オゴウの家ごはん

蟹大スキです。毛ガニのカッペリーニ。

前回にも書きましたが、新鮮なものを下処理することが大切だそうです。

簡単にサクッと作れる一品です。
それでは。

材料・調味料 分量(2人分)

もっとみる
嬉しいです❤︎またみてくださいー
10

蟹大スキです。毛ガニ、まずはそのまま。

最初はとりあえずシンプルにいただきます。

前回にも書きましたが、新鮮なものを下処理することが大切だそうです。
 
「蟹大スキです。毛ガニの茹で方。」を参照してください。

それから私は、蟹は剥きながら食べるより、先に剥いたものをいただきたいので黙々と蟹と向かい合うのが苦ではありません。

面倒くさい方は、食べる人各自でやってもらってください。

それでは早速。

材料・調味料 分量(2人分)

もっとみる
❤︎ありがとうございます!
11

蟹大スキです。毛ガニの茹で方。

時期ですね。蟹の。
甲殻類全般、特に蟹が好きです。全力でスキなので、余すとこなく美味しくいただきたいです。
可能であれば、生きている蟹が手に入ると、とても良いと思います。

鮮度と処理(下ゆで)が大切だそうで。

ポイント、茹でて冷やすことです。

しっかり冷ますことで、殻からの身離れがいいそうです。

それでは早速。

材料・調味料 分量(2人分)

・毛ガニ 300g(2杯)

├ 水 2カッ

もっとみる
❤︎ありがとうございます!
11

大根の葉っぱを主役に。「アヒージョ」。

もともとは、美味しそうな「ブリーチーズ」と「ブラウンマッシュルーム」を見つけたので、「何を作ろっかな?!」という所からスタートしたお料理です。

丁度お家にあった「大根の葉っぱ」を入れたら絶品で、なんだか主役が交代した様な気がしました。(アクセントになって、全体の味を引き締めてくれています。)

この時期になると、葉っぱ付きの大根をよくみかけます。
この葉っぱ、美味しいので是非使ってほしいです。お

もっとみる
また見てください☆ありがとうございます!
12

香りでお腹がすいてくる、小ヤリイカの炒め物。

美味しそうな小ヤリイカを見つけたので、さっと焼いていただこうかなっと思っていたところ、近所の八百屋さんで、見るからに美味しそうな細いアスパラを見つけたので早速購入。今日の小ヤリイカの相棒です。

「皮は剥いたほうかいいですか?でも皮を剥いたら身がなくなってしまいますよね?!」と一応確認してみました。というくらい細いアスパラです。

この細いアスパラを使うと洋風のお料理になりそうなものですが、
味は

もっとみる
是非作ってみてください☆ありがとうございます。
11

優秀かつ我が家のおとも「カイワレ」続。

昨日は「カイワレ10円day/P」だったので。主役にしてみようかと今日も、もう一品作ってみました。

独特の辛味がグッとお料理の味をしめてくれる、類い稀な食材にもかかわらず、繊細な容姿や手に入りやすい価格故に、添え物のように脇役にされがちな、

そんな「カイワレ」。

「こんなに優秀な食材なのに」っと、我が家では敬意を込めつつのかかせない存在です。   

こんなに優秀な食材なのに昨日は1パック1

もっとみる
また見てください☆ありがとうございます!
10

今日もお出汁をひいてみました。「とろろごはん」

あったかごはんにとろろ。最高です。この「ととろかけごはん」

「美味しいお出汁がポイント」だと思っています。個人的に具沢山お味噌汁があるとより嬉しい家ごはんです。

時間がない時に、わざわざお出汁をひいたほうが良いとは全く思いません。
少し時間がある時や、何かのお料理の合間に、少し多めに引いておいたり、そこは工夫かなっと思っています。

お出汁の引き方は色々あると思いますが、「オゴウの家ごはん」で

もっとみる
また見てください☆ありがとうございます!
14

「残ったお汁がもったいない。」から生まれるもの、ブロッコリー篇。

前回作った豚スペアリブのマスタード煮込み。お酒をたっぷり使って煮込んでいるので、お汁がかなり残ってしまいます。

このお汁ってお肉やお野菜の旨味がたっぷりで、捨てるのはもったいない良く出来たソース。これを使えば簡単に一品できますよ!

「オゴウの家ごはん」ではよく次の日に、別のお料理に使います。前日のメインより勝るなと思ったりもします。

残ったお汁で作る一品が食べたいから、メインのお料理をつくっ

もっとみる
また見てください☆ありがとうございます!
9

豚スペアリブのマスタード煮込み。

『オゴウの家ごはん』のレシピはほぼ私が偏愛しているレシピの集約です。その中でも特に好物なのが今日のレシピです。洋風か和風かと聞かれれば、和風。さっぱりといただける甘くない豚の角煮のようなイメージです。

胃袋に重くなりがちな大きめのお肉を、軽やかに深みのある味わいでいただけると言う点と、一緒に煮込む事で味が染み込んだネギ。この2点が私が好きところです。

『オゴウの家ごはん』の中に登場するお肉料理

もっとみる
Twitterは@ogo_chihoです!
9

優秀且つ我が家のおとも『カイワレ』

今日は「カイワレ10円day/P」だったので。

「アレをいれたらもっと美味しいかも」っと言う時の「アレ」。我が家では「カイワレ」だったりすることが多いです。
独特の辛味がグッとお料理の味をしめてくれる、類い稀な食材にもかかわらず、繊細な容姿や手に入りやすい価格故に、添え物のように脇役にされがちな、そんな「カイワレ」。

「こんなに優秀な食材なのに」っと、我が家では敬意を込めつつのかかせない存在で

もっとみる
Twitterは@ogo_chihoです!
13