ社 代

もっとみる

浅利善然 ワークス

SEO、MEO対策サポート

地方で商売を行う上での情報インフラが、タウンページや看板広告からインターネットのMAP上にもWEBの玄関口が開かれました。インターネット上の玄関を整理整頓するお手伝いを20社以上サポートしています。

HP制作ディレクション、運用フォロー

HP制作にあたっての購買導線や集客導線の確保、デザイン、ブランディングの確立などサポートしています。

SNS発信、集客サポート

もっとみる

浅利善然 プロフィール

浅利善然

株式会社コウネンコーポレーション 代表取締役・盛和塾大分世話人・船頭町商店会副会長・佐伯まちゼミ初代会長・船頭町区議員・菊姫行列実行委員会総務

1984年大分県佐伯市船頭町生まれ。ふるさと佐伯で経営コンサルト、コミュニティマネージャー、イベンター、キュレーターとして従事。

2010年、自身の心の声に耳を傾けたとき「ふるさとのために生きたい。」という使命を感じ、佐伯にUターンし株式会

もっとみる

地域での起業を町がバックアップ!!➖(MA)P 伴走プログラムについて  #1

こんにちは、ジソウラボTeamのミノです。今回は、自身のMASTER PIECEを作りたいと挑む起業家を支える、【(MA)P 伴走プログラム】についてお伝えします!

■人材輩出のまち井波

私たち井波は、富山県の南西部にある人口8,000人の小さな町です。きっと聞いたことがない方も多いと思いますが、この街は、知る人ぞ知る木彫りの街。最近は、近年は旅慣れた外国人たちに注目され、2017年には日本遺

もっとみる

山中康寛

西条に来て約1か月。山中さんは農業をIoTの力を使って管理する遠隔菜園サービス「CULMA(カルマ)」を展開していく。自宅で水耕栽培やキノコ栽培など家庭菜園をしていたという山中さん。以前から事業として農業に興味を持っていたそう。西条市の基幹産業であるにも関わらず、人手不足や収益低下で産業として衰退傾向にあるという農業。このCULMAにより、持続可能な産業としてのきっかけのひとつになるかもしれないユ

もっとみる

山中裕加

”地域資源を可視化し、その魅力を伝える”事業を展開する山中さん。建築デザインや、不動産の企画・運営に携わってきた経験を活かし、人と人・人と地域のつながりを増やす場をデザインすることで、西条市の魅力を高めていきたいという。

中でも、一番力を入れている事業が地域の人との商品開発事業。「商品開発の過程を誰かと共有していくことで、より地域を知ることができると思う」と山中さん。その商品作りにたくさんの人に

もっとみる