ユーメッセージ

言ってしまった言葉の後悔

カウンセリングルームにて
クライエントさん(Bさん)の相談

仕事のパートナーに対して
ひどいことを言ってしまった

たぶん、次のプロジェクトから
自分は外されてしまうだろう

彼(Aさん)の人間性まで否定することを言った。
きっと、彼は私に失望し
私のことを嫌いになったと思う

Bさんは、落ち込み
全てを悔やみ、自分の人生まで
大きく変わってしまうかもしれないという
恐怖に悩んでいた。

Bさん

もっとみる
嬉しいです!
5

良い人間関係を築く話し方

こんなツイートが流れてきた

あー素敵だな。こんな風に話せる人になりたいなと思える内容。

ユーメッセージ

どうしても人に要望を伝えるとき、ユーメッセージになりがちだ。
ユーメッセージとは、主語がYouであること。

ご飯を食べたらお皿を洗いなさい

これは主語がYouとなっている。主語を補完して書くならば

あなたはご飯を食べたらお皿を洗いなさい

となる。
例題はあまりにも当たり前のことすぎ

もっとみる

あいめっせーじ。

私はこう思う。
私はこう考える。

“私は”をつけて語ること、
それが『アイメッセージ』。

たとえば『傾聴』ではアイメッセージが大事にされます。

傾聴では話し手が主役になります。
なので、聞き手が話し手の意見や考えを否定したり、さえぎったり、聞き手の話したい内容に誘導してはいけません。もし自分の意見を言いたくなったなら、“私は”とつけて「あくまで私の意見であって、あなたの意見や考えを否定してい

もっとみる
わっぜうれしか〜❤️
20