ハードとソフト

デンマークのーと - 椅子

椅子を空間に投じることは流れていく時間に点を打つこと。
デンマークで見かけた椅子の姿は、座る人それぞれに寄り添うものであり、空間に支配されない様子が印象的でした。向きも種類もバラバラに置いて、各々にオーナーシップを与えている感じ。
(同一種類を同一方向にビシッと置いている場面ももちろん多々)

これって、Flexicurityと呼ばれる労働市場のあり方や、フォルケホイスコーレに代表される、成人して

もっとみる
励みになります、、ありがとうございます!
5

すべてのものは二度つくられる。

7つの習慣の中で語られています。
「すべてのものは二度つくられる。」
著者はこれはこの世の原則であると言っています。

たとえば家をつくるとき、第一に設計図を書き(知的創造)、実際に家を建てていきます。(物的創造)

組織運営においては、
第一の創造:リーダーシップ
第二の創造:マネジメント
ということになります。

まず「何を達成したいのか」方向性や目的、思いがあります。これがリーダーシップ。

もっとみる

「風景写真家が教える、夜景をキレイに撮る撮影会」に参加。

こんなイベントに当選したので参加してきました。

場所は六本木ヒルズ森タワー。最近いろんなイベントあってよく行く地域なので嬉しい。「ザ・都会」という感じがする。

内容は

・別所さんが風景写真のコツをレクチャー
・Google Pixel 3 を貸してもらって実際に撮影
という二つのパートに分かれてる感じ。

風景写真レクチャー

別所さんは風景写真家でnote記事も面白いやつをいろいろ書いてる

もっとみる
19「ひとたび金の問題になると、誰もかれも同じ宗派になる」ヴォルテール
5

コミュニティデザインのハード面とソフト面

コミュニティデザインにはハード面とソフト面がある。

『コミュニティデザイン 人がつながるしくみをつくる』(山崎亮著)の第2章では、「ハードとソフトを同時に計画する」というパートがあります。

兵庫県の有馬富士公園にて、子どもの遊び場の設計依頼を受けた著者の考えでは、ただ公園をデザインするだけでなく設計段階からオープン後のマネジメントを担えるコミュニティを育てることを考えたと書いてあります。

もっとみる
次回もがんばります!
1