SONI SUMMIT

奈良県曽爾村で営むふつうの暮らし。SONI SUMMITは曽爾村の移住相談におけるワンストップ窓口として、ひとりひとりの暮らしや生き方にそっと寄り添い、あなたらしい移住のカタチをサポートします。

SONI SUMMIT

奈良県曽爾村で営むふつうの暮らし。SONI SUMMITは曽爾村の移住相談におけるワンストップ窓口として、ひとりひとりの暮らしや生き方にそっと寄り添い、あなたらしい移住のカタチをサポートします。

    最近の記事

    SONI MURABITO TOURを開催しました。(11月編)

    移住希望者の興味のある分野の村人を招いて、一緒に地域を回る移住ツアー。今回は3組の参加者に曽爾村へお越しいただき、秋晴れの天気の中、地域を回ることができました。 村人①トマト農家の村山さん 午前中の混雑していない時間に曽爾高原・ファームガーデンを見てもらった後、クラインガルテンに立ち寄ってから、村山さんの圃場へ。 農のある暮らしに関心のある参加者の方からは、曽爾村での農業の話で村山さんと盛り上がったり、ドライブ中に、「移住するなら景色の美しいところがいいんです」、という

    スキ
    1
      • 地域おこしワークショップ「SONIアントレキャンプ」を開催しました

         2022年10月21~23日、地域おこしワークショップ『SONIアントレ・キャンプ』が開催されました。  舞台は奈良県の東北端に位置する小さな村、「曽爾」。  黄金に輝く曽爾高原のススキを傍目に、参加者の皆さんには熱い3日間をお過ごしいただきました。 『SONIアントレ・キャンプ』 曽爾村は曽爾高原をはじめ、年間約50万人が訪れる観光資源にあふれる村で、村役場が主体となって、村内の産業振興に向けてさまざまな事業を立ち上げてきました。  しかし、村の中だけで物事を考えたり

        スキ
        3
        • 曽爾村移住ツアー「SONI MURABITO TOUR」を実施しました!

          9月から3カ月連続で企画していた移住ツアーですが、9月の開催は台風接近に伴い、残念ながら中止とさせて頂いておりました。 「10月は晴れてくれ!」という祈りが通じたのか、少し雨が降る予報でしたが、当日は何とか天気も持ち、気持ち良い秋の気候の中、参加者の皆さんには曽爾村を巡りながら、村人の「曽爾での暮らしの本音」を聞いていただきました。 午前中は、地域おこし協力隊でトマト農家の村山さんとともに曽爾の名勝「屏風岩公苑」や村内の空き家を回り、最後は村山さんの圃場へ。空き家をDIY

          スキ
          3
          • ホームページをリニューアルしました

            こんにちは。菊原です。   曽爾村では、急に秋が深まってきました。 長袖なしには、夜は肌寒くていけません。 少し前まであれだけ暑かったのに、この気温の変化では気をつけないと風邪を引いてしまうかも。 一方、金木犀の花が綺麗に咲いていて、甘い良い香りがするので、毎日の徒歩の通勤が楽しみです。   さて、9月末をもって、SONI SUMMITのホームページをちょこっとリニューアルしました。 (すでにお気づきの方もおられるかも?)     以前からの白を基調としつつ、余白を大切にした

            スキ
            5

            移住フェアへ出展してきました!

            9月25日、東京国際フォーラムで開催された「第18回ふるさと回帰フェア2022」へ、奈良県唯一のブースとして出展してきました。 https://event.furusatokaiki.net/fair2022/ 全国から350の自治体・団体が参加する、国内最大規模の移住フェアで、当日は多くの移住を検討されている方が、ご来場されました。 今回の曽爾村ブースはこんな感じ。 なるべくシンプルなデザインに統一しながら曽爾村の魅力が伝わる、そんなことを意識したブースレイアウトにな

            スキ
            5

            厚生労働省の「地域雇用活性化推進事業」に曽爾村が採択されました。

            こんにちは。菊原です。   夏の暑さも少し落ち着きが見えてきました。   ただ、毎日の天気が不安定で、かんかん照りなのかと思いきや、急に雲行きが怪しくなったりして、瞬く間に土砂降りの雨、なんて、なんだかシンガポールや香港で経験したスコールのよう。気候変動の影響が、曽爾村でもすこしずつ現れてきているのでしょうか。     さて、つい先日の8月31日に、厚生労働省から曽爾村が「地域雇用活性化推進事業」の採択地域に選ばれたニュースリリースが出ていました。   <令和4年度「地域雇

            スキ
            5

            自然とは何だろうか?

            こんにちは。南です。 先日、家の前の草刈りを行いました。 2カ月くらいほったらかしてしまっていたので、ちょっとした森のようになっておりましたが、半日かけて、きれいにしました。 草刈りをしながらいつも思うことは「自然とは何だろうか?」という事。 自然と聞いて、多くの人は「きれいな田園や山林の風景」ではないでしょうか?一方で自然には「自然体・ありのままの状態」という意味もありますよね? ありのままの状態にしておくと、草は伸びっぱなしで「きれいな田園や山林の風景」にはなりま

            スキ
            2

            曽爾村単独の移住セミナーを開催してきました。

            こんにちは。菊原です。   夏も真っ盛りですね。   曽爾もお昼はかなり暑いのですが、夜は20度近くまで気温が下がって、長袖を着ないとやや肌寒いくらい過ごしやすくなります。 少し前に、「関西の軽井沢」として売り出していたこともあるようで、その名に負けないくらい、避暑地としての魅力の高さを感じます。 (地球温暖化もあり、今後はさらに魅力が増すかもしれません)     さて、ちょうど先週の7月24日には、東京・有楽町の交通会館にある「ふるさと回帰支援センター」にて、曽爾村単独の移

            スキ
            6

            この川の先には何があるの?

