tunagu 店主

伝統蔵の飲食店でのテーブルコーディネートの経験から、家庭でもうつわで食事をより楽しんでもらいたい。好きなうつわにかこまれて丁寧な暮らしを過ごすお手伝いをしたい。と、うつわ屋を始めました。
    • 和せいろ

      和せいろ

      • 5本

      木曾で和せいろを作ってもらいました。 蒸し料理は、健康にも良く材料を入れて火にかけるだけで 素材の旨味を引き出します。

    • tunagu プロジェクト

      tunagu プロジェクト

      • 4本

      tunaguは、うつわで人と時間をつなぎたいという思いで名付けました。 うつわを通じて、お客様と作り手の方との出会い 楽しいヒトトキを作るお手伝いができたらと考えています。 豊かな生活・時間を大切に。 そして、作り手の方たちがつながることで 新たな形を提供するプロジェクト。 それが「tunagu プロジェクト」です。

    • 変身 【お持ち帰りのお料理をどんなうつわによそおいましょう】

      変身 【お持ち帰りのお料理をどんなうつわによそおいましょう】

      • 6本

      買ってきたお弁当・お惣菜、めんどくさいからそのままパックでテーブルに出していませんか。一生のうちに何回ごはんを食べるのか。 そう考えると、その大切な食事の1回。 ちょっと力を振り絞ってお皿に装ってみませんか。 装うお皿でどんな風に変わるか、試してみました。

  • 商品の画像

    和せいろ 8寸 セット

    和せいろ  8寸 深型 外寸Φ270×H138mm 8寸 浅型 外寸Φ270×H100mm      素材 木曾ヒノキ 綴じ目 桜皮      せいろ底板は木曾サワラ材 和せいろ蓋  8寸 Φ280mm×H30mm 和せいろ8寸用 丸 竹すのこ ステンレス 蒸し板 *鍋は含まれません 蒸し料理をもっと身近に! 電子レンジ料理の普及で時短レシピなど多く 出ていますね。 確かに早いのは嬉しい。 でも、このせいろで15分もあれば 素材が蒸し上がります。 浅型と深型一緒に使えば何種類も 一度にできますし、 食べている間に次のお料理もできてしまいます。 蒸している時の湯気や香り 幸せを感じます。 そして、野菜がとても甘くなります。 特別にではなく日常的に 蒸し料理をするのにちょうどいいサイズ。 うつわごと蒸すのに適している深型。 そのまま食卓に出してもよい浅型。 大きな鍋を使わなくても使用できるステンレスの蒸し板。 これを、特別に木曾の職人さんに作っていただきました。 蒸し器には、蒸し布を使いますが 木のせいろの蓋は蒸気を吸い取ってくれるので 蒸し布を使わなくても大丈夫です。 蒸し上がった時に、木のよい香りも漂います。 昔は当たり前のように使われていたせいろが、 廃れてきたのは、料理が多様化し調理道具も 多用化したので道具が増え 収納場所、乾燥場所など不便さがあるでしょう。 また、木は生き物。個体差もありますし すべて、同じで整いきれいなものがいいという 価値観からは選ばれなくなってきました。 使い込むほどに味がでてくる。 愛着が増す。 そして、一つずつ心を込めて作ってくれた 職人さんを感じる。 私は、そういうものが大好きです。 なにより、せいろで蒸した素材が美味しいのが一番。 ちょっと時間をかけて 幸せな時間をもたらしてくれる和せいろ生活 いかがでしょう。 作り手からのメッセージです。 ・木曾ひのき材やサワラ材は木材の中でも水気に強く、 木肌がきれいなことからセイロの素材として最適です。 木曾の職人が丹精込めて制作していますので安心して 末永くお使いください。 商品は木曾から直送されます。
    50,000円
    tunagu201807
  • 商品の画像

