ジェネラティブ

本当の名前

朝、起きて...
今日、見た夢の内容を思い出す。

見ていた夢の一部がなんとなく思い出され、気になることが浮かんでいた。
昨日、大量に購入した本に手を伸ばして...
今、これを読みたいと思う本を手にした。

そして、ページをめくる途中で、ビックリする。

「湯婆婆は相手の名を奪って支配するんだ。
いつもは千でいて、本当の名前をしっかり隠しておくんだよ。」

そんな言葉が目に飛び込んできた。

そう

もっとみる
スキありがとうございます!嬉しいです^^
4

大切な想いに光をあてて・・・

自分の中にある想いを言葉で伝えることが出来なかったら、それを周りの方に知ってもらうことも難しい。
興味を持ってもらうことも、そして協力し合うことも。

だからこそ、自分らしさを言葉で表現することが必要と感じた。
そして、ライティングスキルを身に付け、目的を持って文章を書くことがすんなりとできるようになる程、文章はより伝わりやすくなっていったし、結果として反応も得やすくなっていった。

一方で...

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
4

Twitter 無限ループアニメーションの作り方

Twitter にアップされた無限ループ動画、ついつい見ちゃいますよね。

無限ループ動画といえば GIF 形式の動画が有名ですが、Twitter の場合 GIF ループ動画でなくともループさせることができます。
今回は GIF ループを使わない方法でやってみましょう。

どうやってループさせる?

Twitter の FAQ に『Twitterに投稿された6.5秒以下の動画はすべて自動的にループ

もっとみる
とっても励みになります。ありがとうございます。
6

ALife:チューリング・パターンでクリエイティブ・コーディング

みんな大好き O'reilly さんから、2018/07/28 新刊が出ました。
その名も「作って動かすALife ―実装を通した人工生命モデル理論入門」!

これはクリエイティブ・コーティング界隈の方にとっては待ってました!の内容ではないでしょうか?

早速 Processing でと思いましたが、これコード例が Python なんですよね。
Processing にも Python モードはあ

もっとみる
とっても励みになります。ありがとうございます。
10

クリエイティブコーディングで使える様々な曲線の数式

この世には様々な曲線があり、それらを表す数式も沢山発見されています。
ジェネラティブアート、クリエイティブコーディングで使えるこれらの数式を紹介しているサイトを紹介します。

プログラミングですぐに使える媒介変数表示

こちらではサイクロイド曲線やインボリュート曲線などの曲線と数式が紹介されています。

それぞれの数式が媒介変数表示で、 x, y をそれぞれ求める形式で記載されており、ジェネレーテ

もっとみる
とっても励みになります。ありがとうございます。
9

貧乏性が具現化させたアート:Processing 作例

買ってきたお菓子は、お腹が空いたときに食べたほうがより美味しいだろうと、なかなか手を付けないまま賞味期限を迎える。
服はちょっとぐらい破れても平気で着る。破れに破れて着られなくなっても、まだ雑巾に使えるだろうと取っておく。

そう、私は貧乏性。つまらぬ物の捨て時がわからない…

今回はそんな貧乏性の私だからこそできた「アート」をお見せしましょう。

ストレンジ・アトラクターでの作画

以前、De

もっとみる
やめて!! 本気にしちゃうじゃない…♥
9

妖しいトンネル:Processing 作例

ボロボロの廃屋。蔦が絡まる裏手の木戸。そこに開いた隙間。その隙間は暗く、奥は真っ暗。ここからでは中は見えない。
そんな隙間、覗き込むなんて恐ろしくてできない。手を入れてみるなんて考えただけでもゾッとする。

でも…
覗き込んだら何が見えるんだろう? 手を突っ込んだら一体どうなるだろう?
怖い、けどやってみたい…

恐怖より好奇心が勝ってしまう、それが人の子、人類はそうやって進歩してきたんですよね?

もっとみる
ありがとうございます♥
4

De Jong アトラクターの応用:Processing 3D アニメーション作例

FALさんの De Jong アトラクターでの作図が面白かったので、これを使って Processing 3D アニメーションを作ってみたいと思います。

アトラクターとは?

De Jong アトラクター

様々なアトラクターが知られていますが、今回作画に使う De Jong アトラクターは下記の数式で表すことのできるアトラクターです。

x[n + 1] = sin(a * y[n]) - co

もっとみる
ありがとうございます。感涙です... (T_T)
11

魅惑の周期運動:Processing 2D アニメーション作例

きっかけは、繭凸さん(@mayutotsu)の Twitter 投稿との出会いでした。

かっこいいでしょう?
変化の仕方がとても面白くて、ずっと見てられるアニメーションです。
これ私もやってみたい!と思ったのです。

よーく観察してみると、ひとつひとつの点はそんなに複雑な動きをしているわけではなくとも、点毎に移動速度を変えることで、それらが集まった群としてはとても面白い動きになるというのが特徴の

もっとみる
うれしいです!(^o^)
10

グローバル変数を使わずにアニメーション:Processing Tips

グローバル変数はバグの元、明日の自分に優しくない。
できることなら使わずに済ませたい。

でも、Processing でアニメーションを作りたいとき、どうしましょう?

Processing でアニメーションする場合の定石

Processing でアニメーションさせる場合、よくある構成はこんな感じです。

float グローバル変数;
setup() {
   グローバル変数 = random(

もっとみる
ありがとうございます。感涙です... (T_T)
9