ネパール語

ご案内:(うとQ世話し 幾ばくかの救い)

2020/9/19
ご案内:(うとQ世話し 幾ばくかの救い)
本記事は、文字数が一部SNSの規定数を大幅に超過していることと、1記事1000文字以内の弊社規定にそぐわないため以下のサイトでのみ記事を公開いたします。
URLは
http://utokyu.co.jp/index.php
又は
http://utokyu.co.jp/electricpublishing.php
です。
記事は当該ペー

もっとみる
とっても嬉しいです!!

うとQ世話し(続々)お客さまのアドバイスから「新しい授業形態」

2020/9/18
(うとQ世話し(続々)お客さまのアドバイスから「新しい授業形態」)
「今日から昨日までの日本語の授業は止める。替わって語学の授業をする」
そういってナマステ別館堂に集まった外国人従業員の前で、黒板に板書してあった
「Japanese language lesson」の「Japanese」を消して「Language lesson」だけにしました。
そしてその下に矢印で引き出して「

もっとみる
とっても嬉しいです!!
1

Day 5 英語以外の外国語も学んでよかったと思う。

みなさんはこれまでに、どんな言語を学んで来ましたか?

私はこれまでに英語、ネパール語、タミル語(現在進行系)、ロシア語(全部忘れたけど)、日本語(母語ではあるけれども、古文ふくめ)を学んできました。

英語は早くから学校教育で受験のために勉強しますし、日常でも英語の単語や文を聞く機会はありますよね。

でも、大人になってから英語以外の外国語を自ら学んでみると、語彙力がほぼゼロから始まりますね。

もっとみる
ありがとうございます^^
1

自分を知る

「太陽のチルドレン」という歌が最近かってに頭の中に流れ出して懐かしさを感じた。みんなと歌いたくなった!歌いたいなぁ〜

あの頃に戻りたいって感じたのもしかしたら初めてかもしれない、、、。今までは今生きてることが最上級だったけど、こうして立ち止まってみるとそう思えた。
やっと立ち止まってみた気がする。
立ち止まってみると本当の自分と向き合うことができるのだと知った。

一週間、オンライン授業を休んで

もっとみる

崖っぷち!

ネパール語どころか、英語もほとんど話せない。
それが、23年前、私がネパールに移住した時の状態だ。

これでネパールで起業しようというのだから、多くの知り合いに反対されたのも無理はない。

4年大学の文学部、英語は第一外国語だったにもかかわらず、日々の生活で使うこともなく、卒業後、必死に暗記した英単語も頭からするすると抜けてしまった30歳。それが当時の私だ。

ネパールに移住したものの、私の周りに

もっとみる

コレクションは【素晴らしい】

皆さんは何かコレクションしていますか?

時計、切手、靴...いろいろ聞きますが、
私が集めているのは、これです。

「素晴らしい」ということばの、
コレクション。

急いでいて走り書きですが💦

左上から、シンハラ語、ネパール語、
バングラ語、中国語、ベトナム語、
ミャンマー語、ウズベク語、タガログ語、
ロシア語、ヒンドゥー語、ペルシャ語。

全て学生に教わりました。

プリントを返却する

もっとみる
嬉しいです!
15

ネパール バクタプルにて

アジアの国々には熱気がある。どろどろ溶けた鉄のように躍動しながら流れている。その中に飛び込むと自分もその中で躍動しながら生きているような気持ちになる。スターウォーズに出てくる酒場のようにいろいろな人たちがいて、自分自身がそのなかでは珍しい部類の生き物になる。他の星の人たちと交流するハンソロの気持ちになれる。
 
 ネパールで、地震で崩れた大きな石の建造物の上で遊ぶ少年に会った。15~16歳くらいだ

もっとみる
スキありがとうございます! うれしいです。
2

ネパールの留学生との交流と私

チョッとためになるイイ話

どうやって交流が出来上がったのか私も不思議な縁とでも申しましょうか · · ·

   それは突然訪れる

    私のスローガン

「人生100年! 会社に雇われずに生き抜く人生はサバイバル」

私自身こう題して過ごし早々3年目を迎えましたが
ネパール人との繋がりは全く1ミリ足りとも考えても無かった出来事で、カテゴリー未分類だった事。

今コロナの流行も予期せぬ出来事

もっとみる
アナタにとって幸せな1日で有ります様に☆
3

月が見える鍼治療

ネパール到着、3日後。

さっそく、5人ほど「客」が見つかり、彼らの元へ毎朝行くのが日課となっていた。やっていることは日本と変わらない。場所と人種、言葉が違うだけだ。

「お具合、いかがですか」

「次、いつにしましょうか」

ひと仕事を終え、タメル地区を歩いていると通りの向こうから白いダウンジャケットを着たの黒髪のアジア人女性が歩いてきた。

遠目でも「日本人」と分かった。

すれ違い様、彼女は

もっとみる