マーシャル・ゴールドスミス

【対人関係を悪くする20の癖】

【対人関係を悪くする20の癖】

本日は 『対人関係を悪くする20の癖』 についてお伝えしていきます。 AIが発達してますます人同士の コミュニケーション力が 問われる時代になってきました。 昨今の課題や問題となっているのが ほとんど対人関係と言われています。 アドラー心理学が目につくのも 時代背景を表しているのでしょう。 何度か対人関係の話題を取り上げましたが 今回はその根っことなる悪癖を考察します。 『対人関係を悪くする20の癖』は エグゼクティブ・コーチである マーシャル・ゴールドスミス氏が

スキ
5
ネガティブ攻撃を封じ込める「ありがとう」の使い方:こじれ家計「体質改善ゆるプログラム」46日目

ネガティブ攻撃を封じ込める「ありがとう」の使い方:こじれ家計「体質改善ゆるプログラム」46日目

自身の家計カイゼンの体験談を書いているファイナンシャルプランナーの山の上のよーこです。昨日の記事で書ききれなかったので、本の紹介、続編です。「ありがとう」の効用について書きました! 『コーチングの神様が教える「できる女」の法則』 ~女性特有の「キャリアアップを邪魔する12の悪癖」 サリー・ヘルゲセン (著), マーシャル・ゴールドスミス (著) 家計管理とは毛色が違いますが、 自己実現とストレス回避こそが 一番の節約なのです( ̄ー ̄)ニヤリ この本、タイトルは大げさで

スキ
6
環境を作りコントロールしないと、
環境に作られコントロールされてしまう。

環境を作りコントロールしないと、 環境に作られコントロールされてしまう。

■片づくマインド・名言シェア92環境を作りコントロールしないと、 環境に作られコントロールされてしまう。 マーシャル・ゴールドスミス (エグゼクティブ・コーチングの第一人者) 自分にとって、最も身近で、最も小さい「環境」はどこでしょう? ーそれは、「自分の部屋」。 この最も身近な環境を作り、コントロールできていないのなら、それより大きな環境を作りコントロールするのは、「無理がある」と、いうものです。 今目の前にある、たった一つの何か。 それに対して、「ホントにいる

スキ
26
『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』

『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』

20の悪癖とはジャック・ウェルチ元GE会長をコーチした、コーチングの第一人者であるマーシャル・ゴールドスミス氏が、著書『コーチングの神様が教える「できる人」の法則』で指摘したものである。経営者やリーダーの多くは次のような悪癖を持っていて、それが職場に悪い影響を与えているという。 1. 極度の負けず嫌い 2. 何かひと言価値を付け加えようとする 3. 善しあしの判断を下す 4. 人を傷つける破壊的なコメントをする 5. 「いや」「しかし」「でも」で話を始める 6.

スキ
2