            こんにちは、南です。 曾爾村には青蓮寺川という川が流れています。 ふと、この川に流れている水はどこに流れて行くんだろうと地図中で追っていったことの記事です。 青蓮寺川の源流は曽爾のお隣、御杖村。 いくつも支流が重なり、青蓮寺川としてスタートしていきます。 曾爾村内では「曽爾川」とも呼ばれています。 曾爾村を抜けると、名張の方面へ。 小太郎岩・紅葉谷など見所たくさんの香落渓(かおちだに)と呼ばれる渓谷を抜けて、青蓮寺湖/青蓮寺ダムへ。 名張市内で名張川と合流して、「名

            1年が経ちました。

            こんにちは。菊原です。 今回はちょっと長文の記事ですが、ご容赦を。。。   梅雨が明けて、本格的な夏が始まりました。関西の中では高原地帯で比較的涼しいはずの曽爾村でも、お昼は30度を超えて危険な暑さです。   さて、この7月で、曽爾村に引っ越してきてちょうど1年が経ちました。 いい区切りでもありますし、これまでの歩みの振り返りと、現時点で考えているこれからの展望について、まとめておきたいと思います。     <ビジョン・パーパスづくり>   地域おこし協力隊として、曽爾村に着

            スキ
            10

            移住フェアに出展してきました!

            6月11日(土、東京有楽町の東京交通会館で開催された移住フェア「地域とつながるきっかけ作り!《交流&移住》井戸端会議 Vol.3」に出展してきました! 東海・近畿エリアの自治体が出展して、首都圏にお住まいで移住を検討されている方へ、地域のPRや移住の相談ができるイベントで、多くの来場者がお越しになられていました。 SONI SUMMITとして、初めてのフェア出展。 どういったブースが良いのか、試行錯誤しながら準備を進めていきました。 今回、奈良県からは曾爾村だけが出展と

            スキ
            5

            空き家の掘り起こし、はじめました。

            こんにちは。菊原です。   5月に入り、夏日のような日もちょくちょく出てきました。 高原地帯の曽爾でも、ある日の日中の気温は28度、と長くは外にはいられないほど。 本格的に梅雨の時期に入る前に、すでに夏の陽気です。   さて、この4月から新しく南さんがチームに入り、サミットの空き家対応が日に日にパワーアップしてきています。     村の空き家は、おととしの村の調査によれば120戸を超えており、村内の全体の家屋(約800戸)のうち、15%程度を占めています。   <曽爾村空き家

            スキ
            10

            小さな畑はじめました。

            曽爾の野菜はとっても美味しい。 1年ほどこちらに暮らして実感しています。 農家さんやご近所さんからいただく、旬の採れたて野菜がとびきり美味しいのは言わずもがな、瑞々しい夏のトマトや、厳しい冬の寒さで甘みを増した寒熟ほうれん草など、豊かな自然と高原地帯特有の気候を生かして栽培された曽爾村の野菜は、一味違うように感じます。 そんなわけで、きれいな空気と美味しい水に恵まれたこの土地で、私もとびきりの野菜を作ろうと、この度小さな畑をつくりました。 去年の草刈りを最後に、足を踏み

            スキ
            11

            GWの曽爾

            長い人は10連休のGW。緊急事態宣言などの規制のない3年ぶりのGWが終わりましたね。 曽爾でもGW中に様々なイベントがあり、ちょこちょこっと参加させてもらってきました。 4/29(金)MOUNTAIN CITY@TOPOS  山に囲まれた独特の雰囲気を持つプライベートキャンプ場「TOPOS」で、フリマ&ピンポン&シネマ&テントサウナ&バー・・・内容盛りだくさんのイベントが開催されました。 あいにくの天気で、昼は大雨・夜は極寒の中ではありましたが、多くのお客さんがいらっしゃ

            スキ
            3

            レジャーの春、収穫の春

            こんにちは。菊原です。   4月もあっという間に過ぎて、5月になりました。 近くの山々を見ると、萌木の新緑が美しく、心が軽やかな気持ちになってきます。   いまは、まさにGW真っ最中ですが、その時期に合わせて、以前の職場仲間が奈良出張のついでに一泊遊びに来てくれたり、その後も友人が来てくれたり、と普段は静かなオフィスと化している自宅の古民家も、久しぶりの旧友との再会に、夜分遅くまで居酒屋のようになっています。   コロナ禍があり、ZOOMがコミュニケーションツールとして幅を利

            スキ
            4

            曽爾村暮らしの草刈り事情

            玄関前の花壇にきれいな水仙が咲いていました。 土の中でエネルギーを蓄える時期も終わり、草木がぐんぐん成長する季節です。実はこの花壇、引っ越して間もない去年の夏、水仙が植わっていることもつゆ知らず、鎌でぜーんぶきれいに刈り取りました。それでも負けずに咲き誇ってくれる、植物の生き抜く力には感嘆です。そう、雑草も…。 自分の敷地は自分で管理、田舎暮らしの鉄則です。 ひとつひとつの家が大きく、敷地も広いのが曽爾の住まいの特徴で、実際私が住んでいるのも、2階建て、作業場付きの(も

            スキ
            4