カレー皿

2020.07.09 昇龍拳

みたいな店名の焼肉屋。大切な大切な知り合いと2回目の食事会。欲望のままめちゃ注文するも、思ってたより大分早めのギブ宣言をされた。私はお残し出来ない性なので、肉だけでも全て平らげた。本当に良い時間だった。お気に入りのお店の味も満足してもらえたし、陶器が好きと言う新しい共通点も発覚して嬉しかったなあ。いつもオシャレに対して良い刺激を下さる方。偏らずもっと色々なファッションにチャレンジしてみようと思えた

もっとみる

この世で1番便利な皿

こんばんは。

しおたです。

今日は僕がこの世で1番便利な皿だと思うものを紹介したいと思います。

カレー皿

↑こういうのです。

この世で1番便利な皿だと思ってます。

そして、僕が思うカレー皿というのは楕円形でちょっと底が深い皿のことです。

みなさんはなんて呼んでいるか人それぞれだと思いますが、僕はこれをカレー皿と呼んでいます。

カレー皿の良いところ

たぶん皿の中で1番使う用途が多い

もっとみる
スキありがとうございます!
7

お皿を磨きながら

いよいよ明後日は初めての「かれーの恩返し」。ゲストは和久利健さん。

https://note.com/karenoongaeshi/n/n17080e3eff9b

『高校生が手伝いに来るから、その子たちにも食べしゃしてやれ』ということで、急に人数が増えた。あわてて、お皿を探していたら、義理のお父さんが大切に保管していた、カレー皿が見つかった。もちろんホコリかぶっていた。洗って乾かしたら、こんな

もっとみる

ハジマリの「カレー皿」

僕が初めてカレーのイベントを開いたのは、愛知県瀬戸市の窯元「翠窯」の穴山大輔さんに出会ったことが、大きなきっかけでした。
現在、つくった分だけすぐに売れていく「カレー皿」が大人気の窯元さんです。

今回は、新しいチャレンジとして、カレーの起業冒険塾「pop start」を始める報告をするため、工房へおじゃまさせていただき、お話をお伺いしました。

穴山さんと出会ったのは、2015年の夏のこと。

もっとみる
心からの感謝を込めて!
23