    KASEN×tunagu コラボ 黒織部 櫛目文様 リムオーバル 大

    瀬戸の赤津焼窯元【霞仙】の気さくな、12代目に オリジナルでつくっていただいたオーバル皿。 窯元に伺って雑談の中で、作っていただけることが決定! あまりにも軽ーく話が進んでビックリしましたが、ワクワクしました。 普段料理を装のにオーバル皿はとても装いやすくてよく使います。 小さな大きさは、取皿にも使いやすく洋皿をよく使っていました。 KASENさんの商品にもオーバル皿はあるのですが、 フォルムがもっと丸いものがいいなと 丸みのおびた形のものを作っていただけることになりました。 単色でなく昔からある柄の中で何かないかと思っている時に「喜多窯霞仙」の ハガキの中に格子の柄をみつけました。 これでオーバルの皿ができたらとってもいい! 12代目は、「じゃあ形や面積がかわるとピッチもかわるね」と 紙に筆ですっすっと線をかき見せてくれました。 この筆さばきが、迷いなくまっすぐな線。 思わず見とれてしまいました。 手づくりの良さは、ひとつひとつの色や形も微妙にちがうところです。 工業製品が多くある中で、形や色が違うと不良品と思われる方が増えています。 人間もみんな違うようにうつわの表情も違うからこそ楽しいと思います。 サイズ 約18.2×25.5×H2.5㎝  手づくりの為釉薬むらなど個体差があります。 それが、味わい深さを生み出しています。
    3,300円
    tunagu201807
  • 商品の画像

    KASEN×tunagu コラボ 黒織部 櫛目文様 リムオーバル 小

    瀬戸の赤津焼窯元【霞仙】の気さくな、12代目に オリジナルでつくっていただいたオーバル皿。 窯元に伺って雑談の中で、作っていただけることが決定! あまりにも軽ーく話が進んでビックリしましたが、ワクワクしました。 普段料理を装のにオーバル皿はとても装いやすくてよく使います。 小さな大きさは、取皿にも使いやすく洋皿をよく使っていました。 KASENさんの商品にもオーバル皿はあるのですが、 フォルムがもっと丸いものがいいなと 丸みのおびた形のものを作っていただけることになりました。 単色でなく昔からある柄の中で何かないかと思っている時に「喜多窯霞仙」の ハガキの中に格子の柄をみつけました。 これでオーバルの皿ができたらとってもいい! 12代目は、「じゃあ形や面積がかわるとピッチもかわるね」と 紙に筆ですっすっと線をかき見せてくれました。 この筆さばきが、迷いなくまっすぐな線。 思わず見とれてしまいました。 手づくりの良さは、ひとつひとつの色や形も微妙にちがうところです。 工業製品が多くある中で、形や色が違うと不良品と思われる方が増えています。 人間もみんな違うようにうつわの表情も違うからこそ楽しいと思います。 サイズ 約13×18×H1.5㎝  手づくりの為釉薬むらなど個体差があります。 それが、味わい深さを生み出しています。
    1,980円
    tunagu201807
  • もっとみる

和せいろで【とうもろこし】と【空豆】を蒸してみました。

木曾の職人さんにつくっていただいた和せいろ。 大きさが8寸(直径24センチぐらい)の2段ですが、 ちょっと大きいと感じる方もいると思います。 大きいと収納が。。。 でも…

和せいろ料理 旬の野菜と鶏肉蒸し

毎週火曜日はスタッフのRさんと一緒に和せいろ料理のお試しをしています。 今回は、鶏と野菜を蒸すことにしました。  鶏肉は、骨付きの方が出汁がでるのではないかと, R…

KASEN×tunaguコラボ まが玉

瀬戸の赤津焼窯元【霞仙】の気さくな、12代目にまが玉の形をした小鉢を作っていただきました。 和せいろを木曾で作ってもらうことにして、深いせいろに直接入れて料理がで…

和せいろで作り置きの料理をしました。

木曾の職人さんに作っていただいた和せいろで作り置きの料理をつくりました。 深いせいろと浅いせいろの組み合わせで1時間半ぐらいで写真の料理ができました。 上から 1…

和せいろを作りました。

蒸し料理をもっと身近に! 電子レンジ料理の普及で時短レシピなど多く出ていますね。 確かに早いのは嬉しい。 でも、このせいろで15分もあれば 素材が蒸し上がります。 …

オリジナルのうつわに弁当を装ってみた!(黒織部櫛目文様リムオーバル小)ハンバーグ弁当の巻き

KASEN×tunaguコラボのお皿に買ってきたお弁当を装いなおしてみました。 うつわだけみていると個性的すぎて、何を装えばいいの?!と思いそう。 ということで、買ってきた…