赤塚作品から学んだ私(1960年代の潮流)

昨日は少し暗い話だったので、今日は一転して趣味の話でも。

アカデミー賞作品賞は「パラサイト」に決まったそうだ。監督のポン・ジェノは386世代と呼ばれる1960年代生まれの監督らしい。その1960年代が今日の1つのキーワードになる。

ちなみに、私は1990年代のもろ平成生まれのゆとり世代だ。

「オタク」と言われるには程遠いレベルでの話なのだが、漫画やアニメは好きな方である。

最近は「Simp

もっとみる

ヤクモノざんまい

水曜日は行きつけの店が新台入替なので稼働オフ日にするかもとは言ったが、あくまでそれは北斗無双の赤保留くらいの信頼度なので、行ってしまうかもしれない、がとりあえず雑事は水曜日にまとめているのでまずは歯医者へ。仕事後にかっ飛ばして帰社、速攻で日報書いてそのまま行ってギリギリ、定期検診ではあるが、そこそこ時間がかかる。

帰宅してシャワー浴びて、さぁどうしようか、ちなみに筋トレと毎日同じメニューの玄米

もっとみる
潜伏拾って大連チャン
5

おそ松さん、新作まだかなぁ。

-2015年。

突如、

彗星のごとく、

現れた「おそ松さん」。

「おそ松くん」の成長した姿を描いた「おそ松さん」。

デザインの勉強にもなるなる「おそ松さん」。

アニメ第一期 → 第二期 → 映画 → きっと第三期もあるに違いない。

<66秒で分かるおそ松さん>

ふと、無性に・・・十四松に会いたくなった寒い冬の夜。

もっとみる
さぁ 心が揺れる時間です
8

無料動画|アニメ【おそ松さん】1話〜最終回・全話配信やDVDの視聴方法まとめ!アニポ/アニチューブ

>>おそ松さんのフル動画を無料で視聴するならこちらから<<

こんにちは。

おそ松さんのフル動画を視聴する方法についてまとめていきます。

おそ松さんを無料で見るなら、

「TSUTAYA DISCAS」

を利用しましょう。

→おそ松さんを無料視聴するならこちらから

おそ松さんの無料動画ネット配信をフル視聴する方法は?

おそ松さんはTSUTAYA DISCASでフル視聴可能!

ツタヤデ

もっとみる
スキありがとうございます!
1

色松クラスタに履修してほしいKing Gnu6選

※二次創作・腐に関する話題に言及しています。

はじめに

King Gnu。
BANANA FISHのタイアップ曲となった「Prayer X」が一部オタクの間で話題になり、「白日」でメガトンヒットを叩き出し、ついには2019年紅白歌合戦出場を成し遂げたバンドである。一見鬱屈とした無彩色な雰囲気をまとった楽曲は、力強さ・美しさをリスナーに届けている。

という感じで書き始めたが、この記事の趣旨は音

もっとみる
気に入っていただけて光栄です。
1

おそ松さん

私はあまりアニメを観ない。しかし、唯一『おそ松さん』だけはリアルタイムで放映されたときは録画をして欠かさず観ていた。

『おそ松くん』の6人兄弟が成人になり、皆ニートというシュールな設定。そして、兄弟の性格が一人ひとり個性的なのである(長男バカ、次男イタイ、三男 ツッコミ役、四男 卑屈、五男 明るい狂人、六男 甘え上手)。

その中で私のおしメンは卑屈な狂人の一松💛

落ち込んだときにハチャメチ

もっとみる
ありがとうございます💛
16

おそ松さん on stage SIX ~MEN'S SHOW TIME3~

2019.11.22 あましんアルカイックホール

公式HP https://osomatsusan-stage.com/

私が観劇した回は、映像トラブルが起こった。

開演してからの15分間、プロジェクションマッピングが上手く動いておらず、15分上演したところで、中断。

六つ子のおそ松(高崎翔太さん)・チョロ松(植田圭輔さん)が出てきて、「30分程度休憩時間を設けた後、頭からもう1回上演しま

もっとみる

働かないでほしい

働いてほしくない。
世間擦れしないで。

6つ子ニートアニメ「おそ松さん」にどハマりしたときに強く願って見ていた。こういう感情があるんだ、と新鮮に思った。

1期の終わり近く、いつまでもニートじゃだめだ、とばらばらと実家を出ていく6つ子たち。
自立してスーツ着て会社員やってる姿を見て吐き気がした。

つまんない先輩に調子を合わせてつまんなくなったり、
傷つく必要のない傷を心に負って性格が歪んだり、

もっとみる
宜しければシェア、お願いします。
3

キャラクター作りは難しい

小説家志望ながら、キャラクター作りと恋愛小説が苦手な大山哲夫です。
キャラクターというのは、昨今の小説では最重要とされるほどの項目ですね。苦手とは言っていられない。しかし造形も描写も難しいですよ。
拙作を読んでいただいて得られるのは、「区別つかない登場人物が多い」「誰が誰だかわからない」とか、そんな感想です。まるで赤塚不二夫先生の「おそ松くん」の六つ子だけが登場する話でも読んだかのようです。彼らは

もっとみる
ありがたきしあわせ
11